NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

NHKここまでやるか!?の大実験 家一軒燃やす!衝撃映像

2019年04月01日

家を丸ごと燃やしてみる。"ホンモノ"を使った本気のメガ実験

身近で起こるかもしれない火事。
「燃え盛る家の中はどうなっているの?」「人はなぜ火事から逃げ遅れるの?」などの疑問を明らかにするため、
基礎から建てられた"ホンモノ"の家を使った本気のメガ実験。
臨場感たっぷりの見たこともない映像と、本当に起こったときの対応が明らかに。
2階建てのバス・トイレ付き、壁にも耐火ボードを入れ込み、
室内には本物の家具を設置。
ストーブに落下した洗濯物に引火させ、実験スタート。
わずか15秒で炎は急成長。小さな炎もあっという間に火柱に。

【火事から身を守る2つのポイント】
ポイント① 炎が天井に達する前に逃げる。まだ大丈夫という油断が命取り。
ポイント② 床をはって避難する。燃え広がると温度が急上昇し、大量の毒ガスが発生。
煙が上に溜まり、立ち上がれば一瞬で気を失う危険が。

一方、1階の温度が1000度に達していても、2階には変化がないこともあるので、気づいたときには、煙と熱で逃げられない。

着火から9分で屋根まで燃え移った。
消防車が到着するまでの平均時間が7分。
生死の分かれ目はその前にやってくる。
その瞬間まで自分の命を守れるのは自分しかいない。

見たい動画をリクエストする
メガ実験バラエティ すごいよ出川さん!
メガ実験バラエティ すごいよ出川さん!
「家を丸ごと燃やしてみる」「土砂崩れを実際に起こしてみる」。こんな“ホンモノを使ったメガ実験”をガチンコで行う番組です。 火事も土砂災害も、日本の各地で起こって多くの被害をもたらしています。しかしこれまで、その詳しい様子がカメラでとらえられたことはほとんどありません。「燃え盛る家の中はどうなっているのか?」「人はなぜ火事から逃げ遅れるのか?」。さらには「土砂崩れはなんの予兆もなく突然崩れるのか?」などの疑問を明らかにするため、出川哲朗さんが現場に体当たりしました!
トップページへ戻る