ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. みどり橋 徳島・藍住町 西日本で最大級の木橋【とくしまの橋】

みどり橋 徳島・藍住町 西日本で最大級の木橋【とくしまの橋】

  • 2023年06月28日

徳島県内の橋のある風景を描くシリーズ「とくしまの橋」。今回は藍住町にある「みどり橋」です。

完成 1994年
橋長 60m
架橋地点 板野郡藍住町矢上(正法寺川)

藍住町の正法寺川をはさんで整備された「正法寺川公園」にあります。正法寺川公園は遊歩道と遊具のエリアから成り、特徴的なUFO型遊具のある公園として子供たちから人気を博しています。

公園南側の遊具エリア

その正法寺川公園でひと際目を引くシンボル的存在が「みどり橋」です。
西日本で最大級の木橋です。橋の取付部にはスロープが設置されるなど、バリアフリー化も行われています。

公園や周辺施設と景観が一体的になるよう配慮され、主要部材には西アフリカ産で褐色の「ボンゴシ」材を使用しています。

なお、この「みどり橋」という名前は、藍住町が「花と緑と太陽の町」をスローガンに掲げていることや、近くに「緑の広場」(現在は廃止)があったことに由来しています。

景観づくりが評価され、1996年には旧建設省大臣表彰の「手づくり郷土賞」を受賞しています。橋の東側には湧水部とともに、その石碑が建てられています。

また、公園に隣接した市営の「藍住町 バラ園」は、5月と10月に見頃を迎えます。320品種、約1100本のバラは種類・数とも県下一となっており、圧巻です。時期が合えば、ぜひそちらも併せてご覧ください。

ページトップに戻る