ダブルケアの悩み

すくすく子育て
2017年9月2日 放送

ダブルケアという言葉を知っていますか?
育児だけでも大変なのに、介護が同時進行のことなんです。今、こうしたダブルケアに直面するママやパパが増えています。イライラして自己嫌悪、子どもにも負担をかけている!?
そんなダブルケアの悩みを、専門家と一緒に考えていきます。

専門家:
大日向雅美(恵泉女学園大学学長 発達心理学)
植木美子(一般社団法人ダブルケアサポート 理事)

育児と介護、どちらを優先させたらいいの?

仕事をしながら、育児と介護のダブルケアをしています。一人息子は元気いっぱい。介護しているのは同居している義理の母(84歳)です。子どもの世話をしたり、義母を見たりで、どちらも目を離すことができません。
子どもに「待って」と言う回数がすごく増えました。子どもに手がかかる分、義母が我慢してくれていることがたくさんあると思います。
介護については実家の父(84歳)もみています。兄と同居していますが、週に1、2回は様子を見に行きます。介護サービスをすすめてはいますが、体が動くからまだ大丈夫と思っているようです。でも、大切な薬を飲まないままだったり、心配が尽きません。
仕事に行って、家事をして、子どもの世話をして、義理の母と実家の父のお世話をするのに、圧倒的に時間が足りないのが一番の悩みです。
どちらかを優先すると、一方がおろそかになってしまいます。忙しくてイライラして、パパや子どもにきつくなってしまうこともあります。明るく、優しいママでいたいと思うのですが、できない自分を責めてしまうこともあります。
(1歳10か月の男の子をもつママより)

一人で抱え込まない。パパや周囲の人と一緒にやって合格点でいい

回答:大日向雅美さん

なかなか優先順位をつけられないですよね。十分にできていないと思い罪悪感を抱えてしまうかもしれません。でも、本当によくやっていらっしゃると思います。だからこそ、まず自分の育児や介護に自信を持ってください。介護を受ける側も「ごめんなさい」と言われ過ぎると逆につらくなってしまいますよ。

一人で抱え込まないで、パパや周囲の人と一緒に向き合っていきましょう。一緒にやって、トータルでみて合格点であればいいのです。

介護は4人以上で。介護される側にも協力してもらう

回答:植木美子さん

とてもがんばっていることが伝わって頭が下がる思いです。

介護は4人のチームでやると、うまくいきます。一人で介護するのではなく、ケアマネージャーや、地域のお知り合いにも頼りましょう。また、介護される側もチームのメンバーだと考えてみてください。例えば、実家の父親に「私を助けるために、デイサービスを利用してみて」と話してみましょう。父親が介護チームの一員として“自分自信の介護”をすれば、ママの負担も減ると思います。

ダブルケアでイライラしてしまうとき、どうすればいいの?

きつく言ってしまったら謝る。パパにつらさを知ってもらう

回答:大日向雅美さん

イライラするのは当たり前ですよ。子育ても介護も、決してきれいごとではありません。24時間、日常茶飯が絶え間なく続く中で、ときには声を荒げてもいいんです。私たちは人間なのですから。
声を荒げてしまったときは「ごめんなさい、ちょっときつい言い方をしちゃったわね」と謝りましょう。そして、パパに「最近、私きついのよ!」などと、自分のつらさを伝えるために、もっと叫んでいいと思います。

パパはどうしたらいい?

助けだけではなく、分かち合いを

回答:大日向雅美さん

パパが家事などを協力することで、ママの負担は減ります。
ですが、ママが求めているのはヘルプ(助け)だけではなく、シェア(分かち合い)ではないでしょうか。
パパが「言ってくれたら手伝うよ」と言うことがありますが、ママは言えないときもあるのです。パパへの遠慮だけではなく、切羽詰まったときは自分自身でも整理できなくてつらいんです。それを一緒に分かち合ってほしい。
例えば、ママがどんな時間を過ごしているのか、1日の流れを書き出してみましょう。それをお互いに確認して、話し合って、分かち合いの時間を持ってみましょう。

パパは朝が早く、夜の帰りが遅いので、どうしても話を聞いてもらえる時間が少なくなります。勤務も慌ただしいので、義母の介護をすべて私がやらなくてはいけないという状況です。パパに話を聞いてほしいと思っています。
(3歳9か月と1歳6か月の男の子をもつママより)

パパやパパの兄弟・配偶者で介護を分かち合う

回答:大日向雅美さん

パパや、パパの兄弟家族にも介護の義務があります。「私もちゃんと介護するけど、パパも、パパの兄弟や、その配偶者も、みんなで分かち合いましょう。そうしないと、後悔することになりますよ。」と伝えましょう。
そして「このままだと、私自身が潰れてしまう、私が潰れたら家庭はどうなるの?」など、強くはっきりと心の叫びを伝えましょう。


介護で我慢させている? 子どもへの負担が心配

介護の仕事をしながら、家事と育児を両立させています。
週末には、義理の母(82歳)のお世話のために病院へ通っています。とにかく、病院に子どもを連れて行くのが大変です。なかでも、上の子は自我が出始めていて、なかなか言うことをきいてくれません。病室でもじっとしていられないので、ついつい叱ってばかりになります。最近、そんな上の子の様子に不安を持つようになりました。
通っている保育園から、嫌なことがあっても隅でぐっとこらえて泣いていると聞きました。精神的にほかの子どもより我慢させていたり、負担をかけていることが多いのではないかと心配です。
おでかけの予定があっても、義母になにかあれば病院に行かなければなりません。そのとき上の子は、大変だとわかっているようで、ぐっとたえて泣いていたりします。今後の成長に影響がないだろうかと考えてしまいます。
(3歳9か月と1歳6か月の男の子をもつママより)

自尊心を育んであげられるチャンス

回答:大日向雅美さん

たしかに子どもに我慢をさせていると思います。ですが、マイナス面ばかりではありません。このぐらいの年齢になると、人の役に立つという喜びを持つことができるのです。ですから「会いに行けば、おばあちゃんが喜ぶよ」「遊びを我慢してえらいね」など、精一杯ありがとうの気持ちを伝えて、褒めてあげてほしい。
子どもにとって、テーマパークや公園に行くことだけがうれしいことではありません。自分は家族の役に立っているんだと、そのような自尊心を育んであげられるチャンスでもあります。あまり思い詰めず、そう考えてみてください。

病院に行く楽しみを見つけよう

回答:植木美子さん

介護で子どもにストレスを与えているのではないかという相談を受けることがありますが、ご本人が罪悪感を持ってしまっていることがとても多いです。ママが罪悪感を抱えていると、どうしても笑顔が少なくなってしまいます。
このような場合は、病院に行くときの「楽しみ」を見つけましょう。例えば「病院の帰りはラーメンを食べよう」といったことでいいのです。ママが楽しければ子どもはもっと楽しいと思います。ママが笑顔になれることを一緒にできたらすごくいいですね。

去年、母が病気とけがを繰り返して、今は左半身の麻痺と失語症を患っています。私自身大きなショックを受けて、母によくなついていた息子も自然と距離ができてしまいました。母とのコミュニケーションも難しい状況なので、どのように息子にことばをかければよいのか悩んでいます。
(3歳11か月と1歳6か月の男の子をもつママより)

親が受け入れられると子どもも受け入れられる

回答:大日向雅美さん

お子さんとおばあちゃんの関係も心配だけど、ママが一番つらいのではないですか?
お母さまの状態を受け入れるのもなかなかつらいですよね。それがお子さんに伝わっているのかもしれません。
例えば、元気なころのお母さまの写真を一緒に見ながら「おばあちゃんは、こんなに元気で、あなたのことをかわいがってくれたよね。今は病気なの。おばあちゃんが変わったのではないんだよ。」と伝えてみましょう。
昔の思い出を宝物にしながら、これからを一歩一歩大事に育んでいこうという気持ちで子どもに伝えるのです。
親が状況を受け入れれば、子どもも受け入れられる可能性は高いと思います。

マッサージなどの触れ合いを

回答:植木美子さん

ことばでコミュニケーションがとれないときは、触れ合いを大切にしましょう。例えば、おばあちゃんの足を、親子で一緒にマッサージをしてあげるなどです。
私自身が介護をしていたとき、同じようなことがありました。その後、子どもは高齢者に優しい子になったと思います。よいチャンスになる場合もありますよ。


ダブルケアを相談できる場所は?

私は周りには、まだ親の介護をしている人がいません。特にママ友とは、なかなか介護の話をしにくいです。話したことで、遊びに誘うのをやめておこうなど、気を遣われてしまうのも嫌だなと思います。相談できるところがあるとよいのですが。
(3歳9か月と1歳6か月の男の子をもつママより)

まずは気持ちをわかってくれる人を探す

回答:大日向雅美さん

例えば、子育て広場に行けば、年配の支援者の方、保育者の方がいます。その世代は、子育てはもちろんですが、ほとんどが介護も経験していると思います。そういう方とお話すれば、子育てと介護を同時にする大変さをわかってくださると思います。まずは、そういった方を探してみましょう。


子育てや介護で煮詰まったときの気分転換法を教えて!

ダブルケアのママから「子育てや介護で煮詰まったとき、とっておきの気分転換法はないでしょうか?」という質問が多く寄せられました。

おしゃべりでストレスを発散して気持ちを整理する

回答:植木美子さん

人と話すことだと思います。女性であればしゃべることで、ストレス発散にもなるし、自分の気持ちの整理にもなります。自分の思いを吐き出していきましょう。
できれば、女性同士がいいですよね。お互いにしゃべって、お互いに褒めあって「私たちがんばっているよね!」という感じが、すごくいいと思います。

うれしいことばをかけてもらう

回答:大日向雅美さん

私自身が介護をしていたとき、言われて嫌だったことと、うれしかったことがあります。
嫌だったのは「大変でしょ」「疲れているね」「目にクマができているね」などです。自分でわかっていることを言われるのは嫌でしたね。
うれしかったのは、美容院にいったあとで「きれいね」と言われたことです。介護をしていても「きれいね」などのことばで褒めてほしかったんですね。周りの人から、こういうことばをかけられるといいですね。


すくすくポイント
ダブルケアの相談はどこに行けばいいの?

育児だけでも大変なのに、介護を同時に行うダブルケア。
そんなダブルケアに直面したとき、どこに相談に行けばよいのでしょうか?
行政と地域、それぞれみてみましょう。

行政の窓口で相談する

行政には大きく2つの窓口があります。

<地域包括支援センター>

介護のことはもちろん、子育てや家族のことなど、いろいろな相談ができます。

<子育て支援サービスを提供している施設や行政機関>

役所、子育て支援センター、児童館などです。
介護が子育てに影響している場合、ここへ相談してみましょう。

育児と介護をつなぐサービスは、始まったところです。自治体によって行政サービスが違うので、まずは相談してみましょう。あきらめないことが大事ですよ。

地域で相談する

地域にもダブルケアの相談ができる場所ができ始めています。

子育てから介護まで、いろんな相談を受けている神奈川県にある「陽だまり」に伺ってみました。

この場をつくったのは、ご自身もダブルケアを経験した植木美子さんです。
相談に訪れた方の話を、他のダブルケア経験者たちと一緒に聞いて、情報やアドバイスを伝えます。

インターネットで調べれば、たくさんの情報があると思います。ですが、本当に必要な情報を見つけ出すことは難しいですよね。こういう場所に話を聞きにきてくれると、ダブルケアの先輩がアドバイスを伝えられる。そこがいいなと思います。
(植木美子さん/一般社団法人ダブルケアサポート 理事)

ダブルケアの相談窓口が少しずつ増えてきています。
一人で悩まず、まずは相談してみましょう!

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです