NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

"うちの夫は認知症" 役者夫婦の愛の物語

2018年12月01日

認知症でも死ぬまで芦屋小雁でいたい 夫婦二人三脚で歩む日々

私の夫は、役者の芦屋小雁。
「裸の大将」で有名な芦屋雁之助の弟です。
去年から認知症の症状がでるようになり、要介護2の認定を受けました。
着替える、顔を洗う、歯をみがく、ヒゲをそる...身支度のほとんどに私の手助けが必要です。
デイサービスも試してみたんですが、立てこもったり脱走したりと問題ばかり...

でも、芝居の稽古場で芦屋小雁のスイッチが入ると...
夫の大きな掛け声が響きます。
かっこいい姿を見せてくれるんです。
「芦屋小雁として、自分は生きてきたから。
最期まで芦屋小雁を通していきたい」と語る夫。
夫の役者への思いを知って、そばで暮らし続けようと私は覚悟を決めました。

私が出かけるときは、1日の予定を丁寧に書いて見せます。
夫ひとりでの外出も禁止にしています。
しかし、この日私が自宅に戻ると、夫の姿が見当たりません。
でも、こっそり夫の靴に入れていたGPSを頼りに、今いる場所がわかるので、見つけて一緒に帰ります。

認知症であることを隠さずに、最期まで"芦屋小雁"として生きていく。私はそんな夫が大好きです。

見たい動画をリクエストする
ハートネットTV
ハートネットTV
「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた新しいスタイルの福祉番組
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る