NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

標高3000mの奥穂高 夏だけ開く山小屋診療所

2020年02月02日

"医療の原点"を学ぶ 北アルプスの奥穂高診療所

標高3000メートルの奥穂高岳の山頂近くに、夏山シーズンだけ開かれる山小屋診療所「岐阜大学医学部奥穂高診療所」。
医学部の医師や学生によって運営され、ボランティアで参加している。
外科医を目指す大野医師は研修医最後の年に参加。
この日の患者は、山頂から下りてきた60代の女性。大野医師が疑ったのは高山病、症状が重いと命に関わる。
6畳一間、精密機器の無い場所での診断は、自分の目と耳で対応を考えなければならない。
診察後、ベテラン看護師から「どっちから(山を)下りるか、高度を上げないかどうか(の確認は?)」思わぬ指摘を受ける。
標高が高くなると悪化する高山病。念のための確認が必要だった。

大野医師と交代する次のチームは、医学部長を務めるベテラン医師の岩間さん。岩間さんが若い医師たちに向けて、この診療所で診察する意義を語った。「ここでは(最新の医療設備は)何も無いので、話を聞いて、患者さんを実際に診て、自分で所見をとるというのが一番大事」
「私たちは何を信じればいいんでしょう?」問われた岩間さんは 「自分の目」とひと言。 大野医師は、患者とまっすぐ向き合うことが"医療の原点"と話す。

見たい動画をリクエストする
NHKニュース おはよう日本
NHKニュース おはよう日本
お出かけ前の「今知りたい!」 朝いちばんの最新情報満載!けさの関心事や入ってきたばかりのニュースをわかりやすく、 一日のスタートに必要な情報をギュッとまとめて、たっぷりお伝えします。
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る