NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

増え続ける医療的ケア児と支援体制の現状

2019年08月24日

医療的ケアが必要なひかるちゃんと家族の日々

医療的ケアが必要な子ども「医療的ケア児」が、いま医療の発達により増えている。その数は全国に1万8000人、10年前の約2倍だ。しかし十分な支援体制が整っておらず、24時間終わることのないケアに追い詰められる家族は多い。

ひかるちゃんの両親も例外ではなかった。
ひかるちゃんは、生まれつき呼吸器や関節に障害があり、日常的にたん吸引などの医療行為が必要だ。
母 優子さん「かわいくないというわけではないが、そういうことを感じる余裕は全く無かった」

表情も乏しく感情が読み取れなかったが、2歳半のときに転機が訪れる。自宅から片道1時間だが、通える障害児施設が見つかった。看護師や研修を受けた職員が常駐し、医療的ケア児を受け入れている。
ここでひかるちゃんは友達と出会い大きく変わる。
手話を勉強し、自分の名前を表現できるように。
ひかるちゃんの成長が両親を支えている。

見たい動画をリクエストする
目撃!にっぽん
目撃!にっぽん
日本全国、様々な現場、そこに生きる人たちの人生に迫ります。 【テーマ曲】ウォン ウィン ツァン「夜明けのまなざし」
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る