ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島県高校野球ベスト8!鳴門渦潮VS生光学園 アナ見どころ紹介

徳島県高校野球ベスト8!鳴門渦潮VS生光学園 アナ見どころ紹介

  • 2023年07月21日

夏の高校野球徳島大会もいよいよ準々決勝!NHK徳島放送局のアナウンサーがベスト8のチームに取材・インタビューを行い、試合の見どころを紹介します!今回は『鳴門渦潮』対『生光学園』を、下境秀幸アナウンサーが取材しました。

鳴門渦潮vs生光学園の試合は7/23(日)

強打の鳴門渦潮 パンチ力のあるバッターがそろう

2回戦の板野戦、鳴門渦潮は1点リードの4回、強烈な打球が左中間スタンドへ。
打った瞬間それとわかる、満塁ホームランでした。

打ったのは、鳴門渦潮の5番ファースト小峯起男(こみね・きお)選手
広い背中、背番号3が小さく見えるスラッガーです。
一気に試合の主導権を握る一発でした。

鳴門渦潮は、2試合連続でコールド勝ち。
平均で10点以上得点し、攻撃力を見せつけました。

がっちりとした選手が多く、スイングが鋭く、パンチ力があります。
「あれぐらいは飛びますよ」冒頭のホームランについて語る森恭仁(もり・やすひと)監督です。
それだけ、小峯選手を信頼しているようでした。
また、森監督は打線の仕上がりについて、こうも言いました。

「誰かがだめなら点が取れないのではなく、チームとして戦えるようになってきた。それがうちっぽいです」

日替わりのヒーローが生まれる強力打線。それが鳴門渦潮です。

去年夏は決勝で敗れ、甲子園に届きませんでした。
先輩たちの思いも胸に戦います。

鳴門渦潮 宮本貴寛(みやもと・きひろ)主将のインタビューはこちら ↓ ↓ ↓

生光学園 安定した投手力 守備力も高い

生光学園の試合には、スタンドがどよめく瞬間があります。

エースの川勝空人(かわかつ・そらと)投手は、最速150キロを超えるスピードボールが武器。
打ってもなかなか前に飛ばない、振り遅れる。
対戦相手は苦戦の連続。
変化球も織り交ぜ、よりストレートを速く見せます。

2回戦には、大山健志(おおやま・けんし)投手も先発し、見事なスライダーやカットボールで、城北を6回無失点に抑えました。

また生光学園は、素晴らしい守備も目立ちます。
ショートの渡邊隼輔(わたなべ・しゅんすけ)選手は、素晴らしい動きで、センターに抜けるような打球をキャッチ。
守備でもピッチャーをもり立てます。

2試合ともコールド勝ちで、失点は2試合でわずかに1。
2回戦ではノーアウト満塁のピンチを、内野ゴロ3つで無失点で切り抜け、その直後の攻撃で一挙8点とたたみかけました。

試合の流れを一気につかむ、試合運びのうまさも持ち味です。
投手を中心とした守備力が特長と見ましたが、岸本主将は攻撃にも自信を持っています。

生光学園 岸本賀意(きしもと・かい)主将のインタビューはこちら ↓ ↓ ↓

投手力の生光学園 攻撃力の鳴門渦潮 どんな準々決勝に

エース川勝投手を中心とした投手力の高い生光学園を、圧倒的な打力を誇る鳴門渦潮がどう打ち崩すのか。見どころはここだと思います。

ロースコアなら生光学園ペース、ハイスコアなら鳴門渦潮ペースではないでしょうか。非常に楽しみな対戦です。

この両チームは、雨天順延のため、2回戦を7月21日に戦いました。決勝まで勝ち進めば、1週間で4試合を戦うことになります。
そのため、チームの総合力が問われる大会となりました。

ぜひ、ともに持てる力を発揮して、好ゲームとなることを期待します。

  • 下境秀幸

    徳島局 アナウンサー

    下境秀幸

    サッカーをはじめスポーツ実況を長く担当。徳島では様々な分野が取材でき、発見の毎日。最近の趣味は、娘との百人一首かるた。

ページトップに戻る