NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

怠け者と呼ばないで・・・"起立性調節障害"とは

2020年03月20日

「朝、子どもが起きてこない...」あなたの子どもも"起立性調節障害"かも

中学生の10人に1人が発症するといわれている「起立性調節障害」(軽症含む・日本小児心身医学会調べ)。自立神経がうまく働かず、低血圧や頻脈で立ちくらみや頭痛などを引き起こす病気。最近の調査では、不登校の3割がこの病気が原因ではともいわれている。

中学2年生のアキラくん(仮名)も、起立性調節障害と闘っている。夜10時には布団に入るが、午前中は起きてくることができない。起きたあとに、頭痛やめまいに襲われることも少なくなく、この1年1度も学校に行けていない。
小学生の頃は地元のサッカークラブでキャプテンとして活躍し、
中学1年では県選抜に選ばれた。しかし、吐き気やめまいに襲われるようになった。
この病気に特効薬はないが、思春期が終わるとほとんどの人は
症状が改善するという。アキラくんも生活習慣の改善など前向きに治療を続けている。

一方、岡山県では起立性調節障害のガイドラインを作成。医療現場でも使うチェックシートなども記載している。県内の中学校では、このガイドラインを基に支援するための体制を整えている。
保護者と一緒にその子どもの実態について話すことができるのが最大のメリットだという。

見たい動画をリクエストする
広島放送局 ラウンドちゅうごく
広島放送局 ラウンドちゅうごく
過疎集落における人口減少、雇用や経済などの地域間格差、核廃絶を願う被爆者たちの思いなど数多のテーマを抱える中国地方。 番組がこだわるのは、中国地方で起きている事象を“ぐるり”と見渡し見つめていくこと。 その決意を「ラウンド」というタイトルに込め、視聴者の「知りたい」に徹底的に応えるため「わかりやすさ」を大切に番組を展開します。 扱うテーマは事件・事故や災害から芸能、カルチャーに至るまで多種多様。25分1ラウンドの真剣勝負が始まります。
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る