質問スペシャル2016(2)

すくすく子育て
2016年7月30日 放送

「知りたい!心の育ち」「いい母の重圧」などの、これまでの番組で放送しきれなかった質問と回答をまとめて紹介します。
また、これまでの番組で紹介したパパ・ママがその後どうなったかをお伝えします。

すくすく子育て

専門家:
遠藤利彦(東京大学大学院教授 発達心理学)
大日向雅美(恵泉女学園大学学長 発達心理学)
長谷川博一(こころぎふ臨床心理センター所長)

「教えて!おっぱいの卒業」の回で、悩んでいたママはその後?

<前回の放送での質問内容>
おっぱいが大好きで離乳食が進まない!卒業するべき?

▽それから2か月後の様子

おっぱいを飲む回数は減って、食事もよく食べるようになっていました。
以前は、ごはんの3分の1を食べるのが精いっぱいでしたが、今ではぺろっと一膳分食べられるように!
アドバイスされた通り、家族みんなで一緒に食べるようにしています。

ママ:
「専門家の先生のアドバイスで、生活リズムを整える方法のひとつとして、外遊びが大事だと伺ったので、お休みの日でも、必ず外遊びをするようにしました。」

スタジオ収録に参加する前は、まちまちだった生活リズムが、お子さんが保育園に入ったこともあり、整うようになったそうです。
休日もそのリズムを崩さないように、外遊びやお昼寝、お昼ごはんのタイミングを、保育園と同じ時間帯になるようにしているそうです。
ごはんも食べられるようになった今でも、お子さんはおっぱいをおねだりすることもあるようですが、ママは迷うことなくおっぱいをあげます。

ママ:
「おっぱいの卒業は、子どものペースに合わせてあげるようにとお聞きしたので、無理におっぱいを卒業させるのではなく、離乳食も食べつつ、おっぱいも継続して、両立させています。」

おっぱいの卒業は本人のペースに任せようと、あせらなくなったママ。
子どもに授乳できるのは、人生で考えるとほんの一時のこと。気長に今だけの時間を楽しんでくださいね!


「いい母の重圧」の回で、悩んでいたママはその後?

<前回の放送での質問内容>
感情的に怒ってしまう私はいい母ではない?

▽それから3か月後の様子

スタジオ収録時にイヤイヤ期だった一番上のお姉ちゃん。
3か月経っても、相変わらずのイヤイヤ期。

言うことを聞いてくれないと、やっぱりママは感情的に怒ってしまうようです。
状況はスタジオ収録に参加する前と比べてほとんど変わっていないみたい。
でも、1つだけ変わったことがあるそうです。

ママ:
「今までは怒ることに対してダメだと思っていたので、怒ったあとは、自己嫌悪で落ち込むことが多かったんです。でも、専門家の方から、『人間は感情の生き物。人間宣言しましょう』とアドバイスを受けて、もっと自分らしくしていいんだな、感情的に怒ることもあるんだなって受け止めることができたので、気持ちがすごく楽になりました。
偶然、放送を見たママ友から『共感しすぎて自分の姿を見てるみたいで号泣してしまったよ。私もつい怒ってばかりで反省の日々よ。』と連絡があり、悩んでいるのは私だけではないのだと安心できました。」

さらに、うれしいことが!
スタジオ収録でママの気持ちを知ったパパが、少しでもママの力になりたいと、休みの日の料理を担当してくれるようになったそうです。

ママ:
「パパにも理解してもらえてありがたいと思います。週末はパパがご飯を作ってくれるのが楽しみで、平日もそれがあるから頑張れるようになりました!」


子どもの方が大人よりも気分が変わりやすいのはなぜ?

知りたい!心の育ち」の回より

機嫌よく遊んでいたかと思えば、突然怒り出したり、気分がコロコロ変わります。
大人より子どもの方が気分が変わるのはなぜですか?
(1歳3か月の女の子をもつママより)

子どもの感情の変動は目に見えやすい

回答:遠藤利彦さん

人間は子ども・大人関係なく、感情がコロコロと変わるものです。
しかし、小さいお子さんは、大人と比べると、感情を抑制する力やコントロールする力が未熟なため、感情の変動が見えやすいのです。そのため、「子どもの方が、気分が変わりやすいな」と感じてしまうのかもしれません。

また、大人に比べると、子どもは自分の思い通りにできることが少ないです。
例えば、手や指が思い通り動かせなかったり、不器用でぎこちなかったり。やりたいことが広がっていく中で、思い通りにできないことがあると、フラストレーションがたまってしまいますよね。

「あれをやりたいな」と思ったところで、すぐに思い通りにならない現実に突き当たってしまうので、さっきまで笑っていたのに泣き始めてしまうのです。
このようなことが、大人に比べると子どもの方が、おきやすいと考えてください。


自分で作った子育てチェック項目。項目の出来で、いい母かどうかを判断するのはダメ?

いい母の重圧」の回より

自分の中で、子育てをマニュアル化して、チェック項目を作っています。
そのせいか、チェック項目にあてはまらないと、自分はダメな母親ではないか、いい母ではないのではないかと思ってしまいます。
(1歳1か月の女の子をもつママより)

子育てに自信がないことに自信を持ちましょう

回答:大日向雅美さん

子育てに自信がないからこそ、改善策に進むことができるのです。
自分は完璧で満点ママだと思っていたら、ほかの人の意見を聞いたり、本を読んだりと、子育てに対して努力しなくなると思います。

自信がないから努力できるんだと、少しプラス思考を持つようにしてください。
子育てに自信がないことに、自信を持つことで、どんどん良い子育てになっていくのだと思います。

チェックは一切やめたほうがいい

回答:長谷川博一さん

チェックをすることで、お母さんが安心できるところもあるけれど、自分がどこまでやれているかという自分との闘いになり、チェックにしばられてしまうかもしれません。

※記事の内容や専門家の肩書などは放送当時のものです