香川がイチバン! ゆう6かがわ アナウンサーマップ ゆう6かがわへ 高藤 有沙 松下 悠里 大河内 惇
第35回 (1月17日 放送)
喜田 純鈴さん
いわしてんぐさん 河村 龍さん 坂出市出身の新体操・個人の選手。現在、東京五輪の特別強化選手としてロシアに留学中。番組では、自分を育ててくれた地元クラブの発表会へ出演するため一時帰国した様子を通して、喜田選手の新体操への思いを伝えた。
第34回 (1月10日 放送)
いわしてんぐさん(左) 河村 龍さん(右)
いわしてんぐさん 河村 龍さん 丸亀城お笑い人力車芸人。芸人ならではの笑いで観光客を楽しませながら、人力車を引いて丸亀城周辺を案内している。人力車のほかにも地元のイベントで活躍しており、地域活性化に貢献している。
第33回 (12月13日 放送)
松下 文さん
松下 文さん 東かがわ市出身。高校卒業後、約10年間県外で過ごし、2年前にUターンして手袋のブランドを立ち上げた。独自の発想で東かがわ特産の手袋を全国に売り出している。ふるさとへの思いと今後の意気込みを伺った。
第32回 (12月6日 放送)
金時にんじん 
金時にんじん 坂出市が日本一の生産量を誇る「金時にんじん」。鮮やかな赤色と30センチ程ある長さが特徴だ。かつて塩の町として栄えた坂出市。塩田の跡地のミネラル豊富な砂地で栽培され、甘い味わいを楽しめる。
第31回 (11月29日 放送)
まんのう町 
まんのう町 香川県の南西部にある「まんのう町」。自慢は"日本一の農業用ため池"満濃池だけじゃない。空海ゆかりのありがた~い果物・カリンにアンデス山脈生まれのヤーコン。星空を見渡す天文台にもイチバン!があった。
第30回 (11月22日 放送)
松田 華音さん 
松田 華音さん 高松で生まれ、6歳でロシアに渡った。日本人初となるロシア政府特別奨学生としてモスクワ音楽院に通い、世界的指揮者のワレリー・ゲルギエフ氏との共演を果たすなど、いま注目のピアニスト。
第29回 (11月15日 放送)
竹内 しんぜんさん 
竹内しんぜんさん 高松市のフィギュア作家。龍といった想像上のもの、恐竜や動物、昆虫など生き物のフィギュア製作を得意とし、リアルさ、躍動感が、人々を惹きつけている。フィギュアを通して生き物の魅力を発信し続けている。
第28回 (11月8日 放送)
永原 いさよさん(左) 京極 ひなたさん(右) 
京極 ひなたさん 永原 いさよさん 2018ミス・ユニバース・ジャパン香川大会で、最年少の17歳でグランプリに輝いた香川代表・京極さんと、地元企業が事務局を立ち上げて初となる県大会の実行委員長・永原さんに大会への思いや日本大会に向けての意気込みを伺った。
第27回 (11月1日 放送)
北川 智博さん
北川 智博さん 三豊市に誕生した地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」のトップ、CUO(チーフ・うどん・オフィサー)に就任した。期待も大きいなか、どう舵取りをし、地域貢献をしていくのか伺った。
第26回 (10月18日 放送)
中尾 達文さん
中尾 達文さん パワーリフティングのチャンピオンとして、そして香川県初のトレーニングジムの主宰者として名を馳せる。これまでに送り出した門下生は、46年で実に6,000人。流行りのフィットネスでは味わえない、"中尾流"の指導に刮目すべし。
第25回 (10月11日 放送)
香川本鷹
吉野 剛さん 香川でイチバン辛い食べ物…かもしれない、およそ400年前から栽培されてきた唐辛子「香川本鷹」。豊かな香りと風味、うま味を兼ね備えた逸品。丸亀市沖の手島で、香川本鷹の栽培を続ける生産者を訪ねた。
第24回 (10月4日 放送)
吉野 剛さん
吉野 剛さん 坂出市出身。はだしで走る「はだしRUN」の第一人者。サンディエゴ州立大学修士課程ではだしランニングの研究後、国内だけでなくケニアでも広く活動。NHK土曜時代ドラマ「アシガール」では主演の黒島結菜さんに走り方の指導も行った。
第23回 (9月27日 放送)
香川県立坂出高校 観音寺市立柞田小学校
吉野 剛さん 10月に開催されるNHK全国学校音楽コンクール。そこに四国ブロック代表として出場する、観音寺市立柞田小学校と、香川県立坂出高校を紹介した。
第22回 (9月20日 放送)
衛藤 晃平さん
衛藤 晃平さん 大阪府出身。プロバスケットボール「香川ファイブアローズ」の2017年シーズンの新ヘッドコーチ。前のシーズン、6チーム中5位に終わったファイブアローズ。シーズン開幕前に抱負を伺った。
第21回 (9月13日 放送)
池原 由起夫さん
池原 由起夫さん 観音寺市出身。明治から昭和初期にかけて四国各地で盛んに演じられてきた伝統の人形劇「西畑人形芝居」の人形使い。現在、三木町に拠点を構え活動中。日本国内のみならず、世界およそ30カ国で人形芝居を演じ、その伝承に取り組む。
第20回 (9月6日 放送)
藤本 誠さん
藤本 誠さん) 1938年高松市生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科卒業。2000年藤本デザイン研究室設立。その頃から「讃岐弁」をモチーフにしたデザインを手がける。現在、高松市歴史資料館で作品展開催中。(H30年3月25日まで)
第19回 (8月23日 放送)
酔亭藪太郎(大藪 誠司)さん
酔亭藪太郎(大藪 誠司さん) 高松市出身。県立三木高校定時制の国語の先生。大学卒業後、高松南高校の教員になってから落語を始め、当時の落語部の教え子にばったり出会ったことがきっかけで、「サンポート新鮮らくご会」を始める。2ヶ月に1回の会を続けて10年、演じた噺は60近くにのぼる。
第18回 (8月9日 放送)
近藤 宏美さん(左) 西尾 優希さん(右)
近藤宏美さん(左) 西尾優希さん(右) 8月19日・20日に高松で開かれる第一回全国高校生花いけバトル。香川大会で優勝し代表として出場する高松第一高校のコンビ。スタジオ用に花をいけて頂きました。見事な作品を即興で作り上げるスゴ腕に感動!
第17回 (8月2日 放送)
高松第一高等学校 吹奏楽部
高松第一高等学校 吹奏楽部 顧問の石川幸司先生と部長の湯浅歩凜さん 部員数総勢117人の吹奏楽部の名門校。2017年全日本吹奏楽コンクールの香川県大会で金賞、最優秀賞を受賞。四国支部大会50年連続出場を決めた。2年連続の全国大会出場を目指す。スタジオには顧問の石川幸司先生と部長の湯浅歩凜さんにお越しいただいた。
第16回 (7月26日 放送)
宇多津町
宇多津町 瀬戸内海に面し、かつては塩作りで発展した町。長年お遍路さんに愛される餅屋や神社の中にあるうどん屋など歴史ある町ならではのイチバンに、"恋の歌碑"や"恋人の聖地"など恋の町ならではのイチバンを紹介した。
第15回 (7月19日 放送)
香西 志帆さん
ゲスト香西 志帆さん 高松市出身。現役銀行員でありながら、8年ほど前から映像作りに取り組むようになって、地元の魅力を発信する映画や観光PRの動画を制作。銀行員と監督・脚本家の二刀流で活躍している。
第14回 (7月12日 放送)
蒼 彦太さん
ゲスト蒼 彦太さん 三木町出身。中学生の時から演歌にのめりこみ、高校卒業後には演歌歌手を目指して上京。2011年にデビューした。今は東京を拠点にコンサートや番組に出演するなどして活躍している。
第13回 (7月5日 放送)
佐藤 一石さん
ゲスト佐藤 一石さん 物質工学を研究する大学教授でありながら、マスターズ陸上の日本記録保持者という二つの顔を持つ。「研究と陸上は、目的に達するプロセスが似ている」と話す佐藤さんが目指すのは、自身の持つ日本記録の更新。陸上を"究める"男がスタートを切る。
第12回 (6月28日 放送)
東かがわ市 白鳥地区
東かがわ市 白鳥地区 東かがわ市白鳥地区で、町の人からの情報をもとにイチバンを発掘。女性が活躍する、甘いミニトマトを栽培する農園や「日本一低い山」と銘打ち、県内外からきた観光客を楽しませようとする名所を紹介した。
第11回 (6月21日 放送)
石本 康隆さん
ゲスト石本 康隆さん 高松市出身のプロボクサー。かつて日本スーパーバンタム級の王者に輝いたものの、今年2月のタイトルマッチに敗れ、現在はノンタイトル。年齢的にも引退が囁かれる中「もう一度ベルトを巻いて香川に凱旋したい」と現役続行を決意。
第10回 (6月14日 放送)
西山 貴生(にしやま たかお)さん
ゲスト西山 貴生(にしやま たかお)さん 香川県でただ一人のJリーグ審判。今年初めて、J2で主審を務めた。試合中は、選手との対話を重視し、選手からの信頼を集める。本業の教師として働く傍ら、日々審判に求められる経験を積んでいる。目指すはJ1!
第9回 (6月7日 放送)
橋野 純さん
ゲスト橋野 純さん 四国学院大野球部監督。かつては高校野球の監督として、丸亀商、丸亀城西などを甲子園に導く。平成7年春のセンバツでは観音寺中央を率いて初出場初優勝。高校野球界の名将として知られる。去年、四学大監督に就任。
第8回 (5月31日 放送)
STU48 福田 朱里さん 榊 美優さん
ゲストSTU48 福田 朱里さん 榊 美優さん STU48は2017年に結成され、「瀬戸内」を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ。香川県出身のメンバーは現在2人。応募総数8000人のオーディションをくぐりぬけ、第1期生に選ばれた。好きなうどんは「しょうゆうどん」(福田さん)、「ざるうどん」(榊さん)。
第7回 (5月24日 放送)
高松大学読み聞かせ隊
ゲスト高松大学読み聞かせ隊 幼児教育を専攻する高松大学の学生たちが、授業の一環で、子どもたちに絵本の読み聞かせを行っている。それだけでなく、読んで聞かせる喜びを知ってもらおうと、子どもの読み手の育成する講座を市の図書館と共同で開催。
第6回 (5月17日 放送)
荻田 大樹さん
ゲスト荻田 大樹さん 観音寺市出身。陸上棒高跳び選手。自己ベストは日本歴代4位の5m70。観音寺一高時代に国体優勝、関西学院大3年時には当時の学生記録を樹立。世界選手権に2度出場。去年、リオ五輪に初出場。東京五輪目指す。
第5回 (5月10日 放送)
鹿庭 弘百(かにわ ひろかず)さん
ゲスト鹿庭 弘百さん(街角に音楽を@香川 代表理事) 高松市生まれ、61歳。一般社団法人・街角に音楽を@香川の代表理事として、数々の音楽をイベントを街中で実施。音楽で地域活性化に取り組む。5月6,7日に開催した「高松ミュージックブルーフェス」は大盛況。
第4回 (4月26日 放送)
三野 環さん
ゲスト三野 環さん 四国アイランドリーグプラス、香川オリーブガイナーズの社長。高松市出身。テーマパークのアトラクションスタッフ、外資系生命保険会社などを経て、今年2月、リーグ初の女性球団社長となる。
第3回 (4月19日 放送)
鈴木 未来さん
ゲスト鈴木 未来さん 香川県在住のプロダーツプレイヤー。2016年国内女子年間チャンピオン。モットーは"楽しむ"こと。「いつも元気に送り出してくれる家族の為にもダーツを心から楽しんで世界一になりたい!」
第2回 (4月12日 放送)
田所 敦さん
ゲスト田所 敦さん 口笛奏者。高松市出身の40歳。中学時代は吹奏楽部、進学した高校に吹奏楽部がなかったため独学で口笛を習得。現在は、電子機器メーカー勤務の傍ら、口笛の演奏会を開催。去年東京で開催された世界大会で優勝。
第1回 (4月5日、6日 放送)
琴勇輝 一巖 (ことゆうき かずよし) さん
ゲスト琴勇輝 一巖 佐渡ヶ嶽部屋所属の大相撲力士。香川県丸亀市生まれ。小豆島の中学、高校時代に本格的に相撲の指導を受けた。2008年に初土俵を踏み、2011年に十両、2016年には香川県出身力士としては56年ぶりに関脇に昇進。


ライン トップページへ ライン
NHKのサイトを離れます。
ライン
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation)All rights reserved.許可なく転載を禁じます。
ライン