ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島市 アミコビル リニューアルの行方は?

徳島市 アミコビル リニューアルの行方は?

  • 2023年05月15日

新型コロナなどの影響で延期していたJR徳島駅前のアミコビルの全面リニューアルが、13日行われ、大勢の買い物客が訪れました。

なぜ今リニューアル?

アミコビルは徳島市から20億円の貸し付けを受けるなどして経営の立て直しを図っていますが、新型コロナや資材価格の高騰の影響で、テナントや企業の入居が遅れ、去年秋の全面リニューアルを延期していました。

ビルを運営する徳島市の第3セクター「徳島都市開発」は、地下1階から5階までの物販エリアの入居がおおむね埋まったことから、13日、全面リニューアルを記念したセレモニーを行いました。

はじめに鈴江祥宏社長が「コロナで停滞したなかでも支援してくれた徳島市などに感謝したい」とあいさつしたあとテープカットが行われ、集まった人たちが開店と同時に買い物を楽しんでいました。

徳島市の60代の男性は「店が埋まっていくことで市内の活性化につながることを期待している。昔のようなにぎわいが復活してほしい」と話していました。

やっぱり駅前はにぎわいがほしい。これからに期待します。

中心拠点として発展していったらいいなと思います。

私たちの歳に合うようなブランドの服とか、たくさん入ってくれたらうれしいです。

活気を取り戻すことが大事。市内中心部の活性ができたら、徳島も変わってくるのではないか。

今後の見通しは?

徳島都市開発によりますと、オフィスなどが入る6階以上のフロアはことしの夏以降、IT企業などが順次入居する予定で、今後、中心市街地のにぎわい創出につなげられるかが問われます。

ページトップに戻る