どうする? 子どもの一時保育

すくすく子育て
2020年3月14日 放送

一時保育に預けることで、子どもの心にはどんな影響があるのでしょうか?
「一時保育を利用したときに大泣きしてしまった」
「預けることで、心理的に悪影響はないの?」
「ずっと家で親とだけ過ごしていて、社会性は身につくの?」
子どもにとって一時保育はどんな経験なのか、専門家と一緒に考えます。

専門家:
草川功(聖路加国際病院 小児科医長/全国保育サービス協会 会長/小児科医)
大豆生田啓友(玉川大学 教授/乳幼児教育学)

一時保育で大泣き。子どもの心にはどんな影響があるの?

初めて一時保育に預けたのは3、4か月のとき。そのころは泣くこともなく安心して預けられたのですが、9か月ごろになって同じように預けると、なぜか大泣きしてしまいました。その後、後追いが増えて甘えるようになったと感じています。今は、一時保育の利用をためらっています。親と離れることは子どもの心にどんな影響があるのでしょうか。
(1歳 男の子のママ)

9か月くらいはちょうど人見知りや後追いの時期。

回答:草川功さん

ちょうど9か月くらいは、人見知りや後追いが非常に強くなる時期です。お母さんがトイレに行くだけでも後追いをして泣くこともあります。そんな時期に、お母さんと離れることで少し不安になって大変だったかもしれませんね。しかし、子どもはどんどん成長していきます。今はそういう時期だと考えましょう。


一時保育、子どもにどう影響するの?

一時保育に預けられることは、小さい子どもにとってどんな経験なのでしょうか。
子どもの愛着関係の形成や社会性の発達に関する研究をしている、遠藤利彦さん(東京大学大学院教授/発達心理学)にうかがいました。

一時保育などで、子どもが親以外の大人と出会って関係をつくる経験は、子どもの育ちにとって、とても貴重な機会になるといえます。基本的に、子どもは自立性を身につけていくことが重要ですので、同じくらいの月齢・年齢の子どもと一緒に遊ぶなど、いろいろな人と出会う機会を徐々に増やしていくのは必要なことです。
(遠藤利彦さん)

子どもには、親など特定の大人に甘えて愛着関係をつくっていくことと同時に、特定の人以外との人間関係をつくって社会性を育てていくことも大切です。この2つの関係をつくりながら、子どもは成長していきます。

親など特定の人と離れても大丈夫、というタイミングは、とても個人差が大きいので、その子の個性に合わせて様子を見てあげてください。人見知りの子、親から離れると感情が崩れやすい、泣きやすいというのは、その子の個性として受け止め、その子に無理のないペースで少しずつ離れられるように心がけていくといいでしょう。
重要なのは、預けることで「かわいそうな思いをさせない」ことではなく、子どもの感情が一時的に崩れたときに、それを立て直して「安心感を与えてあげる」ことです。確実に安心感を与えることで、子どもは状況に慣れ、行動範囲を広げられるようになっていきます。
(遠藤利彦さん)

例えば、「5時になったら迎えにくるよ」と約束をして、約束の時間どおりに迎えに行く。そのあとは親に甘えられる時間をとる。こうした経験を通じて、子どもは親への信頼感を深めていきます。関係ができていくにつれ、子どもは徐々に親から離れられるようになっていくのです。

預けることで、ほかの子どもや親以外の大人との関係を持つことができます。

コメント:大豆生田啓友さん

子どもを預けると、「子どもが親と離れることで不安になってしまう」という情報をインターネットなどで目にしている方も多いかもしれません。しかしそこはあまり心配せず、子どもが泣いたあと、しっかり受け止めていけば大丈夫だと思います。
また、子どもが他の子へ関心を高めていく、という点でも、預けることはとても大事な機会にもなります。保育者など親以外の大人との関係を持つことも大切です。

子どもは成長や発達とともに変化していきます。心配な時には小児科医に相談を。

コメント:草川功さん

子どもは成長や発達とともに、どんどん変わっていきます。言葉が出てくると、またさらに変わっていきます。個人差がありますので、成長、発達の様子は一人一人をよく見ていただければと思います。
ただ、何度も同じ場所に預けていても、ずっと激しく泣いてしまうなど、心配がある場合には小児科医に相談をしてみることをおすすめします。「預けるのはもう少し待ったほうがいい」「今は集団のところよりも少人数の静かなところのほうがいい」など、発達や成長を加味しての助言がもらえるかもしれません。


一時保育にはどんな種類があるの?

今後は一時保育、行政や地域のサービスを利用してみたいのですが、どんな種類があるのですか? それぞれ、目的に合った使い方なども知りたいです。
(1歳11か月 女の子、4か月 男の子のママ)

大きく分けて2つあります。施設に預けるか、個人宅でみてもらうことができます。

回答:草川功さん

一時保育は大きく分けると2つに分かれます。1つは施設に預けてグループで子どもをみてもらうタイプ、もう1つは個人宅などで1対1、もしくはきょうだいを一緒にみてもらうタイプがあります。

施設に預ける場合は、ほかの子どもたちと遊ぶことができ、また、複数の保育者にみてもらえるので、子どもと相性の合う保育者を探せる、などの特徴があります。
個人宅の場合は、慣れた空間の中、落ち着いた雰囲気で、その子のタイプに合わせ、ていねいに見てもらえるという特徴があります。

認可保育園など公共の施設に預ける場合、料金は安いのですが、混んでいて予約がとりにくい場合があります。認可外保育園の場合には、予約は比較的とりやすいことが多いようですが、料金が高くなります。地域によって違いがあるので、料金や予約方法、混雑状況についてチェックしておいたほうがよいでしょう。

べビーシッターなど個人宅でみてもらう場合には、預ける相手がどのような人か、事前に会って確認しておきましょう。自宅も下見をしてもらって説明をしておくことが必要になります。時間がない時にも、実際に預ける前にそれだけはやっておいていただきたいと思います。

可能であれば、事前に複数のサービスについて調べ、登録しておくとよいでしょう。


一時保育を利用するときの注意点は?

一時保育を利用したいと思っているのですが、実際に利用するときにはどのような点に注意すればいいのか教えていただきたいです。
(7か月 男の子のママ)

子どもの体調に気をつけて、体調が悪いときには無理せずキャンセルを。

回答:草川功さん

子どもが元気なときにはいいのですが、やはり体調には気をつけたいですね。体調が悪いときに預けると、子どもにとって「一時保育はつらいもの」という体験になってしまうこともあります。預けることが決まっていても、もしその日に子どもの体調が悪い場合には、無理をせず、親の予定を変えられないかなどを探ってみて、キャンセルすることを検討してください。

保育中の子どもの様子を教えてくれる預け先だと安心です。

回答:大豆生田啓友さん

保育中の子どもの様子をていねいに伝えてくれるかどうかは大きなポイントです。子どもがどんな気持ちでどのように過ごしていたかを知ることができると安心ですね。また、保育施設の場合には、可能であれば、実際に預ける前に親子で一度訪れてみて、安心して過ごせるかどうかをしっかり確認することが大事なことだと思います。

いろいろな情報をみて保育施設を探すだけでも大変。いい探し方はありますか?

住んでいる地域の「子育て支援の相談窓口」で、ニーズに合う保育を探しましょう。

回答:草川功さん

地域によって違いますから、まずは住んでいる地域の行政の窓口に相談に行くのがいいと思います。今、育児支援の窓口は充実してきています。中でも、「子育てコンシェルジュ」や「子育てコーディネーター」などと呼ばれている子育て支援の相談窓口では、親子のニーズに合った保育の種類や内容などを案内してくれます。


「子育てコンシェルジュ」って、どんなサービス?

1歳5か月の息子を習いごとに通わせたいと考えているママ。子どもが少しでも親から離れると泣いてしまう状態で、このまま習いごとをはじめられるのか不安を感じていました。

そこで、自治体が運営する子育ての相談窓口に相談することにしました。

ここでは、元保育士などで構成された子育て相談員がさまざまな子育ての悩みにこたえてくれます。
2015年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、全国の自治体でこうした相談窓口が設けられ、「子育てコンシェルジュ」などと呼ばれています。

相談員「子育て体験事業とか、そういうものでママに見守られながら同じ年齢の子どもと遊んでみる。まず、そういう経験をされてもいいのかな」
ママ「ぜひ利用したいです。それは⋯」

親子で保育を体験する会や一時保育の施設などを教えてもらうことができました。 
窓口では、日ごろの子育てで感じる不安や悩みなどの相談にもこたえてくれます。

ママ「心配なことをとにかく全部聞いていただいて、それだけでもとてもスッキリしました。アドバイスいただいた内容も知らないことばかりで、とても参考になりました」

それぞれに合った地域のサービスを使うために、ぜひ相談窓口を活用してください。

コメント:大豆生田啓友さん

住んでいる地域にどのようなサービスがあるかを調べるのもなかなか手間がかかりますので、よく知らないという場合も多いですよね。こうした窓口の方は、その地域で受けられるサービスについて詳しいので、それぞれのニーズに合ったサービスを紹介してくれます。ぜひ活用していただければと思います。


はじめての一時保育体験レポート

1歳5か月の男の子の、初めての一時保育の2時間をレポートします。

ママにだっこされ、パパも一緒に保育施設に来たものの、親子ともに少し緊張気味。
子どもは、保育士さんにだっこされると泣き出してしまいました。泣いているわが子のことが少し心配になりますが、ママとパパはここで別れます。

ママ・パパと別れて泣いていましたが、部屋をのぞいて中に入るとすぐに泣きやみました。

見たことのないおもちゃでお姉さんたちが遊んでいる様子を興味津々で見つめています。

保育士さんと遊び始めると、楽しそうな笑顔が見られるようになりました。
車のおもちゃを見つけて自分から取りに行って遊んだり、お姉さんたちとも一緒に遊んだりしました。

お姉さんたちが帰る時間になると、ぐずり出しました。
どうやら眠くなってきたようで、保育士さんにだっこされると寝てしまいました。

2時間後、お迎えの時間になりました。

保育士「いろいろなものに興味・関心があるのか、ずっと泣いてるというわけではありませんでした。落ち着いて過ごせましたが、最後は眠くて泣いてしまったようです。眠ることができるのは、身をまかせてくれている証拠なので、はなまるですね」

ママ「別れたあと長泣きしなかったようで、成長したんだなと思います。複雑で寂しい気持ちもあります。一時保育にネガティブな気持ちを持っていたのは私なのかなと思いました」

「今日は預けるんだ」と、気持ちを切り替えて預けましょう。

コメント:大豆生田啓友さん

子どもを預けるとき、親が預けることを不安に思っていると、子どもにもその気持ちが伝わります。「今日は預けるんだ」と気持ちをしっかり決めて、切り替えたほうが子どもも落ち着くかもしれません。
今回のレポートのようなケースはとても多いと思います。親からすると、別れ際にあれだけ泣いていたのだから、預けている間はずっと泣いているのではないかと心配になるのですが、意外と子どもは子ども同士で遊んだり、ほかの大人に甘えたりすることも楽しんで過ごせることが多いようです。

預けたあとは、リラックスして一緒にゆっくりと過ごせるよう心がけてください。

コメント:草川功さん

子どもは保育されている間、気を張りつめて一生懸命過ごしています。大人でいうと仕事で疲れて帰ってくるようなものだと思ってください。お迎えに行って家に帰った後は、あまり頑張ってあれこれと遊んであげようとせずに、リラックスして一緒にゆっくりと過ごすということを心がけるといいと思います。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです