ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

ロゴ

メインイメージ

希少糖

2021年11月16日放送 香川県で研究が進む「希少糖」は、おいしくて太りにくい糖!
世界も注目する希少糖から、ますます目が離せません!

■希少糖とは

11月10日、いい糖の日にちなんで「希少糖まつり」が開かれるなど、希少糖は県内で親しまれています。

希少糖とは、人工甘味料ではありません。自然界に存在する糖類です。
存在量が少ないため「希少糖」と呼ばれています。

自然界に多く存在する糖は、例えばグルコース(ぶどう糖)やフラクトース(果糖)など。それらに関する研究は昔から行われ、特徴や働きは解明されていました。
一方希少糖は、約50種類あることは分かっていましたが、その存在量の少なさから機能や性質は謎に包まれたままでした。
イメージ ところが、約30年前に状況が一変。香川大学農学部で、希少糖の1つ「プシコース」を作る酵素が発見されたことをきっかけに、希少糖の生産方法が確立され、研究は大きく進展しました。それ以来、香川は希少糖研究において世界をリードしています。
見えてきた機能とは

例えば、ガムなどに使われることの多い「キシリトール」も希少糖の1つです。
キシリトールには、虫歯菌の増殖を抑制する機能があります。
最も研究が進んでいる「プシコース」の機能は、「甘くておいしいのに、太りにくい」という、夢のようなものです。

■夢の糖「プシコース」とは

イメージ プシコースについて、香川大学農学部学部長の秋光和也教授に聞きました。
果物などに含まれるフラクトース(果糖)とプシコースは、構造が非常に近く、そのためプシコースは、私たちが慣れ親しんだ砂糖の味に近い特徴があります。
イメージ
食べ比べてみると、
プシコースは、甘さと同時に少しひんやり感もありました。後味は残らず、甘みは口の中からさっと消えました。
フラクトースは、食べ慣れた砂糖の感覚と同じで、プシコースよりも強く甘みが感じられ、甘さはしばらく口の中に残っていました。
そんなプシコースの特徴を聞きました。
プシコースの特徴

1.カロリーゼロ
2.血糖値の上昇を抑える
3.これまで蓄えた脂肪を燃焼し、これから蓄えようとしている脂肪を減らす
4.肥満になりにくい

現代を生きる私たちにとってうれしい健康機能が発見されたのです。
それでありながら、食べ慣れた砂糖の味に近く、おいしい!
新たな産業として確立させようと、産官学連携のプロジェクトに発展しました。
イメージ
研究が始まった当時、プシコースの価値は・・・1キロあたり数千万円!
しかし20年ほど経った今では、産官学連携により研究開発が進み、1キロ当たり数千円と、企業が食品に使用できるほどにまで下がりました。

当初は私たちの手に届かない存在だったプシコースが、手の届く距離へと近づいてきています。

■生産体制も確立

イメージ すでに販売されているのが、希少糖入りのシロップ。
ぶどう糖や果糖に、希少糖(プシコースなど)が含まれています。
希少糖100%でなくても、血糖上昇を緩やかにする機能が確かめられ、機能性表示食品として国に認められました。
大規模な生産工場を県が誘致して、大量生産できる体制が築かれています。
さらにメキシコにも工場を作り、粉末状の高純度プシコースを大量生産する体制が完成。
先月から企業向けに販売が始まりました。

■高校生もPR

希少糖を盛り上げようとするのは、企業だけではありません。
イメージ 香川県立三木高校の生徒が、希少糖を使った商品の開発・販売に取り組んでいます。
三木高校教諭、山上まどかさんの授業では、この日、生徒たちが商品のPR方法を検討していました。
この授業は、商品を企画し、地域の企業に提案して、商品化にこぎつけたものをイベントなどで販売するというもの。
10年前、当時あまり知られていなかった希少糖をPRしようと始まりました。
イメージ 去年開発された希少糖入りマカロンは、人気商品です。

■お菓子屋さんもイチオシ

イメージ マカロンの製造を担当している菓子店の住田俊二さんに、魅力を聞きました。
このマカロンにもプシコースが使われています。
住田さんはこの道40年以上!甘みを扱うプロフェッショナルの評価とは?
住田さん

プシコースは砂糖によく似ているからお菓子に使いやすいです。
すっきりした甘さで、素材の味を生かせます。
低カロリーの糖が流行し始めてから、お菓子に取り入れようと色々試しましたが、口の中でヒヤッとしてしまったり、食感がバサバサになってしまったりするものもありました。
一方 プシコースは、甘みが砂糖に似ていて、しっとり仕上がります。焼き色がつくのが早いのも特徴です。
お菓子は嗜好品だから、おいしくないといけない。プシコースは、ちゃんとおいしいお菓子が作れます。

「ヘルシーはあまりおいしくない」というイメージをくつがえす!
甘くておいしいのに、罪悪感なく食べられる!
それがプシコースの魅力です。

■これからも注目!希少糖

香川で進む希少糖研究は、さらに先へと進んでいます。
食品への活用では、プシコースが企業向けに先月発売されたことで、希少糖を使った商品開発は今後さらに広がることが期待されています。
また、研究の最先端・香川大学では、医療、農業、工業などあらゆる分野への活用を目指しています。

甘~い夢が、今後ますます膨らみそうです。
※なお掲載している情報は放送当時のものです。
いま旬へ
NHKのサイトを離れます。
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ