記事投稿:鈴木 悠

2020年12月04日 (金)第13回 アナウンサー・キャスター図鑑

こんにちは。気象予報士の鈴木悠です。

高松放送局のアナウンサー・キャスターの魅力に迫る

高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑」!

第13回は、今年度から高松放送局の仲間に加わったこの人!

202011_1.JPG


塩﨑実央アナウンサーです!

(以下、鈴⇒鈴木、塩⇒塩﨑アナ)

 

鈴:前回の五味アナから、イラストでの指名です。

  何やら自画自賛するくらいの自信作のようなのですが、

  イラストを見て、率直な感想を教えてください!

塩:え…似てます?

  私は五味アナの前の席なのですが、いつもこんな風に見えていたんですね…(笑)

  でも、ヨーロッパの美術館に飾られていそうで嬉しいです。

  しいて言えば、もっと眉毛を太く描いて欲しかったです!

202011_2.JPG

鈴:そこですか!?(笑)

  実はこのイラストは、五味アナのサイン付きなんですよ。

塩:せっかく描いてくださったので、

  五味アナに見えるように席に飾ろうと思います(笑)

鈴:私、ずっと塩﨑アナに言いたいことがあったのですが…。

塩:何ですか!?

鈴:塩﨑アナは…少し体操選手の白井健三さんに似てますよね?

塩:似てる…かもしれません(笑)

  光栄です!私も白井さんのように活躍できるように頑張ります!

 

鈴:香川県に来てどれくらいですか?

塩:6月上旬に来たので…5か月くらいですね。

  おかげさまで濃い毎日を過ごしているので、なんだかもう2~3年いるような感覚です。

  住んでみて、本当に気候も人も穏やかで過ごしやすいです。

  私は海が近くにある生活が初めてなので、

  自然がすぐ側にあるのっていいなと感じています。

鈴:香川県は自然もあり都会もありで、本当に住みやすいと私も感じています。

202011_3.JPG

 

鈴:なぜアナウンサーになろうと思ったのでしょうか?

塩:もともとはアナウンサーになりたいと思っていたわけではなく、

  インドで働いてみたいと思っていて…。

鈴:インド!?

塩:就職活動が近づいた時期に、将来何をしようか悩んでいたんです。

  ちょうどそのとき、父が仕事の関係でインドにいたので遊びに行ったんですね。

  行ってみたら、生きる力が町中からあふれているように感じて、

  この国おもしろい!いつかここで働いてみたいと思ったんです。

  ただ、インドで働くにしても日本で働くにしても、

  自分の考えをしっかり伝えられないといけないと感じました。

  私は人に説明することが苦手で…。

  何をするにしても、今後の人生でこれではいけない!

  と考え、まずはNHKの話し方講座を受講したんです。

鈴:自分を変えたくて、一歩踏み出したんですね。

塩:それまでアナウンスに関する知識もなく、

  レベルの高さに驚愕しました。

  また、私はソフトボールをずっとやっていて。

  アナウンサーというと勝手に華やかなイメージがあったので、

  自分とは違う世界だなぁと思っていたのですが、

  講座を受講する中で講師のアナウンサーに

  「カメラ越しにおじいちゃん・おばあちゃんに語り掛けるように話してみて」や、

  「自分が言った言葉で誰かがホッとできたり、誰かの命を救える仕事なんですよ」

  と教えてもらって。

  「あぁ、いい仕事だな」と感じたと同時に、自分の好きなことを伝えるならば、

  熱意を持って仕事ができると感じたのでアナウンサーを志すようになりました。

鈴:インドがきっかけで、思わぬ出会いを経てアナウンサーになったんですね。

塩:そうですね。

  インドがきっかけだったので、初めは「インドの良さを伝えたい!」

  という熱意ムンムンで入局してきたのですが(笑)

  香川県に来て取材をさせていただく中で、

  熱い想いを伝えたい方は県内にたくさんいらっしゃって。

  仕事をしていくうちに、今はそういう方の想いを、

  私が県内の皆さんに伝えたい!と考えるようになりました。

  まだまだ未熟かもしれませんが、リポートを作るときに、

  誰かの想いを伝えられる仕事って本当にやりがいがあるなぁと感じています。

鈴:塩﨑アナのこれからの活躍にも期待です!

202011_4.JPG

鈴:ほかに、これから香川県でやってみたいことは何でしょうか?

塩:今後は、色々な体験をしたいです。

  例えば、工房に行って体験をした上でお伝えしたり、

  小さいころ素潜りをしていたので、潜水中継に挑戦したりしてみたいです(笑)

鈴:潜水!確かに、瀬戸内海の中でリポートをする塩﨑アナを見てみたいです。

  できるのかな(笑)

塩:あとは、環境問題に興味があるので、

  香川県内で環境問題に取り組んでいる人を取材したいと考えています。

 

鈴:プライベートでは何かありますか?

塩:美術館巡りをしたいですね。

  これまで直島の地中美術館には行ったことがあるのですが、

  今度は豊島美術館に行ってみたいと考えています。

鈴:私は豊島美術館が大好きです!

  ぜひ晴れている日に行ってみて欲しいですね。とても開放的で素敵ですよ。

塩:また、最近は野菜市場に行くことに夢中で、

  もっと多くの香川県内の新鮮な野菜を見つけに行きたいです!

鈴:では休みの日は料理をして過ごすことが多いですか?

塩:そうですね。

  市場で生産者の方にお勧めの調理法を教えてもらって、料理を作っています。

鈴:料理上手じゃないとできないやり方ですよ!それ!

塩:決して上手ではありませんが(笑)

  香川県の新鮮な野菜がすぐ手に入ることに喜びを感じています。

202011_5.JPG

鈴:実は塩﨑アナは赴任する前に、

  このブログを見て高松放送局について情報収集をしていたと聞いたのですが!?

塩:そうなんです!香川県のこともそうですし、

  どんな人たちと働くのかを鈴木さんのブログを見て勉強していました。

  「伊丹アナは菊池寛が好きなのか」とか(笑)

鈴:皆さんのお役に少しでも立っていれば光栄です(笑)

  そんなブログも、今回でいったん最後になります。

  ですから、塩﨑アナにイラストで次の人を指名してもらう必要なないのですが…。

  塩﨑アナの絵も見たい!ということで、

  うどんを食べているドーモくんを描いてください!

塩:ドーモくん!?分かりました…。

  あれ…ドーモくんて眉毛あったかな…。

  でも私のトレードマークは眉毛なので、描いちゃお。

202011_6.JPG

鈴:イラストにも白井健三さん感がありますが(笑)

  とても上手です!

  塩﨑アナ、きょうはありがとうございました!

塩:緊張しました!ありがとうございました!

 

これまで「高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑」にお付き合いいただき、

ありがとうございました!

次回は、少し図鑑を振り返りますよ。

そして、新しいブログ企画の発表も…!?

お楽しみに!

 

鈴木悠


投稿時間:16:15 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲