マギー審司が教える 親子で楽しめる簡単マジック(3)
ロープを使ったマジック

まいにちスクスク
2021年7月21日 放送

家族で手品を楽しんでみませんか? 子どももほんの少しの練習でマスターできる、とっておきのマジックを、マギー審司さんに教えてもらいました。

講師:
マギー審司

今回のマジック

マジックに挑戦するのは、男の子(7歳)とパパの親子。

今回は、子どもがひとりで、家にあるひもやロープを使ったマジックに挑戦します。パパをびっくりさせましょう。


マジックをみてみよう

ロープの両端を結んで、輪をつくります。

このロープで、バツ印を作ります。

バツ印の交差したところに手をのせて、

輪を手にかけます。

こちらの側も、

手にかけます。

1・2・3で引っ張ると⋯

ロープが抜けてしまいました!


見よう見まねでやってみると、何度やっても手からロープが抜けません。どうやるのか教えてもらいましょう。


マジックのタネ明かし

まずは、できないやり方

まずは、“できないやり方”を見ておきましょう。

ロープをひねって、バツ印を作ります。
実はこのとき、自分から見て奥側のロープを持って、手前側に返しがちです。

そのまま輪を手にかけると⋯

引っ張っても抜けません。このバツ印の作り方だと、ロープが引っ掛かってしまうのです。
※輪のかけ方によってロープが抜ける場合もあります

ロープが抜けるやり方

ロープが抜けるようにするためには、バツ印を作るときに、手前側を持って奥側に返すことがポイントです。

また、ロープを手にかけるときは、返したほうの輪を先にかけます。

この手順で行えば、すんなり手から抜けるのです。


やってみよう

それではいよいよ本番。パパにマジックを発表します。

子ども ―― 今からロープを使ったマジックをします。パパも一緒にやってください。バツ印を作って、手にかけて⋯

子ども ―― 1・2・3で引っ張ると、抜けました!
パパ ―― あれ? パパは抜けなかったよ。

マジックは、答え合わせも大切です。パパにやり方を教えます。誰かに教えることが、子どもの自信につながるんです。

ロープのマジック、大成功でした! とても簡単なマジックなので、みなさんもやってみてください。
(マギー審司さん)

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです