ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 【徳島・子供】夏休み 家族で、自由研究でサイエンススイーツ

【徳島・子供】夏休み 家族で、自由研究でサイエンススイーツ

  • 2023年07月19日

夏休みということで、自由研究にもぴったりな、理科の知識を楽しく学べる少し不思議なスイーツづくりをご紹介。お孫さんや家族みんなでやっても楽しいかもしれません。

スイーツ作りでサイエンスショー! 

協力してくれたのは、徳島文理大学のみなさん。 

子どもに料理に興味を持ってほしいと、つくって楽しい、サイエンスなスイーツを考えてくれました。 今回は『ゼリー』と『アイスクリーム』を作ります! 

参加したのは県内の小学5年生4人です。

あっという間!冷凍庫を使わない簡単アイスクリーム! 

まず1つ目は、あっという間にできちゃう、冷凍庫を使わない簡単アイスクリーム!小学5年生2人が挑戦します!

【簡単アイスクリーム レシピ】 
 ・牛乳    200㎖
 ・生クリーム 100㎖
 ・バニラエッセンス 数滴 
 ・砂糖    70g

作り方はとっても簡単。牛乳と生クリーム、そして砂糖を容器に入れ、泡だて器で混ぜます。 30秒ほど混ぜたらペットボトルに注ぎ、 香り付けのバニラエッセンスを加え、 よくふればアイスクリームの元が完成! 

さあ、ここからがサイエンス。 冷凍庫ではなく氷を使って、あっという間にアイスクリームができるんです。

袋に氷とペットボトルを入れ、、、さらにその上から大きめの袋をかぶせてボール状にします。そして、なんと!転がすんです! 

15分ほど転がすと… 

少し、柔らか目でしたが、たった15分でアイスクリームができました。短時間でできたようには思えない完成度。実は単に氷と冷やしただけでは、このようにはなりません。氷を袋に入れるとき、あるものを一緒に入れていたんです。

それは、塩! 今回は氷2kgに対して、400gの塩を入れました。

氷に塩を入れると、-20度まで温度が下がるんです。ご家庭の冷凍庫より冷たくなるので、あっという間に固まらせることができるんです!さらに転がすことで、滑らかなアイスの食感が生み出せるんです! さて気になるお味は…?

 「ほっぺがとろける」「 まいうー」とのことでした。

身近なもので七変化!カラフルマジックゼリー

 続いては、身近なもので七変化な『カラフルマジックゼリー』。

【カラフルマジックゼリー レシピ】 
 ・紫キャベツ 1/2 
 ・水     800㎖ 
 ・砂糖    大さじ6 
 ・ゼラチン  20g

挑戦する2人は、普段料理は全然しないということですが… でも大丈夫!包丁は使いません。まずは紫キャベツをちぎり、袋に入れてよく揉むだけ。 あとは、鍋でゆでると紫キャベツから色素が出てきてお湯が紫色に。

ここでキャベツは取り出します。 キャベツはそのままサラダにできます。ゆで汁に砂糖とゼラチンを入れ、よく混ぜたら、容器に移します。

あとは冷蔵庫で冷ませばおいしいゼリーになるんですが… ここからが、サイエンスショー!

ここにレモン汁を入れると… 

赤色になるんです!

一方、重曹を入れるとこちらは青色に。 

紫色の正体は紫キャベツに含まれるアントシアニンという色素。 これが、レモン汁など酸性と反応すると赤色に、 重曹などアルカリ性と反応すると青色になる性質をもっているんです。

このあと冷蔵庫で冷やして固めるとこんなにカラフルに。

ものによって色が変わるので、色々試してみるのもオススメ。 「学校とは違った実験で楽しかった」と子どもたちも大満足でした。

ページトップに戻る