なるほど! 赤ちゃんからの歯のケア

すくすく子育て
2017年11月25日 放送

むし歯の原因はなに? なりやすい食べ物はあるの? 上手な仕上げ磨きのやり方が知りたい! など、乳幼児の歯に関する疑問にお答えします。

専門家:
茂木瑞穂(東京医科歯科大学大学院助教 小児歯科専門指導医)
鈴木恵美(昭和大学歯科病院 歯科衛生士)

食後のお茶や水はむし歯予防になる? 効果的な予防法は?

次男はお菓子が大好きで、1日に2~3回ぐらいはおやつをあげています。基本的にはおせんべいなどで、たまにクッキーやチョコをあげることもあります。ですが、上の子が甘いものを見つけてくるので、下の子も一緒に欲しがります。
虫歯にならないか心配で、甘いものを食べさせた後は、歯の汚れがとれるかなと思って、必ずお茶を飲ませるようにしています。虫歯にならないために効果的な方法はあるのでしょうか?
(4歳と1歳10か月の男の子をもつママより)

糖分がない飲み物で洗い流すだけでも違う

回答:茂木瑞穂さん

口の中に残った食べカスは、むし歯菌のエサになってしまいます。お水やお茶など、糖分がない飲み物で洗い流すだけでも、大きく違ってくると思います。

むし歯のメカニズムを知っておこう

回答:茂木瑞穂さん

むし歯菌が、直接歯に何かをしているというイメージがあると思いますが、そうではありません。
どうやってむし歯ができるのか知っておきましょう。

むし歯菌は、口の中の糖分をエサにして、ネバネバの物質を作り出します。このネバネバの物質とむし歯菌のかたまりが、プラーク(歯垢)になります。この状態で、むし歯菌が酸を出すと、その酸によって歯が溶け、むし歯になってしまうのです。

プラークはやわらかいので歯磨きで落とすことができますが、かたくなって歯石になると落とすことができなくなります。

ご飯やお菓子を食べることが、むし歯のリスクになるんですか?

規則正しく食事をすることが大事

回答:茂木瑞穂さん

むし歯のリスクを考えるとき、食生活の習慣が大事になってきます。
口の中が酸性なのかアルカリ性なのか、その変化を見てみましょう。

口の中は基本的には中性です。pH(ペーハー)という数値で、7ぐらいの状態になっています。食後は、むし歯菌が糖分と結びつき酸を出すので、酸性に傾きます。pHが5.5ぐらいで、歯は溶け出すと言われています。酸性のままだと歯が溶けてしまいますが(ブルーの部分)、唾液による中和作用で徐々に中性へと戻り、歯が溶けない状態(ピンクの部分)になります。中性へと戻るためには、食後の何も食べない時間帯が必要になるのです。
ところが、ダラダラ食べたり、飲んだりしていると酸性に傾いたままで、中性に戻ることができません。

歯にとって、時間を決めて規則正しく食事をすることが大事になるのです。

むし歯になりにくいおやつはあるんですか?

歯につかず、口の中に残らないもの

回答:茂木瑞穂さん

歯にくっつきやすいものは、どうしてもむし歯になりやすいです。
アメはくっつきやすくはありませんが、口に含んでいる時間が長いので、これもむし歯になりやすいです。
梨やりんごなど、サラサラとして、歯につかない、口の中に残らないものがおすすめです。

おやつは第2の食事

回答:茂木瑞穂さん

おやつは甘いものだと思っているのかもしれませんが、おやつは補食だと考えてください。小さいお子さんは、まだ胃が小さく発達していないので、必要な栄養を3回の食事ではまかなえません。そのため、おやつをあげて、4~5回にわけて栄養をとっています。おやつは第2の食事なのです。

乳歯がむし歯になると、永久歯にどういった影響がありますか?

乳歯をきちんと治療しておかないと影響がでる

回答:茂木瑞穂さん

乳歯のすぐ奥には、永久歯が着々とつくられています。
次のレントゲン写真を見てください。

赤い矢印がこれから生えてくる永久歯、青い矢印の白く映っている部分はむし歯を治療した歯です。
右下の部分を見てみると、虫歯を治療した歯の下に黒く膿が溜まっています。その膿が原因で永久歯がちぐはぐな方向に向いてしまっています。
乳歯をきちんと治療しておかないと、最悪の場合、永久歯にも菌が感染してしまって、腐って育たないことがあります。


むし歯菌はうつると聞きます。どの程度でうつるの?

むし歯菌が感染しないように、口移しをしないようにしています。ですが、子どもが自分のスプーンで私やパパの口に食べ物を入れ、そのまま自分で使ってしまうので困っています。
その程度のことでも、うつってしまうのでしょうか?
(1歳3か月の男の子をもつママより)

親子で道具を分けて、自分の道具で練習させる

回答:茂木瑞穂さん

むし歯予防の観点だけでなく、口の機能の発達を考えても、親と子で食事をする道具を分けたほうがよいと思います。スプーンやフォークで食べることは、手と目と口の協調作用です。自分の道具を持たせて練習させることが大切です。

感染の時期を遅らせる

回答:茂木瑞穂さん

むし歯菌は感染しますが、特に、約1歳半~2歳半の期間は、むし歯菌にもっとも感染しやすく「感染の窓」と呼ばれています。この感染しやすい時期をできるだけ遅らせるようにしてください。
生えたての乳歯はまだやわらかく、酸におかされやすく、むし歯になりやすい状態です。ですが、次第に唾液の中のカルシウムやリンが歯に沈着して、強くなっていきます。感染のタイミングを歯が強くなった後に遅らせれば、むし歯になりづらいのです。
ママやパパをはじめ、周りの大人がしっかりと口のケアをしておくと、感染しづらくなり、時期を遅らせることができます。


乳児の歯はいつから、どの程度磨くべき?

6か月ごろに下の歯が生え始めたので、ガーゼで歯を拭いてあげることにしたのですが、どうしても嫌がって拭かせてくれません。2~3回拭けばOKと考えて、お茶や授乳で食べカスが流れていると信じています⋯
乳児の歯はいつから、どの程度磨くべきでしょうか?
(8か月の男の子をもつママより)

歯が生えてくる前から練習をしてほしい

回答:茂木瑞穂さん

本来は、歯が生えてくる前から、きれいなガーゼや、きれいに洗った指で、歯ぐきをこすってあげたり、口のまわりを触ったりするなど、練習しておくことがおすすめです。
練習をすることで、ママはお子さんの口の中の状態に慣れ、赤ちゃんも自分の指以外のものが口に入ってくることに慣れていきます。
練習の時期は、首がすわるころが目安です。授乳間隔も空いてきて、ママにも余裕ができてくるころかと思います。スキンシップをかねて予行練習をしましょう。

授乳間隔は規則正しく

回答:茂木瑞穂さん

授乳によって食べカスを流すことは、残念ながらできません。
また、授乳は食生活習慣につながるため、間隔をしっかり空けることも大事です。ダラダラと授乳していると、食生活もダラダラになりがちです。歯のことを考えると、できるだけ授乳のときから規則正しくすることが大切です。

焦らずスキンシップの延長で

回答:鈴木恵美さん

まずは、ママやパパがお子さんと関わるスキンシップから始めましょう。
例えば、足を触って、体を触って、その延長で顔やお口のまわりも触ってあげる。その後に、清潔な指を口の中に入れて、歯ぐきを触ってあげる。あまり焦らないで取り組んでみてください。
歯を拭くときは、指にガーゼを巻いて、あくまでもなでることを目的にします。お口の中に入れて、こすってあげて、拭きとってあげるとよいと思います。
今からでも、根気よく取り組んでいけば、必ずお子さんも理解してくれる時期がくると思いますので大丈夫ですよ。


子どもが嫌がらない、仕上げ磨きの正しい方法は?

歯磨きをするとき、歯ブラシを3本使い分けています。歯科検診で教えられた仕上げ磨き用、子ども用の他に、歯磨き粉用まで用意しています。ですが、何回も口にブラシを入れるので大体嫌がります。それに、歯科検診では具体的な磨き方の指導がなくて、どうしても自己流になってしまいます。
子どもが嫌がらない、正しい仕上げ磨きはどうしたらいいんでしょうか? 短い時間で磨ける、効果的なコツがあれば知りたいです。
(2歳2か月と4か月の男の子をもつママより)

歯ブラシは子ども用と仕上げ磨き用があれば大丈夫

回答:茂木瑞穂さん

歯ブラシは、子ども用(本人用)と仕上げ磨き用があれば大丈夫です。仕上げ磨き用は、柄が長く毛先が乳児用に小さくなっていて、大人が持ちやすいものを選んでください。子ども用は、ガードが付いたタイプがおすすめです。

ガードがないと、のどを突くなどのケガの原因になってしまいます。歯ブラシを持たせるときは、必ず膝の上に乗せるようにしましょう。持ったまま歩かないように、気をつけてください。

楽しそうに歯磨きをしている姿を見せる

回答:茂木瑞穂さん

このぐらいの低年齢児のお子さんは、何かを見てマネをする時期です。ママやパパのマネもしていると思います。そこで、楽しそうに歯磨きをしている姿を、お子さんに見せてあげる。すると、本人も嫌がらないようになっていくと思います。

仕上げ磨きは、毎食後やったほうがいい?

1日1回はしっかり磨く

回答:茂木瑞穂さん

毎食後に仕上げ磨きをすることが1番のおすすめですが、毎食後は大変な場合もあると思います。「食後は磨かなきゃ!」と焦って磨き方がおろそかになるより、1日1回でもいいのでしっかり磨きましょう。汚れをきちんと落とすことが大事です。
寝ている間は唾液の分泌量が減るので、もっともむし歯菌が増える時間帯です。ですので、優先度をつけるなら、寝る前にしっかり磨くことです。

子どもにあわせて試してみる

回答:鈴木恵美さん

どうして歯磨きを嫌がるのか、お子さんひとりひとりで違いがあると思います。ですので、子どもの様子を見ながら、おもちゃを持たせてあげるなど試してみましょう。鏡で歯磨きをしているところを見せると、安心して磨かせてくれたという話も聞きます。

仕上げ磨きのポイント

回答:鈴木恵美さん

具体的な仕上げ磨きの方法を説明します。

歯ブラシは鉛筆のように持ちます。このように持つと、力をコントロールしやすくなります。

前歯より奥歯のほうが敏感ではないので、奥歯のほうから磨いていきます。
溝のところに食べものがつまりやすいので、正面から歯ブラシを入れ、20回くらいを目安にブラッシングします。

次に、奥歯の外側と内側を磨きます。歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当てて磨きましょう。大きく動かすと毛先が逃げてしまうので、小刻みに動かします。

前歯も、毛先を当てて磨いていきます。力を入れて磨いてもプラークは落ちません。毛先で細かくこすってあげましょう。小さく円を描くように磨きます。

裏側は歯ブラシを立てて、かき出すように1本ずつ磨いていきましょう。

<実際の仕上げ磨きの様子>

奥歯は、人さし指を入れ、口を広げると見えやすくなり、子どもも痛がらずに磨くことができます。


前歯を磨くときは、上唇小帯に歯ブラシがあたると痛いので、指の腹でおさえて磨きます。

下の歯も同じように磨きます。


指しゃぶりは歯並びに影響するの?

指しゃぶりは歯並びに影響するのでしょうか。なかなかやめてくれないときは、無理にでもやめさせるべきでしょうか?

4~5歳になると影響することがある

回答:茂木瑞穂さん

指しゃぶりは生理的なものです。3歳ぐらいまでは、無理に止める必要はありません。口の発達を考えると、指しゃぶりがいろいろなかたさなどを覚える訓練にもなります。

4~5歳になると、上あごの形がV字型になってしまって、上顎前突(出っ歯)や開腔(上下の歯が合わない)など、歯並びに影響することがあるので、できればやめておいたほうがよいと思います。


すくすくポイント
フッ素の上手な使い方!

歯磨きでよく聞く「フッ素」。その上手な使い方について紹介します。

そもそも「フッ素」とは、自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など、多くの食品にも含まれています。

最近では、ほとんどの歯磨き粉に含まれています。

フッ素にはどんな効果があるのか、茂木瑞穂先生(東京医科歯科大学大学院助教)に伺いました。

フッ素を取り込むと、歯がすごく強くなります。むし歯は、酸性のものが歯を溶かすことで起きますが、フッ素の耐酸性によって溶かされづらくなります。そのため、むし歯になりづらくなるのです。

より効果を高めるには、歯磨きの後にフッ素ジェルなどを塗りこむこと。
塗った後は軽く1回うがいをしましょう。

一方で、使う量を守らないと心配なこともあると言います。

1番の心配は班状歯です。歯の色や形が変わってしまうことがあります。その他、急性中毒で嘔吐することもあります。ですが、そのような症状がでるのは、相当な濃度の場合です。適正な使い方をしていれば大丈夫です。使用方法をよく読んで、適切な分量を守っていれば安全です。

また、歯医者さんでは家庭用よりも濃度が高いものを扱っているので、年に2~3回は歯医者さんで塗ってもらうのもおすすめです。

みなさんも使い方を守って、歯を丈夫にしましょう。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです