HOME > 佐々木 智一  > いのちのラジオ 徳島の防災を考える

投稿者:佐々木 智一

2018年02月20日 (火)いのちのラジオ 徳島の防災を考える


災害の時、ラジオは確かな情報を得る大切な手段になります。

今年もNHK徳島放送局・四国放送・エフエム徳島・エフエムびざんの県内にあるラジオ4局が一緒になって制作した番組。「いのちのラジオ 徳島の防災を考える」を放送しました。

徳島大学 環境防災研究センター 副センター長で、地域防災学が専門の上月康則(こうづき・やすのり)さんをゲストに招き、

エフエムびざんからは、防災食について、

四国放送からは、土砂災害防止法から見えた高齢者の避難について、

そして、NHKとエフエム徳島からは、小学生と高校生といった県内の未来の防災リーダーについてお伝えしました。

 

写真は各局パーソナリティと徳島大学の上月さんです。

放送は、「NHKラジオ らじる★らじる」で、期間限定で聞き逃し配信されています。

ぜひ、番組を聞いていただき、防災を考えるきっかけにして頂ければと思います。

ページの一番上へ▲