体の発達の心配

すくすく子育て
2016年9月10日 放送

生まれたときは、寝てるだけの子ども。しかし、たった1年ほどで歩くまでに成長します。
成長が著しい時期ゆえに、「寝返り」や「ハイハイ」などの発達のスピードに、ママたちが不安を感じることも多い時期です。
そこで今回は、体の発達に関する悩みにお答えします。

「すくすく子育て 体の発達の心配」

専門家:
榊󠄀原洋一(お茶の水女子大学副学長・小児科医)
若盛清美(認定こども園こどものもり こどもの森保育園 副園長)

「寝返り」や「ハイハイ」「あんよ」、みんなより遅くても大丈夫?

「寝返り」がみんなより遅くて心配

娘が8か月になっても「寝返り」をせず、心配です。本やインターネットで調べると、「寝返りは5~6か月でする子が多い」と書かれています。しかし、いつもゴロゴロしているだけで、7か月を過ぎても全く「寝返り」をしないので、ずっと気になっています。
パパと私で「寝返り」を促すように、娘の足を回してみたり、横で「寝返り」をして見せてあげたりしますが、効果はありません。
「寝返り」をすることによって腰の筋肉が鍛えられ、「お座り」ができるようになると聞きました。そのため、今のままで今後の体の発達に影響がないのか心配です。
(8か月の女の子をもつママより)

「たっち」がみんなより遅くて心配

1歳4か月の娘がまだ一人で歩くことができません。「寝返り」は4、5か月くらいでするようになり、「お座り」も早い時期にできるようになりました。しかしその後は、周りの子に比べて発達が遅くなりました。8か月のころ、周りの子が「ズリバイ」を始めても、娘は座ったままでした。
誕生日が1か月違いの友達と遊んでも、友達は「たっち」で、娘は「ハイハイ」です。
児童館などに連れて行っても、同世代の子が走り回っている中、「ハイハイ」の娘は遊びに入れず、同世代の子と離れていくようなことが多いです。
「ハイハイ」や「たっち」が遅れてきているので、これからもずっと周りの子に比べて発達が少しずつ遅れていくのではないかと、心配です。
(1歳4か月の女の子をもつママより)

「運動の発達」の時期は、個人差がある

回答:榊󠄀原洋一さん

一人一人の脳が発達するスピードは、あらかじめある程度プログラムされています。そしてそのスピードは、一人一人異なります。発達のスピードには、子ども一人一人がもともと持った運動の「性格」のようなものが出てくるため、とても個人差があるのです。

また、どんな子どもも「脳の発達」が「運動の発達」につながっていきます。子どもの「運動の発達」は、「神経の発達」に伴い、頭に近い所から徐々に自分の意思で動かせるようになるのです。

「運動の発達」の順番

(1)「首」
まず、目で物を追うようになり、次第に顔を向けられるようになります。これが、「首すわり」です。
(2)「手」
触りたいものに手を伸ばし、腰を使って「寝返り」ができるようになります。
(3)「足」
足を動かせるようになり、つたい歩きを経て、上手に歩くようになっていきます、

「運動の発達」の月齢の目安

下の図は、それぞれの「運動の発達」の月齢の目安です。

【グラフの見方】
ピンクの横棒の左端:25%の子ができるようになる時期
ピンクの横棒の右端:90%の子ができるようになる時期

・「寝返り」の場合
25%の子ができるようになる時期⋯4か月くらい
90%の子ができるようになる時期⋯7か月くらい
※それよりも遅い子が10%ほどいるということです。つまり、発達の個人差は、ピンクの横棒の長さ以上に大きいと言えます。

▼病院で診察してもらったほうがいい時期の見定め

上図の青い部分で表しているように、ピンクの横棒の半分の長さを、横棒の右端に足してください。足した分を含めた期間を過ぎてもできない場合は、一度、医師に診てもらってもよいでしょう。ただし、それも必ずではなく、実際にはもう少し長く期間を考えてもいいと思います。
例えば上図の「上手に歩く」でいうと、1歳4か月過ぎあたりからが気にしてもいい時期になりますが、私の経験では、1歳6か月くらいになっても歩いていない場合に、診察をオススメします。それでもただゆっくり発達しているだけという場合がありますよ。

▼平均は気にし過ぎなくていい
ピンクの横棒の半分にあたる部分が平均としていわれている月齢です。しかし半分ということは、50%の子がまだできていないということです。そのため、平均とされる時期にできていなくても、心配はありません。
早くできる子もいれば、ゆっくり発達する子もいます。「寝返り」や「ハイハイ」などそれぞれの「運動の発達」の時期は、さまざまな月齢の幅があるということを知っておくことが大切です。

回答:若盛清美さん

同じ8か月の子でも、「つたい歩き」をし始める子もいれば、全くできない子もいます。そのため、園で活動するときは、「ハイハイできる子で一緒に過ごす」など、月齢ではなく発達の度合いで一緒に過ごせるように工夫をしています。


「寝返り」などは練習をしたほうがいいの?

励ましたり、一緒に楽しむことは大切

回答:榊󠄀原洋一さん

「寝返り」や「立って歩く」などの基本的な運動は、もともと脳の中にプログラムができています。そのため、発達する時期は生まれつき決まっており、練習をするかしないかで、その時期が大きく変わることはありません。
しかし、親子の遊びの一環として、「やってみようね」と練習してみるのは子どもも喜ぶため、楽しみながらやってみてください。

また、子どもを励ましてあげることは大切です。誘ってあげると、子どももやる気になります。子どもにも「やる気」「やらない気」があるのです。そのため、実はもう歩くことができるけれども、歩かない子などもいます。その「やる気」を刺激してあげると「じゃあ歩こうかな」と歩くようになったりしますよ。

子どもがやりたくなるような刺激を

回答:若盛清美さん

「運動の発達」に関して親にできることは、やらせるのではなく、子どもが思わず「やってみたいな」と思うような刺激を与えてあげることです。
ママなどのいつも知っている声が聞こえてくれば、子どもも声が聞こえてくるほうに興味を持ちます。ママが遠くにいるのであれば、「何とかしてそこまでいきたいな」と思うかもしれません。そのために、周りの大人が日ごろから「○○ちゃん」と声かけをしてあげてください。

このようにちょっとした、子どもが思わず「やりたいな」「声が聞こえるほうに行きたいな」と思えるようなことを、身近な大人が与えてあげることが大切です。


体の発達が遅いと運動神経も悪いの?

「運動の発達」の早さと運動神経は無関係

回答:榊󠄀原洋一さん

「運動の発達」の早さと、大きくなってからの運動神経は無関係です。そのため、歩き始めた時期がゆっくりでも、運動神経がいい子もいれば、早く歩き始めたけれども、あまり運動神経が伸びない子もいます。そのため、「今発達がゆっくりしているから将来の運動神経にも影響するのでは」と、心配する必要はありませんよ。
私の息子は歩き始めたのが1歳4か月くらいでゆっくりでしたが、高校生になったとき、陸上の選手をしていましたよ。

子どもの中には、チャレンジ精神旺盛で、まだちゃんと歩けなくても転んでも歩く子もいれば、慎重で、安定したと思わないと歩かない子もいます。そういった気質も、ある程度「運動の発達」のやる気に関係します。しかし、やる気があればいいというわけではありません。慎重なこともまた、それぞれの性格として、考えてください。


「運動の発達」の順番が違っていても大丈夫?

「寝返り」より先に「お座り」をするように

「寝返り」ができるようになる前に、「お座り」が大好きになってしまいました。自分の力で座ることはできないのですが、寝ている状態だと「起こして!」というように泣き、座ると落ち着きます。
しかし、「寝返り」もしていないので、背中がグニャッとなっていて心配です。背骨がゆがんだりしないでしょうか。
(9か月の女の子をもつママより)

「ハイハイ」をせずに「つかまり立ち」をするように

やっと「ズリバイ」をし始めたところなのですが、「ハイハイ」をせずに「つかまり立ち」をするようになってしまいました。
しかし、「ハイハイをしないと、将来ちゃんと手をついて転べない」「脳の発達にも影響する」という話を聞くため、心配です。「ハイハイ」をしていなくても問題ないでしょうか。
(7か月の男の子をもつママより)

回答:榊󠄀原洋一さん

できる=「自分の力でできる」
「お座りができる」というのは、「自分で座ることができる」ことを意味します。そのため、座らせたら座っていられるというのは「お座り」とは言いません。
自分で座れるためには、寝返りができないといけません。そのため、発達の順番は違っていないのです。背骨が曲がったりする心配もありませんよ。

例えば「首のすわり」も、生まれて1か月ほどの子どもをそっと縦に起こして、首が座ったと表現することがありますが、これは「首のすわり」とは言えません。そうではなく、寝ている子どもの体を引き起こしたときに、首がついてきたら「首がすわった」と言えるのです。

「ハイハイ」をしない子も存在する
「ハイハイ」をしないで立って歩く子がいることは、昔から知られています。「ハイハイ」はみんなが通る道ではなく、通らない子もいるのです。そのため、「発達の目安」のグラフに「ハイハイ」は入っていませんし、入れられません。
普通の発達のバイパスのようなものがあり、「ハイハイ」をしない子もいるのです。そういった子は、うつ伏せを嫌ったり、お尻をすって動くような面白い形の「ハイハイ」をする傾向があります。

したがって、「ハイハイ」をしておかないと、転んだ時に手が出なくなるという話がありますが、これは間違いです。立って歩くようになった子どもには、転んだ時に必ず手が出るという反射があります。それができるようになってから、立って歩くのです。そのため、転んだときに手が出ることと、「ハイハイ」は全く別の話です。

また、「ハイハイ」は、自分が移動したいという気持ちが「ハイハイ」になります。そのため、動きたいという気持ちがある子にとっては、動きやすい環境づくりをしてあげることはオススメです。

子ども目線で広い環境づくりを

回答:若盛清美さん

家でママ・パパが広い場所を作ってあげてください。そうすれば、「ズリバイ」にしても「ハイハイ」にしても自由に動きまわれます。たまにはテーブルを端に寄せるなど、子どもが動きまわってもぶつからないよう、場所を作ってみましょう。そのように、子どもの目線で自分の家の環境を変えてみるというのも大切です。


体の発達が早すぎるのは問題がある?

娘は最近つかまり歩きをするようになり、どんどん進歩しています。しかし、児童館などに連れていくと同月齢のお子さんをもつママから「早すぎない?大丈夫?」などと言われるため、心配です。
筋肉や骨格の発達に影響がないのか、不安に思っています。
(7か月の女の子をもつママより)

早くて悪いことはない

回答:榊󠄀原洋一さん

そういうお子さんは必ずいます。しかし、早いと何か心配があるということはありません。「早い時期から歩くと良くない」などのように言われることも多いですが、科学的根拠はありません。

回答:若盛清美さん

子どもはドンドン成長して一人でトコトコ歩けるようになってしまいます。そのため、周りに危険が無いか、子どもだと危険な段差がないかといったことに目を向けてあげてください。そして、子どもの目線で安全な場所づくりをすることを心がけ、子どもの興味をそがないようにサポートしていってあげてください。


すくすくポイント
子どものやる気を刺激する外遊びのポイント

子どもの体の発達には「やりたい気持ち」や「興味」など、気持ちの部分も実は大切です。そして、それを刺激するのにオススメなのが、外遊びです。大人にとってはなんでもない景色も、子どもにとっては刺激だらけなのです。

子どもにとっての刺激

(1)視覚

家では、天井や壁など単調になりがちです。しかし、外ではたくさんの物が目に入ります。空に雲、虫や鳥などが目に入り、「あれは何かな?」ともっと見たくなります。

(2)聴覚

外にいるだけで、周りから色々な音が聞こえてきます。鳥の鳴き声や、川の水が流れる音。
また、子どもはママ、パパなど、大好きな人の声を聞くことも好きです。いっぱい声をかけてあげてください。

(3)肌の感覚

顔に吹く風。そして、花や草も他にはない不思議な触りごこちです。

こうしたたくさんの刺激の中で過ごすことで、子どもが思わず手や足が出るというきっかけになるといいですね。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです