すくすくアイデア大賞2017傑作選(1)

まいにちスクスク
2018年7月2日 放送

2017年に放送した「すくすくアイデア大賞」の中から、もう一度見たい作品をご紹介します!


誰が出るかな♪ 親戚サイコロ

東京都 片桐さん

最近、おしゃべりが上手になった長男(2歳10か月)。パパとママの実家は遠く、年に1度しか帰りません。そのためか、親戚の顔と名前が一致しないので、何とかできないかと考えていました。

そこでママが考えたアイデアがこちら!

おじいちゃんおばあちゃんをはじめ、親戚の写真を貼ったサイコロなんです!
遊びながら顔と名前を覚えることで、親戚になじんでくれるのではないかと考えたんです。


使うときは、「誰が出るかなぁ~」と言いながらサイコロを振り、「これは誰だ~」とクイズを出します。 正解すると子どもも大喜びです。
これで親戚の顔と名前を覚えてくれました。


お口の中身はなんだろな♪

愛知県 小出さん

子どもは嫌いな食べ物を、なかなか食べようとしませんよね。

そこでママが考えたアイデアがこちら!

スプーンに好きなものと嫌いなものを一緒に乗せて「お口の中身はなんだろな~♪」と歌います。

すると、リズムに合わせて、そのまま楽しく食べてもらえます。
子どもが嫌いなものを思わず食べちゃうアイデアなんです。


楽々!赤ちゃん爪切り

千葉県 岡田さん

元気いっぱいの娘(6か月)は、爪切りが大嫌い。爪を切ろうとすると、泣いて逃げようとしたり、爪切りはさみを手で持ってしまったり、いつも“危ない”と感じていました。

そこでママが考えたアイデアがこちら!

「シューシュー」と言いながら爪を切ることなんです!
こうすると、おとなしく爪を切らせてくれます。

でも、ほかの子どもたちにも効果があるのでしょうか?

爪切りが苦手だという9人の赤ちゃんに集まってもらい、「シューシュー爪切り」に挑戦してもらったところ、効果が実感できたという人は、9人中6人でした!
みなさんも試してみてくださいね。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです