NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

読む72時間 「名神高速 巨大パーキングエリア」

2018年12月13日

名物TVウォッチャー・吉田潮が読み解く!『ドキュメント72時間』

 1日1万人が訪れる、西日本最大のパーキングエリア。関西土産の品揃え、24時間コインシャワー完備。しかし、今回はコメント取材が難航した様子。そもそも人が多すぎたのか、スタッフの質問がよくなかったのか。「で?」と問いたくなるような肩透かし&尻切れトンボも散見。近づいたのはちょっぴり宣伝臭漂う人々。珍しく猛省回として、あえて記しておく。

 それでも爽やかな気持ちにさせてくれたのは、ヒッチハイクする若者たちだ。内定をもらい、今は経験のためにヒッチハイクする22歳。残り少ない学生時代を謳歌中。また、夢を叶えるため東京へ行くと笑顔のふたり。ひとりはモデル、ひとりは漫画家志望。たとえ夢が叶わなかったとしても、人に助けてもらった恩義は人を必ず成長させてくれるもの。YoutuberはYoutuber同士で助け合う。お金をかけずとも貴重な体験はできる。行動する勇気が眩しい。

 一方、年輩の方々は旅する重みが違う。さまざまな病気になり、「動けるうちに」と10日間の家族旅行を敢行した74歳男性。25歳息子も会社を休んで参加。飛行機や新幹線では味わえない道草の醍醐味を味わう。健康と家族のありがたみを改めて知る里帰りになったはず。

 父母が不仲で、おばあちゃん子だった31歳女性は、夫の祖父母と旅の途中。竹久夢二が好きで意気投合、すっかり旅友だそうで。他界した自分の祖父母も一緒に旅をしている気分に。

 さて、最年少はルービックキューブの大会に出てきた小学生男子。目の前であっという間に全面を揃える神業。秒速!お母さん自身も、我が子の秀でた才能を不思議がる。ホントすごい。

 で、今回の敗因を知る手がかりは、ハロウィン帰りの女性たち。スタッフの質問を「出た!NHKっぽい!」と笑い飛ばす。人食いピエロの仮装でウェイウェイ遊んできた人に「友達ってどんな存在?」はない。今、それじゃない感!

見たい動画をリクエストする
ドキュメント72時間
ドキュメント72時間
人々が行き交う街角に3日間カメラをすえてみる。 同じ時代に、たまたま居あわせた私たち。 みんな、どんな事情を抱え、どこへ行く?
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る