NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

日本初!闘病生活を支え、笑顔あふれる"こどもホスピス"

2020年03月13日

病気の子どもたちがやりたいことをかなえる。温かい時間が流れる場所。

大阪市にある、子どものための"ホスピス"。"ホスピス"のイメージとは違い、穏やかに死を待つ場所ではなく、子どもたちが生きるための場所だ。通うのは小児がんなど、重い病気を治療している子どもたち。
ここでは、病室ではできない経験を重ねることで笑顔を取り戻し成長していく。

小学校に一度も行けていないこまきちゃん(6歳)は、白血病の治療で入院中。唯一の楽しみが、病状が安定しているときに行ける、この"こどもホスピス"だ。
ホースを手にして水遊びや、芝生を走り回るこまきちゃん。
「芝生で走っているのもかわいいし、こんな日が来たからよかったと思う」(母・信子さん)
ホスピスには安心して過ごせるよう、看護師や理学療法士が常駐し、子どもたちが通う病院とも連携している。
「子どもは遊ぶのが仕事で、治療中の期間をどういうふうに過ごすかが、ものすごく大事」(大阪市立総合医療センター・原純一副院長)

その後、こまきちゃんは病状が安定し退院。通院しながら、小学校にも通えるようになった。
"こどもホスピス"では、今日もいのちが輝いている。

見たい動画をリクエストする
大阪放送局 かんさい熱視線
大阪放送局 かんさい熱視線
関西の“いま”を切りとり、熱い視線を注ぐ「かんさい熱視線」。 事件や事故、社会問題から文化・芸能・スポーツまで、彩り豊かに皆さんの“知りたい”に、「熱く」答えていきます!
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る