ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島 お遍路最大の難所!? 「遍路ころがし」を行く

徳島 お遍路最大の難所!? 「遍路ころがし」を行く

  • 2023年05月19日

今回は第12番札所、焼山寺へ続く遍路道です。四国遍路のなかでも特に険しい坂道が続く難所で、別名「遍路ころがし」とも呼ばれる遍路道をご紹介します。

藤井寺 本堂脇からスタート

 

第11番札所、 藤井寺の本堂脇から遍路道へ入っていきます。

2つの山を越える およそ13キロの遍路道。その高低差は700メートルにもなり、第12番札所、焼山寺まで続いています。1200年前、弘法大師が歩いたころから変わらぬ風景が残されているといいます。

お遍路さんと出会う

5キロほど進むと杉の木立に囲まれた一本道になりました。九州から訪れた お遍路さんに出会いました。一番札所を出発してからこの日で3日目だそうです。

「今回は全部歩いて回る?」
「歩きで回ります」
「(お遍路は)初めてです」

傾斜は徐々にきつくなり、木の根や石がむき出しになって足をとられることも。

「かなりきついですね」
「金剛棒がないと上れないくらい」
「すごいハードだなと思います」

坂を登り切ったところにある一本杉庵です。ひとつめの山を登り切りました。

一転して下り坂に、そして再びの上り坂

一本杉庵から先は一転して下り坂が続きます。標高にして300メートルほどを下りきると突然、視界が開けました。

焼山寺はこの山の上にあります。もう一度山へ入っていきます。

四国第十二番 焼山寺

四国第十二番、 焼山寺です。四国霊場では二番目に高い場所にあり、古くから修行の場として知られてきました。

 

遍路道はふもとの町へと続いていきます。

焼山寺納経
ページトップに戻る