NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

レスキュー隊 競技大会に密着 水上での救助技術とは!

2019年11月04日

厳しい訓練の成果スロー再生でも見えない驚きの技術とは!?

消防局のレスキュー隊が出動するのは火災現場だけではありません。もうひとつの重要な使命が水難救助。
水上での救助技術とはいかなるものか、神奈川県管内の消防局から集まったレスキュー隊員が、水難事故を想定した救助のワザをプールで競う大会に潜入!

まずは、3人1組で溺れた人を道具を使って安全に救助できるか、チームワークが試される「溺者救助」。
ロープを結んだ浮き輪を救助者が溺者まで運び、溺者に浮き輪を持たせると補助者がロープを一気に引っ張り上げる。

水中の行方不明者の捜索を想定した種目「複合検索」では、障害物に見立てた浮き輪をくぐり抜け潜水、水中に置かれたリングを確保する。ポイントは、狭い浮き輪は体をひねって片手を先に通すことで、大きな体でもくぐりやすくなる。

溺れている人を助ける種目「溺者搬送」では、溺者を見失わないよう両足を大きく開いて飛び込み、溺者の呼吸を確保し髪を引っ張りながら救助する。
溺者の顔に水がかからないよう、泳ぎ方にも工夫が。溺者の背中に水を送り込むことで浮かせながら進むことができる。

人々の安全を守るため、レスキュー隊は技術とチームワークを日々磨いているのだ。

見たい動画をリクエストする
ニッポン知らなかった選手権 実況中!
ニッポン知らなかった選手権 実況中!
日本には一般には知られていない“驚きの選手権”がある。それが社内コンテストや業界団体が開く技術大会。普段仕事の中で使う実践的な技を、さらに磨き上げるため競い合う。そんな未知の世界にカメラが潜入、真剣勝負の現場を、実況とともにわかりやすく伝えていく。
トップページへ戻る