ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

料理レシピ

NHK高松放送局の番組で放送した
料理レシピをご紹介します。

使用したい食材、料理名などを入力してください。

2021年10月19日放送

かぼちゃのキッシュ風グラタン

旬のかぼちゃをハロウィーン仕立てのグラタン料理に。
電子レンジを活用した、お手軽パーティー料理です。

おすすめポイント

グラタンをキッシュのアパレイユ(卵液)で作ることで、手間のかかるホワイトソースを省きます。
キッシュに欠かせないタルト生地も必要なく、両方のいいところを組み合わせたレシピです。
オーブン料理は豪華で手間がかかるイメージですが、電子レンジを活用して、時間短縮!
手軽に作りましょう。

材 料

(4人分)
かぼちゃ:1/4コ分(約400g)
えび(無頭):12匹
塩・こしょう・酒:各少々
ブロッコリー:1/2コ
たまねぎ:1コ
しめじ:1パック
バター:20g
ピザ用チーズ:100~150g
お好みで 粗びきこしょう
《アパレイユ(卵生地)》
卵:4コ
牛乳:カップ2
焼き麩(ふ):10コ
塩:小さじ2/3
こしょう・ナツメグ:各少々

作り方

  1. たまねぎは薄切りに、しめじは小房に分けて、グラタン皿に広げ、材料の半分のバターを乗せてラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱したら、軽く混ぜてバターをなじませる。
  2. かぼちゃは種とワタを除き、1cm厚さのくし切りにする。耐熱皿に広げてラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。
    ブロッコリーは小房に分けてさっと洗い、塩水にくぐらせる。耐熱皿に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
  3. えびは殻をむき、背ワタを取り除く。塩、こしょう、酒、各少々をふりかけ、5~6分間おいて下味をつける。
  4. アパレイユ(卵液)を作る。
    ボウルに卵を入れてざっくりと混ぜ、温めた牛乳を入れて溶きのばす。
    ふを砕いて入れる。塩、こしょう、ナツメグを加えて混ぜる。
    【ポイント】
    温めた牛乳で、火の通りよく、オーブン時間短縮になる。
    ふで、ふんわり食感に。火も通りやすくなる。
  5. (1)に(2)(3)を敷き詰め、(4)を流し入れる。 ブロッコリーは飾り用に少し残しておく。
    上からピザ用チーズと残りのバターを乗せる。
    210度に温めたオーブンで約16分間、機種によって調節しながら焼く。
    焼きあがったら、そのまま4~5分間入れたままにする。
    残しておいたブロッコリーを飾る。お好みで粗びきこしょうをふりかける。
  6. キッシュ キッシュ
    フランスに伝わる家庭料理。パイ生地やタルト生地に、ベーコンや野菜などを加えた卵生地(アパレイユ)を入れて作ります。

≪十河先生からの一言≫

旬のかぼちゃは煮物もほっくりとしておいしいですが、ハロウィーンの時期なので、洋風で温かいレシピにしてみました。下ごしらえは電子レンジで簡単に、オーブンに入れたら他のことに手が回る、手軽さ重視のレシピです。
具材は、えびのほかにも、ソーセージやブロックベーコン、冬には、かきやほうれんそうもおすすめです。

グラタン皿の代わりに、ココットなどの耐熱容器や、アルミやシリコンのカップで小さく作れば、お弁当にも使えます。

新着レシピ

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります