家族で予防! 冬の感染症

すくすく子育て
2017年2月18日 放送

まだまだ油断できない、インフルエンザや感染性胃腸炎。1人が感染すると、家族にうつらないか心配ですよね。
「なんとか感染せずに切り抜けたいけど、うがいや手洗い以外にもできることはある?」「家族への二次感染はどうすれば予防できるの?」など、冬の感染症に関するさまざまなギモンにお答えします!

すくすく子育て「家族で予防!冬の感染症」

専門家:
草川功(聖路加国際病院小児科医長)

インフルエンザのきょうだい間の感染はどのように防げばいい?

わが家には、3歳3か月になる長男と、1歳6か月になる長女がいます。
長男が去年の冬に、別の病気で休日診療を受診したのですが、その2日後にインフルエンザのA型にかかりました。その次の日にはパパが高熱を出し、インフルエンザのA型だと診断されました。
当時、娘は生後5か月くらいで免疫があったため、感染しなかったのだと思いますが、もし今年も去年と同じような状況になったら、娘も感染する可能性が高いかもしれないと思っています。
そのため、ふだんから人混みを避けること、手洗いやうがいを心がけ、室温や湿度にも気を配っています。
でも、2人ともやんちゃざかりで言うことを聞いてくれず、ダメと言う前から手を口に入れるなど、感染ルートをどのように絶てばいいのか困っています。
どのようにすれば、きょうだいや家族間の感染を防げるのでしょうか?
(3歳3か月の男の子と1歳6か月の女の子をもつパパ・ママより)

完全に防ぐことは難しい

回答: 草川功さん

インフルエンザは発症する前から感染力があり、飛沫感染するものです。
ふだんから近い距離で一緒に生活している家族間での感染を完全に防ぐことは難しいです。
できることとしては、病気のお子さんと可能な範囲で距離を取ること。
飛沫が届く距離は、1~2mです。
いつもより距離感に気をつけてみてください。

また、お子さんが手を口に入れてしまうことを気にされていますが、確かに、くしゃみなどの飛沫がついたものを触った手を口に入れると、ウイルスに感染する可能性はあります。
手を口に入れてしまう場合は、アルコール除菌を使用するといいと思います。机やおもちゃなど触ったものをアルコールで拭いてください。また手の消毒のためにアルコールスプレーやジェルを使うときは、十分な量を手全体にすりこむようにして、しっかりつけてください。

予防には手洗いとうがいが大切だと聞きますが、息子はまだうがいができません。どうすればいいのでしょうか?
(1歳2か月の男の子をもつママより)

水を飲むだけでもいい

回答: 草川功さん

私たちがよく知っている“ガラガラ”うがいは、日本特有の文化だとも言われていて、他の国ではあまりしないものです。
うがいでのどを洗い流すことは、成人にとっては効果があるものだとわかってきていますが、小さいお子さんに効果があるかどうかはわかっていません。

うがいができないうちは、水を飲むだけでもいいと思います。
冬場は乾燥しているため、口やのどが乾きやすいですよね。
乾燥していると、口から入ってきたさまざまなウイルスを、うまく防御できなくなります。
口をうるおわせるという意味で水を飲むだけでも効果はあります。
水と一緒にウイルスを飲み込むと、それは胃液で処理されるため問題ありません。胃酸には、異物から体を守る役割があるのです。
※感染性胃腸炎のウイルスは胃酸でも死滅しません。

0歳児だとマスクができないため、外出するときにウイルスをもらうのではないかと不安です。
0歳児でもできる予防方法はあるのでしょうか?
(9か月の男の子をもつママより)

なるべく人混みにいかない、外からウイルスをなるべく持ち込まないようにする

回答: 草川功さん

なるべく人混みに行かないことが一番です。
また、パパやママが仕事から帰ってくるときには、外からウイルスを持ち込んできます。外からのウイルスをなるべく持ち込まないように対処してください。

とはいえ、どうしても外出しなければならないときはたくさんあると思います。
そのようなときにできることとしては、近い距離で人と接触しないように気をつけることです。
インフルエンザは飛沫感染します。
しかし、電車などの閉鎖空間では、ある程度、感染してしまう可能性があるのはしかたがないと思います。


感染性胃腸炎はどうすれば家族間の感染を防げる?

ふだんから、加湿器を使用したり、濡れたタオルを室内に干したりして、乾燥しないように気をつけているのですが、今年のお正月に息子が感染性胃腸炎にかかってしまいました。
おう吐は1日に20回ほどありましたが、さいわい、1日で治まり、その後下痢が2日程度でした。
でも、息子が回復するあたりから、パパが感染し、その後、私も感染してしまいました。
汚物の処理には、手袋を使い、除菌できるというスプレーをまき、手もしっかり洗っていました。
これだけ気をつけていても、感染してしまったのですが、どうすれば感染しなかったのでしょうか?
(1歳の男の子をもつママより)

目に見えにくいところに菌が付着していた可能性がある

回答: 草川功さん

感染性胃腸炎は、非常に感染力が強く、主に接触感染となります。
少し飛び散っただけでも、そこには菌が付着してしまいます。
いくら気をつけていても、ウイルスは目に見えませんし、完全に除菌するのは難しいですよね。
ノロウイルス・ロタウイルスの殺菌には台所や洗濯に使う塩素系漂白剤が有効といわれています。
また、85℃のお湯に1分以上つけるのも有効です。
汚物がついてしまった衣服をそのまま洗濯機に入れてしまうと、他の衣類にもウイルスがうつってしまいます。
洗濯をするときは、汚物がついたものは一度、漂白剤につけて除菌をしたり、熱湯処理などをしたりしてから洗うようにしてください。
じゅうたんや布団など、そのような処理ができないものにはスチームアイロンをあてるなどすれば、ある程度の効果は期待できるでしょう。

台所用や洗濯用の塩素系漂白剤で作る消毒液の濃度と用途

※人のからだには使用できません。

【汚物に直接使用する場合】
1.5リットルの水に対して、25ミリリットル。
(ペットボトルのキャップ5杯分が目安。)

汚物の中のウイルスが飛び散らないように、まずペーパータオルなどで静かに覆う。
そして、覆ったペーパータオルの上から、消毒液をたっぷりとスプレーする。
(その後はペーパータオルごとそっとビニール袋などに入れ、使った手袋も一緒に密閉して捨てる。)

【床や机などの間接的にウイルスが付着したと思われる場合】
1.5リットルの水に対して、5ミリリットル。
(ペットボトルのキャップ1杯分が目安。)

床を浸すようにスプレーし、ふき取る。
ふき取ったら、さらに水拭きをする。

我が家も家族全員で感染性胃腸炎にかかりました。
家族の中でも、一番下の子が急に吐き出してしまうため、手袋をする間もなく、素手で処理してしまうことがありました。
そうなったときは、しっかりと手を洗っていたのですが、手をどのように洗えば、しっかりとウイルスが落とせるのでしょうか?
手を洗うときのポイントを教えていただきたいです。
(1歳7か月の男の子をもつママより)

石けんでウイルスを浮き上がらせ、良く洗い流すことが大切

回答: 草川功さん

感染性胃腸炎のウイルスなどは、石けんでは死滅しません。
石けんでウイルスを浮き上がらせて、十分に洗い流すことが必要です。手洗いにはトータルで、30秒~1分かけましょう。

■手の洗い方のポイント
まず、石けんの泡を手でよくたてます。
指の間、爪の間も下の写真のようにして、しっかりと泡をすりこむように洗ってください。

水で石けんを洗い流すときも、30秒から1分かけて流水の中でさきほどと同じようにして、指の間、爪の間も十分に洗い流してください。
また、手くびまでよく洗いましょう。


冬の感染症を防ぐポイントは?

基礎体力を維持することが一番の予防

回答: 草川功さん

感染症について知っておくことは大切です。
感染症の予防のために、気をつけることもありますが、寝て、食べて、体を動かして、規則正しい生活をすることで、基礎体力を維持することが一番の予防だと思います。

どれだけ予防していても、かかってしまうときは、かかってしまうのが感染症です。
かかったときは無理をせず、受診してください。


すくすくポイント
冬に心配になる感染症。知っておきたい感染のメカニズム!

冬が近づくと、インフルエンザなど、感染症の心配が増えますよね。
今回は、「飛沫感染」について、感染のメカニズムを紹介します。メカニズムを知って、予防に生かしましょう。

飛沫感染とは?

せきやくしゃみなどで空中に飛び散ったウイルスを他の人が吸い込む感染のこと。
ウイルスが鼻や口から入り、気道に付着し、それが、体内に侵入して増殖すると、鼻水、頭痛、発熱、などといった症状が現れます。
かぜやインフルエンザ感染の主な経路です。

そもそも感染とは?

本来、鼻やのどには、ウイルスなどから体を守る機能が備わっています。
気道の内壁にある「粘液」が入ってきたウイルスやほこりなどの異物を捉え、たんや鼻水と一緒に出したり、胃に送り込んだりして死滅させるのです。

しかし、乾燥などで粘液が少なくなっていると、「粘液」による防御機能が弱くなり、粘膜に付着したウイルスが体の中に入り込んでしまうのです。

部屋の中が乾燥していたり、鼻がつまって口を開けて寝たりすると、のどが乾燥で傷つきやすいため要注意です。
朝起きたときに、口が乾いているようなら水を飲みましょう。可能であれば、寝るときにマスクをしてのどを保湿するのもいいです。


日ごろからのどの粘膜を乾燥させないように加湿器を使ったり、こまめに水を飲むことは感染予防につながります!

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです