作って楽しい! 音楽あそび(3)
マラカス&カリンバ

まいにちスクスク
2021年4月28日 放送

子どもはリズムに乗って体を動かしたり、音を出したりするのが大好き。そこで、身近なもので作れる楽器を紹介します。親子で一緒にカラフルでかわいい楽器を作って、たのしく音楽あそびをしましょう。
今回は、マラカスとカリンバを作ります。

講師:
できたくん(工作芸人)
動画配信サイトやワークショップを通じて、子どもたちに物作りの楽しさを教えている。

マラカスを作ろう

<材料>

折り紙
1枚
トイレットペーパーの芯
1個
輪ゴム
2個
ペットボトルのキャップ
3個

折り紙がマラカスの柄になるので、子どもの好きな色を選びましょう。

<作り方>

まず、トイレットペーパーの芯に、折り紙を包み込むように巻きます。折り紙がずれないようにテープで仮止めすると、きれいに巻くことができます。

上下の余った部分は、芯の内側に折り込みます。

続いて、芯の先端に十字の印をつけます。反対側の同じ位置にも印をつけます。

印の部分をハサミでカットして切り込みを入れます。

十字の切り込み部分に、輪ゴムを交差させるように引っかけます。

最後に、ペットボトルのキャップ(3個)を中に入れます。

これで、マラカスの完成です。


カリンバを作ろう

<材料>

硬い空き箱
1個
割り箸
2本
輪ゴム
4個
プラスチックスプーン
2本

空き箱は硬くて丈夫な物を選びましょう。

<作り方>

まず、割り箸で箱を挟みます。

割り箸を押さえながら、輪ゴムを引っかけて、くるくる巻いて固定します。強めにしっかり巻きましょう。巻き終わったら、輪ゴムを割り箸に引っかけます。

反対側もできるだけ輪ゴムをきつく巻きます。

さらに強く固定するため、輪ゴムを2重に巻きます。反対側も2重にしましょう。

割り箸の片側を少し下げます。

箱の下側の割り箸がある部分に切り込みを入れて、中に折り、溝を作ります。

割り箸が溝に入るので、置いたときにカタカタしないようになります。

プラスチックのスプーンを割り箸と箱の間に入れます。

スプーンは位置をずらして2本入れます。割り箸に入れた位置からの長さで音が変わります。長さを調整して音の変化を楽しみましょう。

これで、カリンバの完成です。
スプーンをはじいて楽しんでください。

童謡などを歌ってあげながら一緒に演奏すると楽しいですよ。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです