はじめての友達

すくすく子育て
2017年2月4日 放送

あんよができるようになると、そろそろ子どもに遊び相手を作ってあげたくなりますよね。
「1歳から友達は必要?」「内向的な性格だから友達ができるか心配」など、ママたちのお悩みに答えます。

専門家:
汐見稔幸(白梅学園大学学長 教育学)
坂上裕子(青山学院大学 教育人間科学部 准教授)

1歳から友達は必要?

息子に友達ができたらいいなと思い、週に1度は近くの子育て広場に通っています。
内向的な私の性格が遺伝して、友達作りが上手にならなかったらどうしようと、不安があるからです。
子どもの将来のコミュニケーション能力や、社会への適応力を伸ばすためには1歳くらいから友達が必要なのではと考えています。
広場では、おしゃべりがまだできない息子に代わって、私が他の子と関わるきっかけを作っているのですが、息子を他の子の近くに連れて行っても全く関わろうとしません。

1歳から保育園に通って集団生活を始める子と、息子のように3歳から幼稚園に通う子では、コミュニケーション能力に差が出てしまうのではと心配です。
(1歳1か月の男の子をもつママより)

1~2歳頃は友達との関わりより、“人と楽しみを共有する経験”を

回答: 坂上裕子さん

1~2歳ごろは、友達との関わりというより、自分の身の回りにどういうおもしろいものがあるのか、自分の手で探索したり、物を操作することを楽しむ時期です。
スタジオでの息子さんの様子を見ていると、自分が興味を持った物をママに見せに行っています。子どもは、自分が興味を持った物を「こんな面白いものがあったよ。」「これ、楽しいよ。」と共有しようとしているのです。大人はそれを、「うん、そうだね。」と受け止めてあげてください。
このように楽しみを人と共有する経験が、友達作りの土台になります。 “家で子育てしている” “保育園に行っている”、といったことは関係なく、その年齢に応じた大切な経験をすることが大切です。

まずは親しい人と信頼関係を

回答:汐見稔幸さん

今現在、保育園に行った子どものほうが、その年齢より後に幼稚園に行った子どもより、社会性が発達するというデータはありません。
なぜ幼稚園は3歳からなのかというと、自分のほうから友達と遊ぶことをどんどん求めていくようになるのが、だいたい3歳頃からだからです。0~2歳頃は、友達と遊ぶことが絶対に必要というわけではありません。
0~2歳頃の人間関係で大切なのは、友達よりもまず“親子”や“兄弟”という親しい人間との関係性です。この頃に、子どもが好きなように遊べてそれを守ってくれる人がいたり、何かあったときに「大丈夫」と言ってくれる大人がいたりという、安心できる関係性があることが大切なのです。
「世の中は安全・安心なんだ。僕は守られているんだ。」という感覚をしっかり身につけていくと、心に基地ができていきます。すると、全然知らない子とも、それほど不安なく関わっていくことができるのです。つまり、絶対的安心感が他者への不安を無くし、友達と関わる力の土台になります。

1歳頃というのは、他者と関わるための準備をしている段階なので、「友達と関わらせなきゃ」と気にしすぎる必要はありません。


子ども同士のオモチャの取り合い。対処法は?

支援センターに通っているのですが、そこで娘が同年代の子とオモチャの取り合いになったときに、相手の子を叩いてしまうことがあります。
そういったとき、どのように対処すればいいのでしょうか。
(1歳6か月の女の子をもつママより)

自分の物を主張するのも大事な成長過程。子どもたちが接触し過ぎない環境作りを

回答: 坂上裕子さん

1歳後半から2歳のはじめの時期は、物や場所をめぐってのトラブルが一番起こる時期です。なぜかというと、「コレは私の場所」「コレは私の物」という意識が強くなり、 “自分”というものを作っていくのに必要な作業をしている時期だからです。このことは、友達を作る前段階としても、大切なプロセスです。

この頃の年齢の子どもに仲良く遊ばせようとするのは、難しいことです。そのため、子どもがトラブルを起こさずに充実して遊べるような環境作りをしてあげましょう。子どもたちがいる場所の、物の数やスペースを増やし、あまり子ども同士が接触をしすぎないようにしてみてください。

まずは子どもの気持ちを理解していることを伝えてあげて

回答:汐見稔幸さん

1歳半から2歳頃というのは、とてもトラブルの多い時期です。保育園で「かみつき」が一番多いのもこの年齢です。子どもからしてみると、自分のテリトリーを作りたいし、そのテリトリーの中に勝手に入ってこられると、かみつきたくなるような気持ちになってしまうのは当然のことなのです。
そのため、この時期は子どものテリトリーを大事に守ってあげてください。
もちろん、子どもが手をあげそうになってしまったら介入して止めることは必要です。しかし、やってしまった後に、「ダメでしょ!」と一方的に怒らないでください。子ども自身は悪いことをしたというつもりは全くなく、自分のテリトリーを守っただけなのです。それなのに親から攻撃されると、すごくショックを受けたり、なかなか気持ちがおさまらなかったりします。
「やっちゃったね。本当はこんなことしたくなかったけれど、泣いちゃったね。」「本当はこんなことしたくなかったんだよね。でも、やっちゃったから謝ろうか。」など、まずは子どもの気持ちに共感してあげてください。使いたいオモチャが他の子とかち合いそうになったときも、「コレ使いたいんだよね。でも今他の子が使ってるからコッチを使ってようか。」など、子どもの気持ちをわかってあげた上で、別の提案をしてみましょう。
子どもへの共感無しに怒ってしまうと、子どもには攻撃されたような感じだけが残り、また同じようなことを繰り返してしまいます。

相手のママの手前、怒らないわけにはいかないという場合もあるかと思います。怒ってはいけないのではなく、怒る前に、子どもの気持ちを理解していると伝えることが何より大切です。


幼稚園で友達が作れるか心配。どうしたらいい?

息子は3歳5か月で、4月から幼稚園に通います。他の子と遊ぶのが苦手なので、友達ができるか今から心配です。
母親学級で知り合ったママ友がいて、そのお子さん2人とは息子も遊べるようになったのですが、別々の幼稚園に通うことになりました。2人とは奇跡的に仲良くなったほうで、幼稚園では友達ができないのではと、不安を抱えています。
2人が遊具で遊んでいても、息子はそれを見て応援しているだけで、私がチャレンジしてみればと言ってもやろうとはしません。2人に「一緒にやろう」と言われても、「ボクは見るだけ!」と一緒に遊ばないのです。
友達と積極的に付き合っていける子になって欲しいし、幼稚園に入ってひとりポツンといるような子にはなって欲しくないのですが、そうなってしまう不安があります。
プレ幼稚園に行っているのですが、他の子たちとは全く関わろうとせず、立ってみているだけという状態です。どうしたらいいでしょうか。
(3歳5か月の男の子をもつママより)

子どもの持ち味を大切に、信じて見守ってあげて

回答: 坂上裕子さん

実は私の息子もとても慎重なタイプなので、ママの気持ちはよくわかります。
大人の感覚からすると、関わり合って一緒に何かしていないと参加していないと感じますが、子どもにとっては見ているだけでも心の中で一緒に遊んでいるのです。息子さんなりの参加のしかたをしています。
また、幼稚園で子ども同士が最初から仲良くなるということは実はあまりありません。子ども一人一人が園生活になれるのに精いっぱいな状態から、「幼稚園にはママ・パパの代わりに“先生”がいるんだ」という信頼できる大人の存在がわかるようになることで、幼稚園で安心して過ごしていくことができるようになるのです。その次の段階として、友達作りのステップに進んでいきます。
だいたいの子どもは、2学期が終わる頃には家庭で友達の名前を言うようになったり、幼稚園であったことを話すようになります。それまでは、親は言いたいことがあっても「この子は大丈夫」と信じて、子どもそれぞれの持ち味を大事にしてあげてください。

生まれつきの個性を変えようとはせず、それぞれの成長を楽しみに

回答:汐見稔幸さん

息子さんは、典型的な観察学習型だと思います。すぐに輪の中に入っていこうとはせず、心の中で一緒に遊ぶタイプの子どもです。
小さいころから個性やタイプはあり、むしろ小さいときのほうがハッキリしています。人と関わるのがあまり得意ではない子というのは、途中から急にタイプが変わることはあまりありません。しかし、その子のタイプなりの成長をしていく中で心が豊かになっていったりします。生まれつきのものを変えようとはあまり思わず、その子なりの成長と可能性を楽しみにしてあげてください。


子どもの友達作りに悩むし、自分自身も人づきあいが苦手。どうすればいい?

ママ友をどのように作ったらいいのかわかりません。
(1歳1か月の男の子をもつママより)

母親になってから、子どものことを考えて人づきあいも慎重になりました。
(10か月の女の子をもつママより)

焦らずに、子どもやスタッフを介してママ友に

回答: 坂上裕子さん

なかなかママ同士で声かけあうのも緊張しますよね。「ママ友を作らなきゃ!」と思ってしまうと、余計に緊張して難しくなってしまうと思います。
子どもをきっかけに他のママと話す機会も出てきますので、「この人だったら気が合いそうだな」「いろいろな話をしても大丈夫そうだな」と思える人が見つかっていくと思います。
ママ友はハードルが高いのであれば、子育て広場などのスタッフの方と話す中で、友達作りのきっかけを探してみてください。

「教えてください」というスタンスで、話題を投げかける

回答:汐見稔幸さん

「うちの子、夜泣きが最近ひどいの。どうしてる?」など、自分の子育ての率直な悩みを相談してみましょう。
または、子育ては全然関係ない話題で、「最近野菜が高いと思わない?みなさんどうされてるのかしら。」「素敵な服ですね。どこで買ったの?」などでもかまいません。
他にも、地域情報や食事のレシピ、遊びなど、「こんな時どうしますか?教えてください」というスタンスで、話題を投げかけてみましょう。
【例】
「オススメの公園は?」
「家でどんな遊びしてる?」
「子どもが喜ぶ定番レシピは?」
「子連れに優しいお店は?」

最初は勇気がいるかもしれませんが、じっと黙っていたら周りの人も何を話しかけていいのかわかりません。
こちらが上から教えようとするのではなく、「教えてください」というスタンスでいきましょう。何人かに1人でも話を返してくれる人がいれば、だんだん関係がほぐれていきます。


すくすくポイント
大人が考えるような「友達」っていつから始まる?

大人が考えるような「友達」がいつから始まるのか、「仁慈保幼園 多摩川保育園」での各クラスの様子を見てみます。

<0歳児クラスの様子>

自分から友達と関わることはほとんど無く、それぞれが好きなことでバラバラに遊んでいます。
0歳代は、ママやパパ、保育士など特定の大人との信頼関係を築くことが何より大切です。

<1歳児クラスの様子>

保育士が遊びを助けてあげると、少しずつ友達と関われるようになっていきます。
おもしろそうなことは友達のマネをしてみたり、楽しみを共有する姿が見られるようになります。
その一方で、物や場所を取り合うこともしばしばです。相手の思いをくむことはまだ難しく、トラブルの多い時期でもあります。

<2歳児クラスの様子>

この時期になると想像する力が付き、他の子とイメージを共有できるようになります。子どもたちだけで遊ぶ姿も増えていきますよ。
しかし、まだ自分が中心なので他の子とぶつかることもあります。周りの大人は、子どもの気持ちを代弁しながら、やりとりのしかたやルールを教えていってあげましょう。

好きな遊びを通して、この時期から友達関係が芽生えていきます。しかし、大人が考えるような友達関係が出来てくるのは4歳を過ぎてからです。その頃から、相手の気持ちを考える力が育ちます。


子どもが友達と関われるようになるには、心の成長が必要です。
それまでは焦らず見守ってあげましょう。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです