HOME > 増村 聡太  > 徳島マガジンVol.3 徳島ヴォルティス 岩尾憲選手

投稿者:増村 聡太

2021年06月21日 (月)徳島マガジンVol.3 徳島ヴォルティス 岩尾憲選手


こんにちは。徳島放送局アナウンサー・増村聡太です。

ブログ内で取材した話題のもう1歩奥の情報をお伝えする「徳島マガジン」。

第3回となる今回は、徳島ヴォルティス キャプテンの岩尾憲選手です。

 

今シーズン、7年ぶりにJ1を戦っている徳島ヴォルティス。

シーズンのおよそ半分を戦って14位と(6月21日時点)、J1残留圏内につけています。

主将の岩尾選手に、前半戦の振り返りと後半戦の抱負を伺いました。

 

前半戦の収穫については、

●監督の交代、コロナでの来日の遅れなどがあったなかで、残留圏内にいること

●J1の強靭な肉体を持つ選手たちに対し、意図を持ったプレーや判断の速さで

 優位性を保てるようになりつつあること

などを挙げていました。

 

一方の課題については、

●意図的にゴールに迫る「回数」が少ないこと

●そのために選手が監督のコンセプトをより理解していく必要があること

を挙げていました。

また、ゲームがない期間、自分たちの課題に向き合い、

ビルドアップや相手ゴール前でのフィニッシュの方法などを確認しているとも話してくれました。

 

 

 

今シーズンは、ダニエル・ポヤトス新監督の合流が4月中旬まで遅れました。

 

そもそも、J2で優勝した去年から監督が代わり戦術理解や精神的にも難しいことも多かったといいます。

 

ですが、J1残留を果たすため、

チーム一丸となって新監督のコンセプトを体現したサッカーに近づいていってほしいと思いました。

 

 

 

さて、6月23日(水)、ヴォルティスは早くも前半戦最後の試合に臨みます。

 

ホームでFC東京との試合です。
この試合、NHK徳島ではラジオ第一放送で生中継でお伝えします。

 

時間は午後7時30分~(試合は午後7時から)

 

解説は元日本代表FWの播戸竜二さんです。

 

※らじるらじるでの放送はありません※

 

 

 

ハーフタイムには、ヴォルティスに関する質問を播戸さんに聞くコーナーも予定しています。

 

Twitterで、 #教えて播戸さん

をつけて投稿をお願いします!!!

 

出来る限り多くの質問を中継内で紹介し、

紹介できなかったものについては、播戸さんに後で聞いて「とく6徳島」内でご紹介できたら・・と考えています。

 

 

 

多くのご質問をお待ちしております!!!

 

 

ページの一番上へ▲