NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

【生きづらさ】 『見た目問題』を抱える女性が演劇に挑戦する理由 【バリバラ×NHK1.5ch】

2018年05月25日

病気や事故が原因で、あざややけどなど"見た目"に症状がある人たちが日常生活で直面する問題を「見た目問題」という。機能障害がない、治療の緊急性がない、生命の危機がないなどの場合、ほとんど障害と認定されず、公的支援を受けられない。しかし、周囲の人からの心ないまなざしや言葉に傷ついたり、就職や結婚で差別を受けるなど、生きづらさを抱えて暮らしている人たちは少なくない。
顔面動静脈奇形という病気の河除静香さんは、「見た目問題」を知ってもらうことで社会の冷たいまなざしを変えようと、積極的に舞台に立ち、ひとり芝居を始めている。

見たい動画をリクエストする
バリバラ
バリバラ
2012年にスタートした、障害者のための情報バラエティー「バリバラ」。笑いの要素を織り交ぜ、これまでタブー視されてきたテーマにも挑んできました。 2016年4月からは、障害のある人に限らず「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」の人たちにとっての“バリア“をなくすために、みんなで考えていきます。 “みんなちがって、みんないい“ 多様性のある社会を目指して、バリバラは進化します!
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る