ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島の皆さん 大雨に備えましょう 2日の県内雨量の予想は?

徳島の皆さん 大雨に備えましょう 2日の県内雨量の予想は?

  • 2023年06月02日

徳島県内では、南部を中心に2日の昼前から、非常に激しい雨が降るおそれがあり、発達した積乱雲が連続して流れ込む「線状降水帯」が発生して、災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

徳島地方気象台によりますと、台風2号の周辺から非常に暖かく湿った空気が流れ込む影響で梅雨前線の活動が活発になり、県内では2日、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

このため、南部を中心に、2日の昼前から夜のはじめごろにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、前線の活動が予想より活発になった場合は、警報級の大雨となる可能性があります。

また、2日の午前中から夜にかけては、発達した積乱雲が連続して流れ込む「線状降水帯」が発生して、災害の危険度が急激に高まる可能性があります。

徳島県内各地の雨量

2日は、いずれも多いところで、

▽南部では1時間に50ミリの非常に激しい雨
▽北部でも1時間に40ミリの激しい雨

が降るおそれがあります。

2日の夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、

▽南部で200ミリ
▽北部で150ミリ

と予想され、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

大雨・土砂災害への備え 何すればいい?

大雨で土砂災害や河川の増水に注意…と言われても何に注意すればいいのか、悩むことはありませんか? そんなときに「これだけは」意識してもらいたい3点があります。

まず、土砂災害の危険性が非常に高まると、気象台と都道府県は「土砂災害警戒情報」を共同で発表します。

この「土砂災害警戒情報」は避難の合図です。

土砂災害の危険性がある場所に住んでいる人は、この情報が発表されたら、自治体の情報に注意し、早めに避難して下さい。

情報の届き方は3種類。
携帯のエリアメール、アプリのプッシュ通知、テレビのテロップです。

土砂災害警戒情報が出ていたものの、自治体の避難情報が遅れて、犠牲者が出てしまったケースもあります。土砂災害は発生してからでは逃げられません。情報を受け取ったら即避難してください。

 

また、「前兆」があったら即避難も重要です。

土砂災害が発生する前には

✅斜面から小石が落ちてくる
✅斜面に亀裂ができる
✅斜面から突然水が湧き出す
✅川の水が急に少なくなる
✅「山鳴り」や「地響き」が聞こえる

ことがあります。
こうしたいつもと異なる現象に気づいた場合は、土砂災害が迫っていて危険です。すぐに崖や斜面から離れて避難し、安全を確保して下さい。

ただし、こうした前兆現象を確認するために、崖や斜面に近づくのは危険なのでやめてください。

 

最後に、避難場所まで移動するのが危険な場合には、最後の手段として建物の2階以上の、崖や斜面とは反対側の部屋に移動する垂直避難で命が助かることもあります。

そのほか、川の氾濫や浸水被害にあった場合に注意していただきたいポイントもあります。

詳しくは、「#NHK防災これだけは」ページをご確認ください!

また、

「台風への備え これだけはも要チェックです!

ページトップに戻る