記事投稿:伊丹 新

2020年04月27日 (月)菊池寛とマスク

5月4日(月・祝)午前7時40分から55分まで

ラジオ第一放送 四国ブロックで放送の「四国を読む」

今回ご紹介するのは香川県高松市出身の作家菊池寛の

大正9年の作品「マスク」です。

大正7年から9年、

1918年から1920年ごろにかけて

スペインかぜが世界的に流行します。

菊池寛は徹底的なうがいと、マスクの着用、そして、自身はもちろんですが、

家族にも外出を控えさせ、なんとか無事でした。

 


菊池寛は、当時、30歳。

 友人も次々と感染し、芥川龍之介は、辞世の句をつくったほどでした。

多くの人がマスクの着用や外出の自粛をためらう中、菊池寛はこう書いています。

「病気を恐れないで、伝染の危険を冒すなどということは、それ野蛮人の勇気だよ。

病気を恐れて、伝染の危険を絶対に避けるという方が、文明人としての勇気だよ。」

そうして、感染者が大幅に減っても

マスクをつかい続けた菊池寛の当時の思いをまとめた作品です。

文豪が、どんな気持ちで、当時日本では、流行性感冒とよばれた

スペインかぜにたちむかったのかお伝えします。

菊池寛の作品「マスク」は菊池寛全集第二巻に収録されています。

是非 お聞きください。そして不要不急の外出をひかえましょう!

 

 

 

 

 


投稿時間:11:05 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲