みえるレポート

福井県の地図:県庁所在地は福井市。面積(めんせき)は4,190平方キロメートル(34位)、人口(じんこう)は80.8万人(43位)平成21年10月1日現在

日本全図はこちら

福井県 3つのキーワード

「越前(えちぜん)ガニ」のイメージ写真

福井県のキーワード1つ目は「越前(えちぜん)ガニ」
福井県は日本海に面していてカニがたくさんとれるんだ。

「きぬ織物(おりもの)」のイメージ写真

福井県のキーワード2つ目は「きぬ織物(おりもの)」
昔からきぬの織物(おりもの)作りがさかんなんだ。

「めがね」のイメージ写真

福井県のキーワード3つ目は「めがね」
福井県はイタリア、中国とならぶ世界三大めがね産地(さんち)なんだよ!

福井県は「めがね」の産地(さんち)!今回は福井県へ行ってきたよ!めがね作りがさかんなんだ。町にはめがねの形のおきものやかんばんがたくさんあったよ!

めがねの産地(さんち)さばえのイメージ画像

福井県(ふくいけん)はめがねの生産量(せいさんりょう)が日本一なんだ。とくにめがねの工場が多いのが鯖江(さばえ)市。町を歩いているとあちこちにめがねのマークがあってまるで町全体がめがね工場みたいだったよ。 
デザインによって形がちがうから、組み立てるのもむずかしいよ。

めがね作りのイメージ画像

めがねの出荷額の表

鯖江(さばえ)市では100年ほど前からめがね作りがはじまったよ。この地方は冬の間たくさん雪がふるんだ。だから家の中でもできる仕事として、めがね作りが広まったんだよ。
日本のめがねのほとんどを福井県でつくっているのね

増永五左エ門(ますながござえもん)さんという人がめがね作りをはじめたんだ。

金ぞくのぼうを機械(きかい)にあてた音を聞いてねじができているかかくにんするのよ。

めがねは8つの部品でできているよ。でもひとつの工場で全部をつくるわけではないんだ。それぞれの部品はべつべつの工場でつくるんだ。鯖江(さばえ)市にはこうした工場が600もあるんだって!
めがね用のねじをつくっているよ。とっても小さいから作るのがむずかしいの。

印刷用ページを開く(PDF)

このページの上にもどる