困った! 子どもの偏食

すくすく子育て
2016年12月10日 放送

好き嫌いなく何でも食べてほしいのが親心。
でも、実際は好きなものしか食べなかったり、野菜を嫌がったり・・・。
今回は子どもの偏食についてのさまざまな疑問にお答えします!

専門家:
加部一彦(埼玉医科大学総合医療センター新生児部門 小児科医)
上田玲子(帝京科学大学教授 栄養学)

どうして野菜を嫌がるの?

弟が生まれる少し前、だいたい1歳8か月くらいから、上の子が急に野菜を食べなくなりました。野菜で作ったものは「いらない」「違う」と言います。
野菜が足りていないためか、最近、2週間に1回くらいはかぜをひくようになったので心配です。
どうして急に野菜を嫌がるようになったのでしょうか?
また、どうしたら野菜を食べてくれるようになるのでしょうか?
(2歳2か月と4か月の男の子をもつママより)

2歳前後は自我が芽生えるころ

回答:加部一彦さん

2歳前後は自我が芽生え、イヤイヤが始まる時期ということもあり、急に野菜が嫌いになることも多いです。

2、3歳ごろに限定して考えると、この年齢でのかぜは、野菜不足が直接関係しているわけではありません。
この時期は体を守る免疫が発達段階にあるため弱いです。
その上、保育園など人がたくさん集まるところに行き始める年齢のため、外からいろんな菌をもらってしまい、かぜをひきやすくなるのです。
かぜをひくことで徐々に免疫が発達し、かぜをひきにくくなりますよ。

嫌がる原因は野菜の味と食べにくさ

回答:上田玲子さん

野菜を嫌がる原因としては、2つ考えられるかと思います。

ひとつは、野菜が、子どもが本能的に嫌がるような味になっていることです。
味には5原味というものがあります。

味の5原味

  • 甘み:“エネルギーをもっている”サイン
  • うまみ:“タンパク質をもっている”サイン
  • 塩味:“塩分をもっている”サイン
  • 酸味:“腐敗”のサイン
  • 苦み:生物界では“毒”のサイン

これら5原味のうち、「甘み」「うまみ」「塩味」は、人間が生きるために必要なものです。これらはおいしく感じられるため、人が好んで食べられる味です。
それとは反対に、「酸味」は“腐敗”のサインなので、本能的に恐怖を持ちます。「苦み」は生物界では“毒”のサイン。危険を感じるため、本能的に嫌がります。
緑の野菜はこの「苦み」が多いため、子どもが本能的に嫌がるような味になっているのです。

もうひとつの原因としては、食べにくさも考えられると思います。
野菜は繊維が多いため、まだ奥歯が生えていない2歳のお子さんにとっては、食べにくいものです。この時期のお子さんだと、野菜は小さく切ってあげたり、食べやすいように工夫してあげたりするといいと思います。例えば、トマトは皮をむいて、とろっとしている種の部分は取り除く、ブロッコリーはとろみをつけてあげるなどしてみてください。

小さく切って食べさせると、かんで食べることを覚えられないと聞き、あえて少し大きめに切っていたのですが、小さく切っても大丈夫でしょうか?

回答:上田玲子さん

嫌いなものを食べにくい形状にすると、さらに食べなくなってしまいます。
野菜を食べられるようになってから、徐々に大きめに切ってあげるようにするといいと思います。

また、食べさせたいものをすべて一度に食卓に出してしまうと、好きなものから食べてしまって、お腹いっぱいになったら、嫌いなものは食べなくていいやとなってしまいます。
食事を出すときは、フルコース料理のように、食べさせたい料理から一品ずつ順番に出すような工夫もしてみるといいかもしれません。


野菜不足のせいで腹痛や便秘になる?

息子はご飯をたくさん食べるのですが、野菜を食べさせるとえずいて(吐きそうになったり吐いて)しまうため、なかなか野菜を食べさせることができません。
先日、泣きながら腹痛を訴えていたので、病院に連れて行ったところ、お腹に便とガスが溜まっていたようです。
やはり、野菜不足だと腹痛を起こしたり、便秘になったりしてしまうのでしょうか。
(4歳4か月の男の子と1歳3か月の女の子をもつママより)

子どもの便秘の原因は野菜不足だけではない

回答:加部一彦さん

大人は食物繊維が足りないと便秘になりますが、子どもの便秘の原因はそれだけではありません。
例えば、炭水化物の摂取量が多いと便の量が多くなったりします。また、子どもは大人よりも体内の水分量が多いので、夏場に汗をたくさんかくと、うんちが固くなりやすいですよ。
4歳ごろになると、うんちをするときにお腹に力を入れていきむことが必要になります。でも、いきむとお腹は痛くなりますよね。お子さんによっては、お腹が痛いのが嫌だから、うんちを我慢することもあります。我慢してしまうと、うんちはさらに固くなり、自力では出せなくなる。
このように、子どもの便秘の原因は野菜不足だけではありません。

野菜を食べるとえずいて(吐きそうになったり吐いて)しまうのがとても心配です。大丈夫でしょうか?

食べないときは無理強いをしない

回答:上田玲子さん

食べないときは、無理強いをせずに、時間を区切って食事を切り上げてください。
食事の時間が苦痛になってしまうと、食事が楽しくなくなり、余計に食べなくなってしまうかもしれません。
苦手なものをあげるときは、食べやすくなるように柔らかく調理してあげましょう。根菜類の場合は、親指と薬指でつぶれるくらいの固さを目安にしてください。親指と人差し指でつぶれるくらいでは、まだ固いですよ。
食べさせるときは、ゆっくり、そして励ましてあげると、徐々に食べられるようになるのではないかと思います。


好きなものしか食べないのは大丈夫?

2歳になる息子はとても食が偏っていて、確実に食べてくれるのは、牛乳・パン・ぶどうです。
ほかの食材も食べてもらえるように、食事も工夫するのですが、まったく食べてくれません。
何も食べないよりはと思って、結局は好きなものを与えてしまっています。そのため、朝昼晩3食とも、パン・牛乳になることもあります。好きなものばかり与えても問題ないのでしょうか?
(2歳1か月の男の子をもつパパより)

2歳前後は極端な偏食になることがある

回答:加部一彦さん

2歳前後は極端な偏食になることがある時期です。これはずっと続くわけではありませんので、しばらく見守ってあげましょう。無理に嫌いなものを食べさせる必要はありません。でも、そういう時期だからと言って、毎回好きなものばかりを与えるのではなく、他のものを食べてくれるように工夫したり、隙を見て与えてみたりすることは、とても大切です。大変なことですが、期間限定だと思って、ぜひ続けてください。
偏食で栄養不足ではないかと心配かとは思いますが、偏食をしたからといって極端に体重が落ちたりしていないですよね。基本的に人間の体は、自分自身を痛めつけないようにできています。
私が過去に聞いた中には、ご飯と氷しか食べない子もいて、それが半年続いていました。でも、時期を過ぎれば、他のものも食べるようになって、元気に過ごしているようです。

回答:上田玲子さん

VTRでお食事の様子を見ていると、結構牛乳を飲まれているようです。
2歳前後の牛乳摂取量は、1日300mlが目安です。もしかすると、牛乳でお腹いっぱいになっているのかもしれません。飲みすぎないように、大きいサイズでの買い置きはせずに、小さいパックにして「これで終わりだからね」と、飲む量に目途をつけてみてもいいかもしれません。
また、牛乳を与えるときは、ストローマグよりもコップであげるようにしてください。1歳を過ぎたら、コップで飲む方が、くちびる回りの発達に良いですよ。

好きなものばかりの食事は、いつ頃まで続けても大丈夫なのでしょうか?
このような食事を進めていると、好き嫌いが進んでしまうのではないかと心配です。

回答:加部一彦さん

いつ頃まで続けてよいかというのは、一概には言えません。
子どもは“食事だけ”で成長するわけではありません。例えば、運動量が増えればお腹の空き方も変わってきます。お腹が空いているときに、他の食材を出すと、いつもよりも食べやすくなるかもしれません。
半年ぐらいは様子を見ながら、運動の量を増やしたり、お風呂のタイミングを変えたりと、生活リズムなどの全体のバランスを見直してみてください。


濃い味付けが大好き・・・やめさせるにはどうすればいいでしょうか?

娘は食が細く、なかなかご飯を食べてくれません。
もっと食べてほしいと、ソースやケチャップなどで味付けを濃くしてみたところ、調味料ばかりを欲しがるようになってしまいました。コロッケはソースのついた衣ばかりを食べて、ご飯にふりかけをかけると、ふりかけのところだけを食べます。
塩分のとりすぎで、将来高血圧などにならないか心配です。やめさせるにはどうしたらいいでしょうか?
(2歳5か月の女の子と1か月の男の子をもつママより)

家族全体で薄味にする

回答:上田玲子さん

味覚の発達段階なので、濃いものの方を好むようになります。濃い味に慣れるのは健康に良くないので、家族全体で薄味にしてあげるといいと思います。薄い味に変えると、子どもは1~2週間ほどで薄味に慣れてきます。大人にとっても生活習慣病の予防にもなりますよ。

回答:加部一彦さん

現代では、大人も含めて、塩分糖分を取りすぎだと言われています。
子どもだけに薄味を強いるのは難しいので、家族全員で薄味に慣れるように頑張りましょう。
どうしてもご飯を食べてくれないときは、「それを食べないと、こっちはあげないよ」というように言い聞かせることも必要になってくるかと思います。それでも子どもは自我を通すこともあると思いますが、我慢させるときは、我慢をさせましょう。時にはそのようにきぜんとすることも親の役割です。


すくすくポイント
食べものの好き嫌いは、いつ、どんな理由で変わるの?

小さな子どもは比較的、好き嫌いが多いもの。でも成長するにつれて、食べられるものが徐々に増えていきます。

食品によって食べられるようになる時期に違いがある

以下のグラフは、2010年に180人のママを対象に行った調査です。
子どもが食べられるようになったものを、年齢別にまとめています。

<食べられるようになった年齢>

4歳前後:にんじん・トマト・玉ねぎなど。
10歳前後:納豆・長ねぎ・酢の物・ピーマンなど。
15歳前後:レバー・わさび・しょうがなど。

この調査で、食品によって、食べられるようになる時期に違いがあることが明らかになりました。

2歳ごろには苦手だったピーマンや長ねぎも小学生くらいになれば受け入れやすくなり、心と体が大きく成長する思春期には大抵のものが食べられるようになるということです。

嫌いなものが食べられるようになった理由は「成長に伴って」

以下のグラフは、嫌いなものが食べられるようになった理由です。
「成長に伴って」という理由が一番多く、「強制されて」食べられるようになったという人は、それほど多くはありません。

食べられるものを増やすポイント

個人差は大きいですが、多くのものは成長に伴って食べられるようになるものです。
好き嫌いが多いと、不安になることもあると思いますが、日ごろから以下のポイントを心がけながら食事をするといいですよ。

  • 無理やり食べさせるよりもみんなで一緒に楽しく食べること
  • 食べものに対する好奇心を引き出すこと

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです