HOME > 増村 聡太  > 徳島マガジンVol.4 徳島ヴォルティス 垣田裕暉選手

投稿者:増村 聡太

2021年07月02日 (金)徳島マガジンVol.4 徳島ヴォルティス 垣田裕暉選手


こんにちは。徳島放送局アナウンサー・増村聡太です。

ブログ内で取材した話題のもう1歩奥の情報をお伝えする「徳島マガジン」。

第4回となる今回は、徳島ヴォルティス FWの垣田裕暉選手です

 

 

 

垣田選手は、鹿島アントラーズから期限付き移籍で加入して2年目の選手。

持ち味のスピードでゴール前に迫力を持って飛び込むだけでなく、

187cmの長身を生かして前線で体を張り、味方のチャンスも作れる選手です。

去年はJ2でチーム最多の17ゴールを挙げてJ2優勝に貢献しました。

 

しかしJ1では、前半戦が終わって3ゴール2アシストという成績。

本人もこの結果には物足りなさを感じていました。

一方で、ポヤトス新監督のもとチームの戦術が浸透してきていて、

試合の中でも自分たちの意図する形でチャンスを作れているといいます。

ここ数試合はなかなか得点がとれず、5試合勝ちなしとなっていますが、悲観することはないと前を向いていました。

 

 

 

ただ、試合に勝つためにはゴールが必要です。

 

ここ5試合で2得点のチームの攻撃に必要なのは「積極性」と「精度」だといいます。

 

最近の試合では、ゴール前までボールを運んでもラストパスやシュートまでいけないことも多く、

もっと積極的にプレーするのと同時に、精度も追い求めていけばおのずと得点につながると考えているのです。

 

 

勝負の後半戦が始まったヴォルティス。

 

攻撃を牽引する垣田選手を中心に多くのゴールを奪い、われわれサポーターを熱狂の渦に巻き込んでほしいですね。

 

 

さて、NHKでは7月4日(日)のアウェー札幌戦を総合テレビで生中継します。

 

午後1時5分から放送開始です。

 

この試合は、北海道と徳島県で放送されます。

解説は森岡隆三さん。

 

実況は札幌局の西阪太志アナウンサー。

 

リポートは、徳島局に5年在籍していた高山大吾アナウンサーです。

 

高山アナウンサーは現在札幌局で勤務していますが、

 

ヴォルティスへの愛情もちろん忘れていませんよね、先輩????

 

ぜひテレビでヴォルティスを応援しましょう!

 

 

 

ページの一番上へ▲