記事投稿:伊丹 新

2019年09月13日 (金)真珠夫人を聞いてみませんか?

真珠夫人を聞いてみよう!

 

この週末から3連休というかたも

いらっしゃると思いますが、

ラジオの朗読を聞いてゆったりと

お過ごしになってはいかがでしょうか?

9月16日(月・祝)午前7時40分から55分まで 

ラジオ第一(四国ブロック)で 

「特集・四国を読む 菊池寛作 真珠夫人」を

放送します。

 

 


 

大正9年(1920年)6月から12月にかけて新聞に連載された

高松市出身の作家、菊池寛の人気作品です。

主人公は、当時の常識とはかけ離れた常識を持ち大胆な行動をする唐沢瑠璃子と

瑠璃子たち若者の行動が気に食わない中年の成金男性、荘田勝平。

お互いを屈服させようと壮絶な戦いが最後まで続きます。

女性の社会進出が一気に進み、

女性読者の増加を意識して書いた作品といわれています。

現在に至るまで何回も映画やテレビドラマにもなっています。

作品の中で菊池寛は、どんなに身分の高い人でもお金持ちに対しては頭が上がらない

拝金主義の世を厳しく批判しています。

作品を読むと約100年前のものとは思えない新鮮な感動がもたらされます。

「真珠夫人」聞いたことはあるけど、どんな作品だったっけ?

そんな皆さん!ぜひお聞きください!

この収録のためにおよそひと月、最低、朝晩2回は家や職場で読みました。

それに加えて、松山で、2日間、みっちり朗読の指導を受けて、

収録にのぞみました。

朗読は、本当に手間がかかり、とっても大変なのですが、やりがいも格別です。

およそ100年前の時代の最先端をゆく若くて強い女性の生き様をぜひお聞きください!

 


投稿時間:09:11 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲