HOME > 岡 隆一  > 新生活始めました。

投稿者:岡 隆一

2021年04月07日 (水)新生活始めました。


アナウンサーの岡です。

前回のブログの書き込みが去年秋の11月。なかなか順番が回って来ず、

今回の書き込みはすでに桜の花散る4月となってしまいました。

春から新生活始めた!という方も多いかと思う今日この頃。

私も新生活始めました。それがこちら…

 

コンタクトレンズを卒業して、メガネ生活を始めました。

何でかって? 齢43にして、私、白内障になってしまい、

手術を受けて、メガネ生活になりました。

 

びっくりしました。

白内障ってもっと年齢が上の方がなると思っていたものですから。

去年11月下旬、娘と自宅近くの公園に行った時の事。

ふと青空を見上げると、右目は快晴の青空。左目は全体に薄く白いモヤが。

「コンタクトレンズが汚れているかも」と交換しても改善せず。

眼科の先生に診てもらうと「あらー。若いのに白内障」と。

 

なる人は若くてもなるみたいなんですが、あまりに突然。

結局両目を手術となりまして…かなりドキドキして説明を受けました。

手術では、白く濁ってしまった水晶体を取り除き、そこに水晶体の代りの

人工のレンズを入れることで、クリアな視界を取り戻すとのこと。

そのレンズは度が入れられ、強度近視の私は一気に近視が緩和される。

この強度近視からの解放は、私にとってはかなりうれしいこと。

 

で、手術。何と日帰りで片眼15分ほどの手術。

点眼麻酔で痛みは全くありませんでした。

手術後記念写真を自撮りでパチリ。

 


 

翌日眼帯を外すと、白いモヤの世界はなくなり、強度近視も軽度の近視に。

ただ、水晶体がなくなるということはピントの自動調節機能を失うということ。

コンタクトレンズよりはメガネの方が取り外しが容易でピントを合わせやすく

これを機にコンタクトレンズは卒業。中学生以来のメガネ生活が始まりました。

 

早速作ったメガネ。そのレンズの薄さに感動! 強度近視だとこうはいかない。

「年明けから2月いっぱいテレビに出てなかったのはなぜ?」とか

「どうして急にメガネをかけてテレビに出るようになったの?」と

多く質問をいただいていましたが、その答えは「白内障への対応」でした。

 

ともかく、正確に手術していただいた眼科の先生と

これまで43年間頑張ってくれた私の水晶体に感謝。

どうぞみなさん、目は大切に。

ページの一番上へ▲