5分でできる! 布おもちゃ(3)
手袋で作るおもちゃ

まいにちスクスク
2018年6月13日 放送

子どもは柔らかいおもちゃが大好きです。そこで、肌触りのよい、布おもちゃを作っちゃいましょう! 材料は、ヘアバンドや靴下など、ほとんどが100円ショップでそろうものばかり。
今回は、手袋で作る「キョロキョロおばけちゃん」と「おすしセット」を紹介します。

講師:
いしかわまりこ(造形作家)
縫うところが少ない布おもちゃ。しかも型紙がいらないんです。ママやパパも5分でできる、簡単アイデアをご紹介します。

キョロキョロおばけちゃん

<材料>

用意するのは、手袋、綿、目玉のボタン、フェルト(ピンク)です。

<作り方>


手袋の親指と手首の部分を、内側に入れます。


手袋に綿を詰めます。
指の部分まで、しっかり詰めてください。

親指の部分から縫い合わせていきます。

図のように、右側を拾って、左側を拾って、これを繰り返して縫っていきます。
縫い目が見えにくく、きれいに閉じることができます。

手首の部分まで縫ったら、しっかり玉留めをします。

目玉のボタンを縫い付けて、接着剤で固定します。

ピンクのフェルトは舌になります。
真ん中に縫い目をつけながら、縫い付けましょう。

これで完成です。

遊んでみよう

キョロキョロとした目が印象的なおばけちゃん。
“いないいないばあ”をしても楽しいですね。

カンタン・アレンジテクニック

手袋の色や指の数を変えると、いろんなおばけが作れますよ。


おすしセット

続いて、手袋の指を使ったおもちゃを作りましょう。

<作り方>

手袋の指の部分を切り取って、綿を入れて縫い閉じます。
すると、おすしのご飯のようになります。

赤いフェルトをつけると「マグロのにぎり」のできあがりです。
ほかのおすしのネタも、フェルトで作ってみましょう。

遊んでみよう

おすしセットは、ごっこ遊びにピッタリです。
おばけちゃんたちと一緒に、みんなで楽しくおすしパーティをしましょう。


今回のおもちゃは、手袋の形を生かして作りました。
ぜひ、親子で遊んでみてください。
※小さな部品は誤飲の危険がありますのでご注意ください。必ず保護者の方と一緒に遊ぶようにしてください。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです