みんなどうしてる? 子育てとSNS

すくすく子育て
2020年9月26日 放送

子育てをするとき、SNSを使っていますか? 困ったときはすぐに検索。つらくてしかたないとき救われることも。今回のテーマは「子育てとSNS」。大日向雅美さん、鈴木あきえさん(番組MC)と一緒に、オンラインでママたちの話を聞いていきます。

専門家:
大日向雅美(恵泉女学園大学 学長/発達心理学)

SNSで育児情報を探す

番組では、子育てとSNSについてアンケートを行いました。

その結果、9割近くの人が「子育てでSNSを使っている」と答えています。

利用する目的・理由で多かった答えは「情報収集・情報交換」「悩みや体験の共有」「育児や発達の参考」といった、育児情報を得るため。次に多かったのは「娯楽や息抜き」。主に、育児体験を描いたマンガや絵日記を読んでいるそうです。4コマ育児マンガなど、短時間で読める工夫がされていて、ママたちの気分転換になっています。気になった漫画はパパにもシェア。直接言いにくいママの気持ちをわかってもらう、いいきっかけにもなっているようです。

まずは、SNSでの情報収集について、2人のママに話を聞いていきます。


鈴木あきえさん
今日はよろしくお願いいたします。ふだんはどのようにSNSを使っていますか?

西田さん(1歳3か月 男の子のママ)
Twitterで「#離乳食」や「#育児のヒヤリハット」と検索し、情報を参考にしています。同じ月齢の子どもを育てるパパ・ママとのつながりもあります。例えば、毎月決まった日に、ハッシュタグ「#2019may_baby」(2019年5月生まれという意味)を使って、情報交換をしているんです。いわゆる、ツイオフ(Twitter上のオフ会)です。

中山さん(8か月 女の子のママ)
私はInstagramを使っています。ハーフバースデイのようなお祝いの飾り付けや、育児マンガをよく見ています。同じ年頃の子どもを育てているママたちの情報が、とても頼りになります。

大日向雅美さん
同じ年頃の子どもを持つ親が集ることの、いいところはどんなところかしら?

中山さん
今の子どもの成長を、一緒に共感できる存在がいることですね。ひとりで育児をしていると、娘の成長を見ることができるうれしさの一方で、寂しさを感じたり、育児のしかたが大丈夫か不安になったりします。そんなとき、SNSで同じ月齢の子どもたちの成長の様子を見ると、私と一緒なんだと感じて、仲間意識が芽生えるんです。

鈴木あきえさん
番組のアンケートには「SNSで手の込んだ誕生日会の写真や手作りの洋服を見ると、自分は毎日の育児で精いっぱいで、キラキラがつらく感じた」という意見もありました。いかがですか?

西田さん
コース料理のような離乳食の投稿を見ると、できない自分に落ち込んでしまいそうになるので、あまり見ないようにしています。

中山さん
特にInstagramは、「日常のベストシーンを切り取っているんだ」と思うようにしています。やっぱり、つらいときに目に入ると落ち込んでしまいます。でも、みんな頑張っている上で、キラキラした姿があるんだと思います。

鈴木あきえさん
私もひとりで授乳しているときに、パパと育児をしている投稿を見ると少し落ち込むこともありましたね。
アンケートには「SNSでストレス発散・愚痴をはく」という回答もありましたが、いかがですか?

西田さん
例えば、お昼寝でなかなか寝てくれなかったとき、子どもが悪いわけではないのにちょっとイライラしてしまったり、夫が育児を手伝ってくれるのはうれしいけど、もうちょっとこうしてほしいなと思ったり。本人に言うほどではないけど、何かもやっと残る気持ちをSNSでつぶやいたりしますね。

鈴木あきえさん
ありますよね。つぶやくと多少すっきりしますか?

西田さん
文字にすることで、客観的に自分を見つめ直すことができると思います。こういうことでイラッとしていたんだとか。気持ちもすっきりする気がします。

中山さん
自分でつぶやかなくても、同じような気持ちを発信している投稿を見ると、一緒に気持ちを消化できますね。特に漫画です。「ああ、このもやっとした気持ち、一緒だな。私のもやっとも飛んでいけ」といった感じで読んでいます。

大日向雅美さん
お二人とも、子どもの発達の個人差が大きい時期ですよね。何がスタンダードかわからなくて、焦ったり、不安になったりすることはありませんか?

中山さん
同じ8か月でも、同じ成長をしている子が見当たりません。それぞれみんな違うと理解せざるをえないので、焦る必要もないんだなと思えます。

西田さん
うちの子は1歳3か月ですが、まだ歩いていないんですね。この月齢でも歩かない子がいることは、頭ではわかっているけど、街中に出ると同じぐらいの子が歩いていて。そんなときにSNSを見ると、同じような不安を感じている人がいることがわかって、ホッとしたり、励まし合ったり、救われています。

大日向雅美さん
SNSの情報のキーワードは「救われる、ホッとする」なのかもしれませんね。


どうしてSNSで育児情報を探すのか

どうしてSNSで育児の情報を集める親が多いのでしょうか。孤立をテーマに人間関係を研究している石田光規さんは、今のママたちが置かれている状況の厳しさを指摘しています。

解説:石田光規さん(早稲田大学 文学学術院 教授/社会学)

子どもが生まれる前後の母親は、本当に人生が一変するぐらいのことを経験されると思います。でも、意外と事前情報を教えてくれるところがなく、自分の親に育児をサポートしてもらう方も減っています。そのため、自分自身で情報を探して、自分にとっての育児の環境を自分で作らなくてはいけないのです。
以前は、例えば公園に行って、同じような立場の人を見つけて、声をかけながら徐々に関係を作っていたと思います。あるいは、役所に電話をしたり、問題に応じて窓口を調べたり、なかなか障壁が高い場合もあった。これがSNSでは、問題を解決するための情報を探すことが、スマホ1台で済んでしまうわけです。そのため、とても使われているのではないかと思います。


SNSで情報を探すときのポイント

情報を集めたいとき、SNSは強力なツールになります。しかし、番組アンケートには「探し出したらきりがなく、情報迷子になってしまう」「情報の取捨選択が難しい」といった戸惑いの声も寄せられています。
インターネットの情報の取り扱いにくわしい小木曽健さんに話を聞きました。

解説:小木曽健さん(情報リテラシー専門家)

みなさん、子どもに関わる情報にはとても気を遣うと思います。でも、多くの人が気を遣う分野は、フェイクニュースが拡散しやすい分野でもあるのです。情報を選ぶときは、その情報が広がることで「誰が得をするのか」「誰が損をするのか」「どんなねらいがあるのか」「科学的な根拠はあるか」に注意することがポイントになります。教育や育児についての情報は、気をつけたほうがよいでしょう。

自分が情報を発信するときにも注意が必要です。例えば、写真にはいろいろな情報が含まれているので、もし人に知られたくないものがあれば、写り込んでいないか確認しましょう。
特にトラブルが起こりがちなのは、家族以外の人が写っている場合です。例えば、子どもの友達におやつをあげるときは、「この子の家は甘いものはよかったかな?」など、気遣いや確認をすると思います。同じように、「この子の家はネットに写真をあげていたかな、ネットの中で名前を書いていたかな?」といった気遣いをすれば、トラブルを避けられると思います。

SNSは子育ての情報を得るための大事なツールだからこそ、細心の注意が必要なんですね。


SNSのつながりに救われたママたち

SNSで情報を探すだけでなく、SNSのつながりに支えられているというママたちがいます。2人のママに話を聞きました。


鈴木あきえさん
今日はよろしくお願いいたします。SNSのどんなところに支えられていますか?

青木さん(2歳 双子の女の子のママ)
双子の育児の情報は、なかなかないんですね。そこで、困ったときにはSNSでつながった双子のママたちに相談しています。例えばベビーカー選びです。駅のエレベーターや車のトランクに入るかどうかなど、情報を交換して助け合っています。

かねもとさん(小学2年生 男の子・年少 女の子のママ):
結婚と同時に家族も知り合いもいない土地に移り住んで、アウェイ育児を続けています。夫以外に話し相手もいなくて、SNSのつながりに支えられてきました。子育てのつらい気持ちをつぶやくたびに、他のママたちの共感や励ましの声に助けられてきました。

鈴木あきえさん
SNSでのつながりをどう思いますか?

かねもとさん
リアルでは、自分と同じ悩みを持つ方と知り合うのは、時間もかかり難しいこともあると思います。SNSだと、マイナーなトラブルやささいなことでも、同じような悩みを持つ人をすぐに見つけることができます。そのスピード感や、物理的な距離に関係なく話せるところがメリットだと思います。

青木さん
双子だと、特に小さいときは外出ができなくて、あまりママ友と呼べる人がいませんでした。外出しても、なかなか多児育児をされている方に会うことができません。でも、SNSに双子の会のようなものがあるんです。毎月決まった日に自己紹介したり、交流することができます。

鈴木あきえさん
リアルなママ友よりも、SNSのほうがつながりやすいと思いますか?

かねもとさん
例えば、面と向かって相談しにくいことでも、SNSで顔が見えない相手だからこそ本音が言えるところがありますね。反応がなくても、気持ちを文字にするだけですっきりして気持ちが楽になるのがいいなと思います。

大日向雅美さん
リアルに話し合っていると、相手の表情や声の調子などの反応が気になりますよね。SNSだと、反応を気にしなくてもいいし、反応があればうれしくも感じるわけですね。


漫画家のかねもとさんは、3年前、2人の子どもの夜泣き体験をもとにしたマンガをTwitterに投稿しました。

タイトルは「夜泣き小屋」。夜泣きがつらいときに、ママたちが集まる「場所」を描いた物語です。どんなに赤ちゃんが泣いても誰も気にしない、たあいない話をしながら、ただ一緒に過ごす。そこにいれば自分と同じように頑張っているママたちがいて、ひとりじゃないと思える場所です。
孤独を感じているママたちを思っての投稿でした。

かねもとさん: 
私にとって、いちばんつらい出来事のひとつが夜泣きでした。夜、まわりは静かで、仕事で疲れている夫を起こすのも気が引けて、本当に孤独感が強かったですね。夜泣きの赤ちゃんをだっこしているママがどこかにいるはずだけど、家の中ではひとりぼっち。そんなママたちが会えたらいいのに、と思ったのが描いたきっかけでした。

鈴木あきえさん
「夜泣き小屋」を投稿した後、反響はいかがでしたか?

かねもとさん
想像以上の反響がありました。子育て真っ最中のママたちや、もう子どもが就職したというママまで、いろんな話を聞きました。夜泣きの経験は、何年経っても忘れられないんだと痛感しました。

青木さん
夜泣きは、もう記憶にないぐらい大変でした。夜中に授乳しながら、SNSで同じように起きているママがいることを確認して、自分を勇気づけていました。この世界で自分だけじゃない、自分だけがつらいわけじゃないと思えるんです。

鈴木あきえさん
そうですね。同じママが遠くにでもいると知ることは、本当に大きいことなんですよね。


大日向雅美さん
児童館や子育て広場、自治体が主催している双子ちゃんの会もあると思います。SNSがあれば、リアルな関係や集まりは必要ないと思いますか?

かねもとさん:
もちろん、顔を見て話すよさがあると思います。SNSでは、その話題については話すけど、別の話題に変わることはあまりないんですね。1時間ぐらい一緒に話をして、話題がいろいろと変わって、その中での気づきはリアルのほうが多いと思います。

大日向雅美さん
私も子育て広場をやっているのでホッとしました。SNSはテーマの深掘りに、思いがけない話題の発展や出会いはリアルのほうが向いているわけですね。

鈴木あきえさん
一方で、SNSを使うことによって、誹謗中傷や悲しい言葉を目にするなど、マイナス面もあるとは思います。どんなふうに向き合っていますか?

かねもとさん
自分の気持ちや行動だけで回避することは難しいので、ブロックや通報のようなSNSの機能を使っています。例えば、道を歩いていて危険だと感じる人を避けたり、危ない場所には行かないようにすることと同じです。機能を使って、マイナスな部分にあわないようにする方法がいちばんかと思います。


青木さん
最近は、「双子を産みました」と投稿している人がいたら、双子のママたちが教えてくれることがあります。フォローをつなげて、悩んでいることがあれば私の経験を伝えたりしています。双子のママたちの連帯感があると思います。

かねもとさん
住んでいる土地には知り合いがいないのですが、SNSの中では8年前から交流しているママもいます。SNS上でも、毎日子どもの成長を見ることができるので、新しいママ友とのつきあい方だと感じています。


SNSのつながりと実生活での人間関係との違い

番組アンケートにも、SNSのつながりに救われたという声がたくさん寄せられています。

SNSで同じ月齢の子を持つママさんと話をしています。夜中でも誰かしら授乳で起きているので、つらいときにリアルタイムで悩みを話せて助かっています。
(3か月 男の子のママ)

深夜に夜泣きで子どもが起き、同じように悩んでいる投稿を見ました。みんな頑張っているのだなと励まされ、孤独な夜が少し和らぎました。
(11か月 男の子のママ)

子育てで感じる孤独が和らいだというのです。SNSのつながりは、実生活での人間関係と何が違うのでしょうか。石田光規さんに伺いました。

解説:石田光規さん(早稲田大学 文学学術院 教授/社会学)

リアルな友達のような人間関係は、プラスの要素で成り立っている面があります。そのため、できるだけ明るい雰囲気を崩していけない、マイナスな要素を出してはいけない、迷惑をかけてはいけないと思うのではないでしょうか。リアルな友達だからこそ、かえって悩みを共有しにくく、助けを求めずに自分で何とかしようとする。
一方、SNSでは悩みや問題の共有から人間関係が始まる側面があります。双子であったり、発達の心配であったり、いろいろな問題に細かく分かれて、同じような境遇の人たちと結び付くことができるのが大きな利点だと思います。


同じ悩みを共有できるのがSNS

子育てで行き詰まったとき、同じ悩みを共有できるのがSNS。 番組アンケートに届いた声を紹介します。

映える写真が多いインスタで、映えない離乳食の記録を投稿しています。彩りが悪くても、ベビーフードでもいいじゃないと、料理苦手なママたちと励まし合っています。
(11か月 女の子のママ)

下の子に生まれつき病気があり、情報収集のために始めました。全国の同じ病の子を抱えるママたちと交流をして、大事な仲間だと勝手に思っています。
(1歳6か月 女の子・3歳9か月 男の子のママ)

直接的な交流をしなくても、眺めるだけでもいいので1人にならない。しんどいことやうれしいことに「いいね!」をもらえると頑張ろうって思える。
(3歳7か月 男の子のママ)

今の子育ては、SNSのつながりに支えられているんですね。


ママたちとの話を終えて

鈴木あきえさん
同じSNSでも、人によって使い方が違って興味深かったですね。やっぱり、SNSに救われている部分がたくさんあると改めて思いました。ママたちといろいろな話をしてきましたが、どのように感じましたか?

大日向雅美さん
世の中には「SNSばかりを見ないで、ちゃんと育児をしなさい」という批判もありますが、実際は違いますよね。新型コロナの影響で、以前のような直接会う人間関係が難しくなっている中で、新たなコミュニケーションを作ることが課題になっています。SNSは、柔軟な人間関係を深めていくチャンスにもなる、新しいツールだと思いました。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです