パパにもできる! 子ども弁当(4)
大人もうれしい 親子弁当

まいにちスクスク
2017年8月3日 放送

料理ビギナーのパパでも大丈夫! 子どものお弁当作りに挑戦してみよう!
今回は、大人もうれしい和風のお弁当。大人も子どももおいしく食べられる、めかじきの照り焼き弁当です。大人の分も、同時に作ってみましょう。

めかじきの照り焼き弁当

講師:栗原心平(料理家)

めかじきの照り焼き

メインのおかず、めかじきの照り焼きを作ります。
魚が苦手な子どもでも、照り焼きにするとおいしく食べられますよ。

<材料(作りやすい分量)>

めかじき(切り身)
3切れ(150g)
小さじ1/3
かたくり粉
適量
しょうゆ、みりん
各大さじ1
砂糖
大さじ1/2
サラダ油
小さじ1

<作り方>

めかじきの切り身を塩で下味をつけ、かたくり粉をまぶしつけます。
かたくり粉をつけるとき、ぎゅっとにぎるのがポイントです。
余分な粉が浮かなくなり、から揚げなどでも、カリカリ感が長持ちします。

余分な粉をはたき、油を熱したフライパンで、中火で両面に焼き色をつけます。

ある程度焼き目がついて、硬くなり火が通ったら、調味料(しょうゆ、みりん、砂糖を合わせたもの)を入れます。
ゆすりながら、とろみがつくまで煮詰めたらできあがり。


いんげんのごまあえ

続いて、いんげんのごまあえを作ります。
めんつゆ、砂糖、すりごまを合わせたあえごろもは、とっても簡単。
オクラやブロッコリーなど、どんな食材でも、ごまあえができあがりますよ。

<材料(作りやすい分量)>

いんげん
10本
めんつゆ(3倍濃縮)
小さじ2
砂糖
小さじ1
黒すりごま
大さじ1

<作り方>

まず、いんげんの筋を取ります。

塩を入れてわかした湯で、さっとゆでましょう。

流水で冷まし、食べやすい大きさに切り分けます。

めんつゆ、砂糖、黒すりごまと混ぜ合わせたらできあがり。


きんぴらごぼう

そして、定番のきんぴらごぼうです。

<材料(作りやすい分量)>

ごぼう
150g
にんじん
150g
しょうゆ
大さじ1・1/2
みりん
大さじ1
砂糖
大さじ1/2
ごま油
大さじ1
白いりごま
大さじ1

<作り方>

ごぼうと、にんじんを、斜めに薄切りにします。

<パパにもできる!ワンポイント>
きんぴらごぼうと言えば、ささがきや千切りをイメージしますが、そうじゃなくてもOK。ごぼうも、にんじんも斜め薄切りで大丈夫です。薄く切れば、味がしみこんでおいしく仕上がります。

ごぼうはあくを抜き、水を切っておきます。
ごま油で、中強火で炒めましょう。

にんじんを加え、さらに炒めます。
しんなりしたら、調味料(しょうゆ、みりん、砂糖を合わせたもの)を加え、水分がなくなるまで炒め煮にします。

白いりごまを加えて、混ぜ合わせたらできあがり。


クリームチーズちくわ

最後に、クリームチーズちくわを作りましょう。

<材料(作りやすい分量)>

ちくわ
2本
ハム(みじん切り)
1枚(10g)
クリームチーズ
大さじ1

<作り方>

まず、ハムをみじん切りにします。

ハムとクリームチーズを混ぜ合わせましょう。

これを、オーブン調理用ペーパーで包みます。
ペーパーを、チューブのような絞り出す道具として使います。
先端を少し開けておきましょう。

ちくわに差し入れ、穴の中に絞り入れたらできあがり。


盛りつけ

クリームチーズちくわを、子ども用、大人用、それぞれの弁当箱に合わせた大きさに切ります。

ごはんを先に入れて、具材を詰めていきましょう。

それぞれの弁当箱に盛りつけたら完成です!

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです