お着がえサポート(3)
上着のお着がえサポート

まいにちスクスク
2018年8月1日 放送

赤ちゃんのときから毎日繰り返す“お着がえ”。子どもが服に興味を持って、自分でできるようになるといいですよね。そこで、保育園での取り組みを見ながら、子どもが喜ぶお着がえのサポートを紹介します。
今回は、上着を着るときのサポートです。

講師:
鈴木八朗(くらき永田保育園 園長)
子どもたちが、遊びや生活を通してできることが増えて、いつのまにか服を着られるようになる。それが、子どもにとってもいちばんいいことです。「いつまでにこれができないといけない」ということはありません。

ファスナー付きの上着のサポート

2歳ぐらいになると、物をつまんだり、引っ張ったり、手先が器用に動くようになってきます。こうした動作が見られるようになったら、ファスナー付きの上着にチャレンジしてみましょう。

サポートのポイント

「ジャンパー着ようか」と声をかけたら、服全体の形がわかるように、上着を広げて見せてあげます。全体を見せることで、どこから腕を通すのか理解しやすくなります。

まだ、自分でファスナーの引き手部分をかみ合わせるのは難しいので、代わりにつけてあげましょう。

ファスナーを上げるときは、上着のすそをそっと引っ張って、引き上げやすいようにサポートしてあげます。

できたら、目を合わせ、できたことを認めて褒めてあげましょう。

子どもの“困っている”に対して、手伝ってあげる思いがあれば大丈夫です。いろいろな服の形もあるので、困っていることは手伝って、できることは見守りましょう。
(鈴木八朗さん)


はさみっこ遊びで練習しよう

ファスナーをつまんで引き上げる動作は、親指、ひとさし指、中指に力を入れて思い通りに動かす力が必要です。

そこで、保育園では洗濯バサミを使った「はさみっこ」遊びで、この動作を身につけるようにしています。

板の周りに、洗濯バサミではさんで遊びます。「はさむ」遊びを通して学んだ指先の使い方が、ファスナーをつまんで引っ張り上げる動作につながっていきます。

洗濯バサミをつなげるだけでも、指先を使う力がつきます。


スナップボタンの上着のサポート

スナップボタンがついた上着の場合、どのようなサポートをすればよいのでしょうか?

まずは、大人が着るところを見せるだけでもOK。子どもは大人の様子を見て、やり方を学んでいきます。
大好きなママ・パパが、楽しそうに見本を見せてあげると、子どももやりたくなるんです。


くっつけ遊びで練習しよう

スナップボタンをとめる練習ができるのが「くっつけ」遊びです。
フェルトの両端にスナップボタンを付けたものを用意します。

くっつけてつなげたり、形を作ったりして遊びます。自然と指の力が身について、スナップボタンがつけられるようになりますよ。

楽しみながらお着がえサポート。ぜひ、お家で試してみてくださいね。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです