ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島市 阿波おどり 水玉連 屋外での練習スタート!

徳島市 阿波おどり 水玉連 屋外での練習スタート!

  • 2023年05月24日

徳島市の阿波おどりまで3か月ほどとなるなか、踊り手グループが屋外での練習を開始し、お囃子の「ぞめき」が夜の街に響き始めました。

屋外での練習が始まる

徳島市の阿波おどりは、ことしも8月12日から15日まで行われ、踊り手グループの受け付けなどが始まっています。

本番に向けて、徳島中央公園には22日、「有名連」と呼ばれる高い技量を持つ踊り手グループの1つである「水玉連」の30人ほどが集まりました。

この日は雨が降っていましたが、メンバーは、公園の「鷲の門」の下で雨を避けながら、笛や三味線などで特有のお囃子「ぞめき」を鳴り響かせ、踊り手が手や足の動きを確認しました。

水玉連は、毎週1回の屋内練習に加え、先週から、週1回の屋外での練習を始め、ことしは、屋外でのマスクの着用をメンバーの判断に委ねています。

練習に参加したメンバーはコロナ禍前の3分の1ほどに減っていますが、連は、本番に向けて、練習の回数を増やす予定で、参加を見合わせてきたメンバーにも参加を呼びかけることにしています。

参加者の声は

「コロナ禍でなかなか会えなかった人が来てくれるようになったので練習も和気あいあいとできています。夏は去年よりも多いメンバーで楽しく踊りたい」

「毎年のようにまた阿波おどりが戻ってきたなという感じと、やっぱり去年は3年ぶりの踊りということで、ことしもコロナに邪魔されんように、いつもどおりの踊りをしていきたい。」

ページトップに戻る