ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
メインイメージ

2015年7月8日放送

なすそうめん

やわらかくて甘い三豊ナスと、小豆島のそうめん、そして伊吹島のいりこを使って、香川県の郷土料理「なすそうめん」を作りましょう。家庭ごとに味に特徴がある懐かしい讃岐の味です。

「なすそうめん」は、農業が忙しい夏でもさっと食べられて、しかも栄養バランスがいいという非常に理にかなった郷土料理。長い間、地域に根付いてきたのは理由があるんですね。 手早くできて、栄養バランスもいい!夏休みの子どものお昼ご飯にもピッタリですよ。

☆ナス → ほてった体をクールダウン
☆そうめん → 炭水化物(エネルギー源)
☆油揚げ → 植物性たんぱく質が豊富
☆油分 → 腹もちがよくなる
☆とうがらし → 胃腸を刺激して食欲増進

材料

なすそうめん(4人分)
三豊なす:2個(千両なすの場合4個)
オクラ:8本(いんげんも可)
そうめん:2束
油揚げ:1枚
赤とうがらし:1本
サラダ油:大2

《つゆ》
だし汁:4カップ
砂糖:大3
濃い口しょうゆ:大2
薄口しょうゆ:大2
みりん:大1
点線ライン

作り方

  1. なすは大きめの乱切りに。水の中に入れてアクぬきをする。
  2. 油揚げは熱湯をかけて油抜きし、大きめの短冊切りに。
    オクラは塩でこすってうぶ毛を取り、さっと塩ゆでして斜め半分に切る。
    赤とうがらしは種をとって輪切りに。
  3. そうめんは固めにゆでておく。
    【ポイント】
    ▼そうめんをあらかじめゆでず、後でなすの煮汁に直接入れて作る方法もあるが、事前にゆでておくことで、塩分をひかえることができる。
    ▼また、作り過ぎて残ってしまったそうめんも使うことができる。
  4. 鍋にサラダ油を熱し、水気を切ったなすを強火でさっと炒める(1分弱)。
    なすが油を含んできたところで、だし汁と砂糖を入れ、 油揚げと赤とうがらしを加えてひと煮する。
  5. (4)にしょうゆとみりんを入れる。
    なすが味を含んだ頃、そうめんとオクラを入れてさっと煮て、火を止める。
    器に持って煮汁をかけて完成。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります