もっと知りたい! 予防接種

すくすく子育て
2020年12月5日 放送

今回のテーマは予防接種。種類がたくさんあって大変⋯ 接種のスケジュールが遅れたらどうなる? 副反応が心配⋯。そんな疑問や質問を、まとめて専門家に聞いてみました。

専門家:
松永展明(国立国際医療研究センター病院/小児科専門医/感染症専門医)

どうして赤ちゃんのときから予防接種を受けるの?

乳幼児は重症化しやすく、生後3~6か月ごろから免疫が減少する

回答:松永展明さん

まず、乳幼児が病気にかかったときに重症化しやすいことが理由のひとつです。また、赤ちゃんは母親から免疫を受け継ぎますが、それは生後3~6か月ごろから約1年半の間に少しずつ減少します。病気に感染しやすくなるため、できるだけ早く予防接種を受けて、感染症から身を守ってあげることが大切です。

予防可能な病気は、感染すると重篤

回答:松永展明さん

子どもがかかりやすい感染症は、主なものでもこれだけたくさんあります。

その中で、ワクチンで予防できる感染症はごく一部にすぎません。さらに、予防可能な感染症には、結核や破傷風など、感染すると非常に重篤なものがあります。できるだけ子どもを守ってあげる必要があると思います。


予防接種の決められた期間を過ぎても大丈夫?

息子が生まれたのは、新型コロナの緊急事態宣言が解除された、およそ1か月後。感染対策が徹底された中での出産で、気が休まることはありませんでした。退院後も感染が心配で、なかなか外出できません。感染リスクを考えると予防接種のために出かけることが不安でしたが、夫婦で何度も話し合い、できるだけ人に会わずに行ける病院や時間帯を調べて、これまでに2回の予防接種を受けました。
今後、新型コロナがさらに流行して、外出自粛などでスケジュール通りに予防接種できるか心配です。決められた期間で受けないと、効果が出なくなることはありますか?
(3か月 男の子のママ・パパ)

適切な時期に適切なワクチンを接種しないと病気にかかるリスクが高まる

回答:松永展明さん

新型コロナウイルスへの不安から、予防接種を受けていいのか、小児科に行っていいのか、多くの方が悩んでいると思います。でも適切な時期に適切なワクチンを接種しないと、重篤な病気にかかってしまうリスクが高くなってしまいます。小児科医も、感染対策には非常に気をつけているので、安心して受けに行ってください。

急な発熱などで接種のタイミングを逃した場合は、どうすればいいですか?

多少予定がずれても大丈夫。医師に相談を

回答:松永展明さん

予防接種の時期は、子どもがかぜをひきやすい時期でもあるので、接種が決まったときに、できるだけ早く接種することがポイントです。予定日に熱が出て受けられなかったとしても、そのあとキャッチアップして接種することが可能です。効果も変わらないので、安心してください。
ただし、病気によっては、予防接種を受けるまで少し時間をあけたほうがいい場合もあります。小児科医やかかりつけ医に、次の接種時期を相談してみましょう。
※ロタウイルスワクチンは接種期間が決められています

そもそも、予防接種のスケジュールはどのように決まりますか?

感染症によって適切な時期になっている

回答:松永展明さん

まず、重篤な感染症にはかかりやすい時期があるので、その前にできるだけ早く接種することがとても大事です。一方で、接種が早すぎると免疫がつかないこともあります。例えば、赤ちゃんが重篤化するといわれる「百日ぜき」のワクチンは、できれば産まれてすぐに接種したい。でも、そこで接種しても効果が少ないのです。効果が出てくるのが生後3か月ごろからであろうということで、接種の時期が決められています。

予防接種で「1か月あけてください」と言われることがありますが、どうしてでしょう。

生ワクチンと不活化ワクチンの違いがある

回答:松永展明さん

予防接種には、「生ワクチン」と「不活化ワクチン」があります。

生ワクチンは、弱いけれど生きているウイルスや細菌を使うワクチンです。

自然感染と同じ状態で免疫をつくるので、十分な免疫がつくまで約4週間かかります。免疫がつく前に他の生ワクチンを接種しても効果が出ないため、次の接種まで4週間あける必要があります。

一方、不活化ワクチンは、ウイルスや菌をバラバラにして感染する力をなくしたものです。

生ワクチンと違い、病気にかかったような状態にはなりませんが、十分な免疫をつけるために複数回の接種が必要です。
不活化ワクチンは、これまで次の追加接種を受けるまで1週間あけることになっていましたが、2020年10月から期間をあける必要がなくなりました。いつでも予防接種できるようになってきた、という利点があります。

産まれたときの体重が2500g未満だったのですが、スケジュール通りに接種してもいいのでしょうか?

小さく生まれた赤ちゃんも月齢通りに接種して大丈夫

回答:松永展明さん

通常通りのスケジュールで問題ありません。例えば、1000〜1500gで産まれてきた赤ちゃんに、同じスケジュールで予防接種をしても、免疫のつき方は変わらないのです。ですので、産まれた時期から見た適切なタイミングで接種するのがよいでしょう。


インフルエンザワクチンは、月齢が低いときに接種しても効果はある?

重い病気にかからないように、予防接種は任意のものを含めてすべて受けさせてきました。でも、インフルエンザワクチンの接種を受けるか迷っています。もうすぐ1歳で、予防接種の案内はあるのですが、「6か月から1歳まではワクチンの有用性に賛否両論がある」とネットなどで見ることがあり、効果があるのか心配です。月齢が低いときに接種しても効果はあるのでしょうか?
(11か月 男の子のママ)

予防接種は重症化するリスクを減らす

回答:松永展明さん

インフルエンザワクチンは、1歳以上に効果があるといわれています。6か月〜1歳に関しては、一定の見解が得られていません。
それでも、保育園などで他の子どもたちとたくさん接触するような場合は、予防接種を考えてください。インフルエンザの重篤な合併症として、脳炎や脳症がありますが、これらは乳児であっても発症します。インフルエンザの予防接種は、感染を完全に防ぐわけではありません。一方で、脳炎や脳症などの重症化リスクを減らすことができます。この1点で、インフルエンザの予防接種でリスクを少しでも下げてあげることは、非常に大切だと思います。

インフルエンザの予防接種は有料ですが、無料の予防接種もあります。その違いはなんですか?

定期接種は公費、任意接種は自己負担

回答:松永展明さん

予防接種には「定期接種」と「任意接種」があります。定期接種は、社会全体を感染リスクから守る観点から、国や自治体が費用を負担します。一方で、任意接種は自分自身を守ることが基本となっているため自己負担です。
個人的には、インフルエンザやおたふくかぜなどは、自分が接種することでいろんな方を守ることにつながると思います。定期接種になり、みなさんが接種できるようになるのが望ましいと考えています。現在、そのような社会の声を反映して、定期接種が増えてきています。

この10年で、定期接種できるワクチンは少しずつ増えています。2020年の10月からは、ロタウイルスも定期接種に含まれることになりました。


予防接種の副反応が心配!

子どもには、できるかぎり予防接種を受けさせたいと思いますが、接種後の副反応が心配です。アナフィラキシー・ショックやじんましん、後遺症が残ることもあると聞きます。接種のときに簡単に説明されますが、もっと具体的に知りたいと思っています。
(6か月 女の子のママ)

私の父は、インフルエンザの予防接種を受けると、次の日からインフルエンザのような症状が出る体質でした。そのため、子どもにも同じような反応が出るのではないかと心配しています。
(11か月 男の子のママ)

副反応とは、本来の目的以外の反応の総称

回答:松永展明さん

副反応とは、予防接種によって起きる本来の目的以外の反応です。もともと、湿疹が出やすかったり熱が出やすかったりする時期に予防接種を受けるので、そのすべてを副作用といってよいのか難しいため、総称して副反応と呼んでいます。

予防接種による副反応

解説:松永展明さん

予防接種による副反応には、よく見られる軽度のものと、まれにしか起こらない重度のものがあります。

軽度では、注射のあとが赤くなったり腫れたりする部分的な反応。インフルエンザワクチンでは、9.1%の確率で見られます。熱が出たり、だるくなったり、頭が痛くなったりする全身の反応も、よく見られる副反応です。MRワクチンでは、18%の確率で起きると言われています。軽度の副反応は、たいていは数日で回復します。

一方、代表的な重度の副反応は、じんましんやしびれ、息苦しさなどが起きるアナフィラキシーです。インフルエンザワクチンで起きる確率は、0.00004%です。筋力が低下したり、足がしびれたりする、ギラン・バレー症候群がインフルエンザワクチンで起きる確率は 0.0001%。けいれんや意識障害などを引き起こすこともある髄膜炎の起きる確率は、おたふくかぜワクチンで 0.01〜0.1% とされています。こうした重度の副反応が起きることは非常にまれで、多くの場合、すぐに適切な治療を受ければ回復が見込めます。

副反応は、すぐに出るものですか?

接種直後に起きる副反応もある。生ワクチンは5日〜1週間後に副反応が出ることも

回答:松永展明さん

すぐに反応が出るものは、接種のあとの腫れや皮膚の赤みなどの局所反応です。夜から翌日にかけて出ることが多いです。体質によって熱が出やすかったり、1度副反応が出た方は腫れやすいなどがあります。また、病院などで接種後30分ほど待つことがあると思います。これは、アナフィラキシーなど、直後に起こる副反応に対応して防ぐためです。
一方で、病原体を弱毒化した生ワクチンは、症状が出るまで5日〜1週間ほどかかる場合もあります。その間は、副反応が出る期間として様子を見る必要があります。

自然感染と予防接種の副反応は、リスクを比較して考える

回答:松永展明さん

自然感染と予防接種のどちらが安全なのかは、それぞれのリスクはどれぐらいかという観点で考えてください。


※国立病院機構 三重病院 庵原俊昭まとめ(2005)

例えば、おたふくかぜの場合。自然感染だと耳の下が腫れる耳下腺炎が 60〜70% の確率で起きるのに対し、ワクチンでは3%です。不妊の原因となる精巣炎は、自然感染だと 20〜40% の確率で起きますが、ワクチンで精巣炎になることはほとんどありません。また、おたふくかぜの後遺症として心配される難聴になる確率は、自然感染では 0.01〜0.5% 、ワクチンではほとんどないとされています。
このようにリスクを比較すると、ワクチンを接種して予防してあげたほうがより安全ではないかと考えています。

同じ日に違った予防接種をしても大丈夫でしょうか? 小さな子にどんどん注射して負担にならないか、それがトラウマになって病院を嫌がるようにならないか心配です。副反応もひどくならないか気になります。

1度に済ませたほうが悪い意識がつきにくいことも

回答:松永展明さん

小児科医としては、赤ちゃんに注射を打ちたいわけではありません。でも、それよりも大事なことがあります。考え方にもよりますが、例えば、注射を4回に分けて毎回泣きながら接種するより、1度に泣いている内に済ませたほうが、赤ちゃんにとって病院への悪い意識がつきにくいのではないかと思います。

同時に接種しても副反応のリスクは同じ

回答:松永展明さん

副反応のリスクは、同時に接種しても、別々に接種しても同じです。同時に接種すると、その回での副反応が出る確率は接種した分の確率が足されて上がります。1度に4回接種すれば、4回分が足し算になると考えてください。間隔をあけて別々に接種しても、接種の回数は同じなので、最終的に副反応のリスクはまったく変わらないと思います。

メリットは適切な時期に早く免疫をつけられること

回答:松永展明さん

同時接種のいちばんのメリットは、適切な時期に、早く免疫をつけることができることです。また、コロナ禍でなかなか小児科に行きにくい状況では、1度に複数のワクチン接種を済ますことで外出の回数を少なくすることもできます。

予防接種の内容を見てみると、ジフテリアや百日ぜきなど、現在は流行していない病気があります。それでも予防接種は必要ですか?

海外から病原体が持ち込まれることもある

回答:松永展明さん

喉元過ぎれば熱さを忘れると言いますが、それらの感染症は、かつて流行して多くの方が亡くなった病気ばかりです。現在は国際化が進み、いろいろな国から病原体が入ってくることも考えなくてはいけません。予防接種率が下がると、必ず感染症が増えてきます。
例えば、麻疹(ましん)・はしかは、10年ほど前から日本国内での流行は抑えられています。


※「麻疹ウイルス分離・検出状況」国立感染研究所ホームページより.2019年は8月14日現在の報告数

しかし、2014年と2019年には、海外の麻疹ウイルスが日本に持ち込まれて流行しました。感染者の多くは、ワクチンの接種率が低い20〜30代の大人だといわれています。このように、決して油断をしてはいけないと考えています。

例えば、水ぼうそうは大人になってかかると重くなる、子どものうちにかかったほうがいい。そのほうが免疫が強くなる、と聞いたことがあります。

複数回ワクチンを接種することで対応できる

回答:松永展明さん

たしかに、病気になって獲得する免疫(自然免疫)のほうが、一気に高くなることがあるかもしれません。ただし、ワクチンも、1回だけではなく、2回接種することによって、しっかりと防御することができるようになります。

病気にかかった後に出る症状もある

回答:松永展明さん

病気にかかると、その後で出る症状もあります。例えば、帯状ほう疹は水ぼうそうにかかったあとになる可能性があります。麻疹(ましん)にかかると、ごくまれに10年後に脳炎になることもあります。そういった病気を防ぐためにも、予防接種が必要だと思います。

ワクチンによってなくなった病気も考えてほしい

回答:松永展明さん

ワクチンによる感染症の予防は、その副反応などが注目されてしまうことがあります。でも、これまでにワクチンが果たした役割についても考えていただきたいと思っています。
例えば、天然痘という非常に重篤な病気は、ワクチンによって世界から根絶することができました。
また、髄膜炎ワクチンといわれる、Hibワクチン・肺炎球菌ワクチンによって、髄膜炎になる子どもがほとんどいなくなっています。この感染症は、前日までは少し熱が出ている程度の子どもが、次の日には意識がなくなり、約5〜10%の方が亡くなり、30%に後遺症が残ってしまうような、本当に怖い病気です。この病気を防げるだけで、小児科医は安心して感染症を見ることができるようになりました。


専門家から
これだけは言っておきたいメッセージ

松永展明さん

コロナ禍で、予防接種に行っていいのか、小児科に行っていいのか、迷うことがあると思います。ただ、予防接種は命を守るために大事なものです。ぜひ、必要な時期に受けていただくほうがいいと考えています。また、ワクチンを接種できない方が一定数います。その方々を守ることにもつながります。自分を守る、そしてまわりの方を含め、社会を守るという意味でも、予防接種を受けてほしいと思っています。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです