ページの本文へ

  1. トップページ
  2. かがわWEB特集
  3. 防災 気にナル知りタイ「ヒートショックに注意」
田井防災士の防災気にナル知りタイ

ヒートショックに注意

2022年11月21日放送

秋も深まりだんだん朝夕の気温が低くなってきましたが、お風呂に入るときに注意が必要なのがヒートショックです。注意点を詳しくお伝えします。

画像
田井さん
田井

今回の「防災 気にナル知りタイ」は、この時期、お風呂に入るときに注意したい「ヒートショック」についてお伝えします。

五味アナ
五味

朝晩は冷え込み、暖かいお風呂が気持ちいい季節ですが、注意点があるんですね。

田井さん
田井

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起こる健康被害のことです。

田井さん
田井

暖かい部屋から寒い脱衣所、浴室に入ることで血圧が上がります。

画像
田井さん
田井

その後熱いお風呂に入ることで血圧が下がります。
これがきっかけで意識を失って溺れるなど、重大な事故につながるおそれがあります。
まさにこれから気温の低い冬場、また、高齢者に多い事故です。

画像
 
田井さん
田井

お風呂に入るときの注意点としては、まずは入浴前に脱衣所や浴室を暖めておくことが大切です。
暖房器具があれば活用する、ない場合は、お湯を浴槽にためるときシャワーから給湯する、また、浴槽のふたは外しておくなど、蒸気を立てて暖めます。

五味アナ
五味

暖かい部屋との温度差が小さくなるようにするんですね。

田井さん
田井

また、お湯につかる前にはかけ湯を入念に行いましょう。そして、次のポイントがこちら。

画像
 
田井さん
田井

高い温度、長時間の入浴は避けてください。お湯の温度は41度以下、お湯につかる時間は10分までが目安です。

田井さん
田井

普段そこまで意識しにくいことかもしれませんので、温度計やタイマーを活用して管理するのがおすすめです。

画像
 
田井さん
田井

さらに、お湯につかったあと、浴槽から出るときは、急に立ち上がらないようにしてください。
手すりや浴槽のへりを使ってゆっくり立ち上がるようにしましょう。

画像
 
田井さん
田井

また、このようなときは入浴を避けてください。
血圧の下がる食後すぐや飲酒後、また、体調が悪いときはもちろんのことですが、医薬品の服用後もです。

田井さん
田井

そして、入浴中に万が一のことがあった場合、周りの人にいち早く気づいてもらうことが重要です。
そのためにも、お風呂に入る前には周りの人に一声かけるようにしましょう。

五味さん
五味

田井さんの「防災 気にナル知りタイ」、今回は 寒くなるこの時期に気をつけたい「ヒートショック」についてでした。

※なお掲載している情報は放送当時のものです。
一覧に戻る
ゆう6かがわへ
NHKのサイトを離れます。