パパにもできる! 子ども弁当(1)
はじめてのパパ弁当

まいにちスクスク
2017年7月31日 放送

料理ビギナーのパパでも大丈夫! 子どものお弁当作りに挑戦してみよう!
今回は、入門編。小さな子どもでも食べやすく、簡単に作れるお弁当です。

ごまたっぷり塩つくね弁当

講師:栗原心平(料理家)

ごまたっぷり塩つくね

まずは、ごまたっぷり塩つくねを作っていきましょう。

<材料(作りやすい分量)>

鶏ももひき肉
250g
小さじ1/2
薄力粉
大さじ1
1個
長ねぎ(みじん切り)
20g
白いりごま
大さじ1・1/2
サラダ油
小さじ1/2

<作り方>

まず、長ねぎをみじん切りにします。

切った長ねぎと、鶏ももひき肉、塩、薄力粉、卵、白いりごまを合わせて、手でよく混ぜます。お肉をつぶすぐらいのイメージで混ぜましょう。
お肉の脂が、手の温度で溶けて粘りが出ます。

手を軽くぬらして、小さめに丸めます。
お弁当なので、できるだけ小さいほうがよいですね。

フライパンにサラダ油をひき、中火でしばらく焼きます。

焼き色がついたら裏返して弱火にします。
ふたをして蒸し焼きにしましょう。

ふたを取って、両面がよく焼けていたらできあがり。
菜箸などで、真ん中を押して硬くなっているかを確認します。それが、焼き上がりの目安です。


かぼちゃのかんたん煮

続いて、かぼちゃのかんたん煮を作りましょう。

<材料(作りやすい分量)>

かぼちゃ
1/4個(500g)
めんつゆ(3倍濃縮)
80ml
砂糖
大さじ1
250ml

<作り方>

かぼちゃの種を除き、2~3cm角に切ります。
なべにかぼちゃを入れ、めんつゆ・水・砂糖を加えて中火にかけます。

<パパにもできる!ワンポイント>
めんつゆは、強い味方! 親子丼、かつ丼、煮物、チャーハンなど、いろんな場面で味付けに使えます。

沸騰したら中弱火にします。
クッキングシートで落としぶたをして、約5分煮ましょう。

5分たったら、落としぶたを取ります。
さらに約5分、かぼちゃがやわらかくなるまで煮たらできあがり。

中まで味がしみて、皮もやわらかくなりますよ。


ブロッコリーの塩ゆで

続いて、緑のおかずの定番、ブロッコリーです。

お弁当には、ごはん、メインの具材、副菜などを詰めていきますが、どうしても余分な隙間ができてきれいに見えないことがあります。ブロッコリーは、そのような隙間に入れられる「すきまおかず」の最高峰と言えるほど、便利な食材です。

<材料(作りやすい分量)>

ブロッコリー
1/2株
小さじ1
500ml

<作り方>

ブロッコリーをぶつ切りにして、塩を入れてわかしたお湯で、約1分半ゆでます。

流水で冷まして、水を切ったらできあがり。


おにぎり

最後に、おにぎりを作りましょう。

<材料(小2個分)>

温かいごはん
150g
ふりかけ
適量
焼きのり
適量

<作り方>

ボウルに温かいごはんを入れて、ふりかけを加えて混ぜます。

子どもにちょうどよいサイズで握りましょう。
焼きのりをつければできあがり。


盛りつけ

いよいよ盛りつけです。

煮物など汁気のあるおかずは、味がうつらないように仕切りに入れます。

ブロッコリーと漬物で隙間を埋めたら完成です!
お弁当が傷みにくいようにするため、必ず具材を冷ましてから詰めましょう。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです