ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

料理レシピ

NHK高松放送局の番組で放送した
料理レシピをご紹介します。

使用したい食材、料理名などを入力してください。

2021年3月9日放送

はっさくと魚介のマリネ

見た目は“鮮やか”
“手軽”に作れて、“野菜”も“果物”も“魚介”も1度に食べられちゃう 「はっさくと魚介のマリネ」です♪

おすすめポイント

旬のはっさくを入れることで、かんきつ特有のさわやかな香りが楽しめるとともに、魚介の生臭さを抑える効果もあります♪

材 料

はっさくと魚介のマリネ(2人分)
はっさく:1コ
えび(無頭/殻付き):小12匹
アボカド:1/2コ
たまねぎ:1/4コ
塩:小さじ1
白ワイン:小さじ1
≪マリネ液≫
にんにく:1/2かけ
オリーブ油:大さじ2
レモン汁:大さじ1
たまねぎ(みじん切り):小さじ2
塩 こしょう:適量
ミント:適量
クローブ:適量

作り方

  1. 材料を切る
    はっさくは、皮をむいて実を取り出し、半分にカット、玉ねぎはスライス、アボカドは皮をむいて角切りにする。
  2. えびをゆでる
    背わたをとり、沸騰させたお湯に、塩と白ワインを少し加えて、およそ2分間ゆでる。
    ゆでたら、冷水にとり、殻をはずして、水気をとる。
  3. スライスしたたまねぎをサッと湯通しして、ザルにあげる。
    【ポイント】
    たまねぎをゆでる → 辛み和らげ マリネ液しみこみ◎
  4. マリネ液を作る
    ボウルに、みじん切りしたたまねぎ、にんにく、オリーブ油、レモン汁、塩こしょうを入れ、よく混ぜ、クローブとミントの葉をちぎって加える。
  5. はっさくとえびをマリネ液に浸して、なじませる
    【ポイント】
    はっさくを入れる → 魚介の生臭さを抑え 香り◎
    浸す時間は、すぐ食べたいときは、10分間ほどで◎
    時間があるときは、半日から1日くらい浸しておくと、よりしみこむ。
  6. 味がしみこんだら、器に盛って、お好みで上からミントを添えたら、完成。

≪山中先生からのひとこと≫

そのまま食べても、もちろんおいしいのですが、パンにのせたり、はさんだりして食べるのもおすすめです。 ぜひ、試してみてください♪

新着レシピ

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります