すぐできる! ラクラク入園グッズ(2)
タオルエプロン

まいにちスクスク
2020年1月28日 放送

春から入園。子どもの成長はうれしいですが、用意したり作ったりするものがたくさんあって大変です。そこで、入園グッズの簡単な作り方を紹介します。
今回は「タオルエプロン」です。端の処理がいらないからすぐにできます。

講師:
いしかわまりこ(造形作家)
手作りだから、子どもの気に入るものが作れます。忙しくて時間がなくても、裁縫が苦手でも、簡単にできるアイデアがあります。

タオルエプロン①

タオルにヘアバンドを縫い付けるだけで簡単にできます。

<材料>

  • フェイスタオル
  • ヘアバンド(ゴムがきつくないもの)

<作り方>

ヘアバンドの両端が、フェイスタオルの短い辺の角に合うように、ヘアバンドを伸ばして縫い付けます。縫うときにヘアバンド とタオルがずれないように、待ち針で留めていきましょう。

ヘアバンドを伸ばしながら、留める場所をつまみます。

つまんだところを待ち針で留めます。両端を含めて3~4か所、待ち針で留めておきます。

次に、タオルとヘアバンドを縫い付けます。ヘアバンドを伸ばしながら縫って、ずれないように気をつけましょう。

縫い終わったら、ヘアバンドをひっくり返します。

これで完成です。

使うときは、ヘアバンドを頭に通すだけ。タオルの部分を伸ばしてナプキンのように使うこともできます。

タオルスタイ

フェイスタオルをハンドタオルに変えるとスタイになります。
作り方は全く同じです。


タオルエプロン②

もうひとつ、簡単に作れるエプロンを紹介します。

<材料>

  • フェイスタオル
  • カラーひも(150cm)
  • フェルト、ボタン(飾り用)

<作り方>

タオルの角を、12cmくらいのところで折ります。

折り目から内側2cmのところを縫います。


裏返して、下の部分を角に合わせて折り返します 。

さらに、下の辺に合わせて折り返します。
真ん中と両端(赤い部分)を縫ってポケットにしましょう。

ポケットの部分に、フェルトやボタンを飾り付けます。

続けて、割り箸にセロハンテープでカラーひもをつけて、ひもを通します。
ひもの両端は結んでおきましょう。

これで完成です。
丸めてゴムで留めれば、持ち運びにも便利です。


タオルエプロンは、材料があれば5分程度でできる優れものです。
ぜひ、作ってみてください。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです