NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

児童養護施設の"その後"を支える

2020年03月07日

18歳以後の支援とは? 自立につなげるシェアハウス

虐待や経済的理由など家庭環境に恵まれず、心に傷を負った若者たち。原則18歳で児童養護施設などを退所しなければならない。親の援助もない中での自立は容易でない。
滋賀県にある自立援助ホーム。月2万円の利用料で共同生活を行い自立につなげるシェアハウスだ。若者たちが就職して安定した生活ができるまで支援する。

義父から虐待を受けて、家を追い出された勇次さんが、行政に保護されて行きついたのが、この自立援助ホーム。ここに来るまでは、周囲の大人たちに助けてもらえなかったと話す。
ホームで大切にしているのが、自由に意見を言える場、"真夜中会議"。子どもの頃から自分を押し殺してきた利用者たちが、はっきりと意見を言えないことが、自立の妨げになっていると、このホームでは考えている。自分が尊重されているという実感を持ってもらうために、ここでは若者たちの言葉を否定しない。みんなで認め合うことで、自立への一歩を踏み出していく。

見たい動画をリクエストする
大阪放送局 かんさい熱視線
大阪放送局 かんさい熱視線
関西の“いま”を切りとり、熱い視線を注ぐ「かんさい熱視線」。 事件や事故、社会問題から文化・芸能・スポーツまで、彩り豊かに皆さんの“知りたい”に、「熱く」答えていきます!
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る