NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

AYA世代 がん患者の悩み「職場へのカミングアウト」

2019年09月03日

職場でがんのことをどう伝えるか?

日本人の2人に1人がかかると言われる、がん。その中でも、10代後半から30代までのAYA世代と呼ばれる若いがん患者は、仕事に復帰する時に、大きな悩みに直面することがある。
職場に病気のことをどう伝えたらいいのか?

自動車部品の会社で働く山本翔太さん(31)。
27歳で上咽頭がんが見つかり、放射線治療をして職場復帰をしたが、1年後に胸や腰の骨への転移が発覚。
家族を養うために治療をしながら仕事を続けることを決めた。力仕事ができないため、事務作業に移ることに。しかし慣れない作業にミスを繰り返し、自分を責めるように。後遺症で口を動かすことも難しくなった。体の状況は上司には伝えたが、恥ずかしい弱い部分を同僚には言うことはできなかった。

救いを求めたのは、同じ病を持つ患者の交流会。しかし、家族より交流会を優先し、妻から責められることに。
「理解してくれる人が身近にいるのに、当事者にしか理解できないと思い込んでいる自分が恥ずかしい」そう思うようになった。
それからは同僚にも自分のできないこと、どう接してほしいかを伝えられるようになった。
今では周りからの信頼も得て、仕事にやりがいを感じている。

見たい動画をリクエストする
ハートネットTV
ハートネットTV
「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた新しいスタイルの福祉番組
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る